« 2009年08月17日~08月22日 スワップポジション損切り持ち換え-FX為替:2009取引030 | トップページ | 2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07 »

2009年8月29日 (土)

2009年08月24日~08月29日 リスク回避過熱とGBP底抜け-FX為替:2009取引031

・リスク回避過熱とGBP底抜け

 

今週も自分的に山場だったので長くなります。

 

2009年 08月 24日

先週末の中古住宅指標とFRBのバーナンキ議長の景気底入れ発言により、

週明けから、リスク通貨の買戻しが広がりました。

ただし、ドル/円やGBP/円の伸びが悪いです・・・。

わたしは仕事で休憩以外で見ることは出来ませんでしたが、

スワップポジションの仕込みは先週で終了していますので、

値が戻すのを眺めているばかりでした。

仕事終了後は、ドル/円とAUD/ドルを4回ほどスキャって小利益です。

 

 
2009年 08月 25日

続落する中国上海株価、これによりリスク通貨が下がっています。

また、米国だけでなく英国経済も不安視されており、

ドル・GBP共に元気がありません。

そんな中、5回ほどAUD/ドルをスキャって、小利益でした。

重い雰囲気の中・・・

 

22:00 米S&Pケースシラー住宅価格指数 予想(前年比)-16.40→-15.44%

予想を上回り上昇しますが、ジリ安で米消費者信頼感指数待ち。

23:00 米消費者信頼感指数 予想47.9→54.1 で好感。

しかし、米ホワイトハウスが失業率は09年四半期に10%でピーク

という見通しを公表し、再び膠着状態に。

 

中国国家発展改革委員会(NDRC)の張平主任は、

中国が景気回復に向け、輸出に対する弱い需要など多大な困難に引き続き直面している、との認識を示した。

また主任は常任委員会の会合で

「外部需要の深刻な減退は中国経済にとって大きな問題で、雇用状況における多大な圧力に引き続き直面している」と指摘。

内需は成長をけん引するには依然十分でなく、一部都市部の住宅価格はこれまでに過度に値上がりした、と述べた。

上記記事がロイターニュースで流れると、相場下落が加速。

なんだか悪材料にのみ反応している感じですね。

雲行きがあやしくなってきました・・・。

  

そして、AUD/ドルをスキャろうとしていたら・・・寝ていました(><;

 

2009年 08月 26日

朝起きてみると、AUD/ドルを2ロット保持して評価損-8,000円;

買った状態で寝てしまったようで、やっちゃいましたね。

しかし、3月に居眠りで一度酷い目に合ってるので、

対策済みであり被害は少ないです。

この状況でプラス解消出来るかはわかりませんが・・・。

また、GBP(ポンド)が酷いことになっています。

英国の経済状況で懸念がある上に、所得税の最高税率を引き上げる

政策を行うらしく、投資家はスイスへ逃げ出し、GBPは激しく下落。

さらにAUD/NZDの癌化が進行していて、非常に痛いです。

 

今は会社を休みたい所なんですが、ここ2週間は毎日出勤要請;

そして仕事で見れない間にAUD/ドルは値上がりして、

仕事終了後に大幅下落。タイミング悪すぎ;

相場の方は、指標などの良材料は限定的な反応な上、

なんらかの悪材料(原油上海株価下落)を見つけては

必要以上に反応しリスク通貨の下落を繰り返しています。

そして欧州勢参入後リスク回避が加速し、GBP/円が153円を割りました

雪崩式に全面安、GBP/円だけでなくAUD/ドルも深海へ;

 

21:30 米耐久財受注 前月比予想+3.0%→+4.9%

   同(除く輸送機器) 予想+0.9%→+0.8%

指標結果は良かったものの懸念払拭には至らず、

景気回復懸念はそのままにリスク回避のドル・円買いが進行し、

全面安展開になり、AUD/円77.7、GBP/円は152.2まで下落。

23:00 米新築住宅販売件数 年率予想39万件→43万3000件

   前月比予想+1.6%→+9.6%

米住宅関連での改善がみられた事で景気回復に安堵感、

ポンドのレンジブレイクで過熱したリスク回避が一服しました。

AUD/ドルを1ロット買ってみたものの急落。

塩漬けが加算されました; 

 

2009年 08月 27日

下落し続けるGBP/円、昨日の153円割れに続き152円も割り込み、

151.3円まで下落しました。

しかし、昨日とは違いGBP以外の通貨には底堅さも見受けられます。

GBP底抜けのパニック相場が落ち着いてきた感じですが、

依然として安値圏内で膠着状態です。

調整が一巡したようで、相場が落ち着いてきました。

リスク通貨を筆頭に相場が上昇、

昨日保持したAUD/ドルの1ロットが評価益になったので約定、小利益です。

 

21:30 米4-6期コアPCE 前期比予想+2.0%→+2.0%

   米4-6期GDP価格指数 前期比予想+0.2%→±0.0%

   米4-6期個人消費 前期比予想-1.0%→-1.3%

   米4-6期実質GDP 前期比年率予想-1.5%→-1.0%

   米新規失業保険申請件数 予想56万件→57万件

米指標は底堅さを確認し好感され、2番底懸念が後退しました。

これで今週の過剰なリスク回避相場が払拭されたかも?と思い、

GBP/円を1ロット買い保持し、151.5円で買い指値設定。

 

しかし、猛烈な売り攻勢にあっけなくGBP/円が151.0まで下落

指標無視のこの相場、なにが起こっているのでしょうか?

ヘッジファンドのストップ狩りでしょうか??

好指標後のタイミングだからLポジションを狩りに来たのかも?

1つ言える事は、この下落によりGBP/円2ロット追加で、

GBP/円の評価損が-17万円になったという事です・・・。

相場が回復せずに低迷持続するなら、

AUD/ドルの2ロットとGBP/円1ロットは切らないといけないかも;

 

2009年 08月 28日

日付が変わったあと明け方近くまで相場状況を見守っていました。

前日の米指標で流れが変わった事を確認、

GBPの下落はやはり一時的な物だったようです。

AUDが高騰しドルが下落した時にAUD/ドルの指値がHIT、小利益です。

その後AUD/CHFが下落したので、3ロット買い保持しました。

このAUD/CHFは高値のAUD/CHFの切り下げを狙います。

安心した所で睡眠→出勤。

仕事が終わった後に見てみると、

切り下げ目標のAUD/CHF2ロットが指値にHIT、約定していました。

狙うは更なる保持通貨の切り下げですね。

また、連日の下げ基調か昨夜の米指標好感から一転しています。

GBP/円は153円台、AUD/円も79円台に躍進。

AUDは豪州のGDPや個人消費次第で10月に前倒し金利上昇発言もあり、

一番の伸びを示しています。お陰でAUD/NZDの評価損が縮小w

 

21:30 米個人支出 前月比予想+0.2→+0.2

   米個人所得 前月比予想-3.0→-3.8

上昇すると見られていた米指標で躓き、相場は停滞です。

23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 予想64.0%→65.7%

この指標は好結果でしたが、利食い売りの流れになり低下。

AUD/CHF0.8953のポジションを切り下げたいので、

相場傾向の下げ渋りを確認後、0.8901で3ロット買い保持、

保持しているAUD/CHF2ロット0.8953に売り指値を設定。

0.8980に到達すれば入れ替え切り下げが完了します。

今週のスワップを貰いつつ、気長に待つかな?

  

 

8月24日資産    72万   646円   総入金額 100万 5,000円

資産率           72.70      トータル   -28万 4,354円

評価損益     +8万  1,117円    評価資産  80万 1,763円

(スポット損益   +5万  4,739円    スワップ  +2万 6,378円

                     ↓

8月29日資産    73万  2,310円   総入金額 100万 5,000円

資産率        72.86%(+0.16%) トータル  -27万 2,690円

損益         +1 1,664    日割損益       2,916円

損益率            +1.59     日割損益率     +0.39

勝数/敗数         13勝/0敗     平均勝率         100%

評価損益     +16万 6,237円    評価資産  89万 8,547円

(スポット損益   +13万   197円    スワップ  +3万 6,040円

所感:

株価下落 → リスク回避進行 → GBP暴落 →リスク回避過熱 →GBP底抜け

下落のスパイラルに陥った一週間でした。

しかし、米GDP指標以降は流れが変化して底堅く反発が強くなっています。

AUDやNZDなどでは既に反発高騰しかけていますね。

ただし、来週は米雇用統計が控えています。

結果次第で懸念払拭高騰になるか、懸念復活2番底を目指すか怖いところです。

 

わたしはというと、スワップポジションの構築と切り下げを行っていました。

7~8月の2ヶ月と約13万の損失を費やしましたが、

思い描いていたポジションの構築は出来たと思います。

来週以降(主に9月から)は、口座資産の黒字化へ向けて動きますよん。

 

 

口座状況

2009_08_2408_29

現スワップポジション 合計 1,584円/日

・AUD/CHF 1ロット: 60円 × 23ロット = 1,380円/日

・NZD/USD 1ロット: 34円 × 6ロット =  204円/日

 ※AUD/CHF 2ロット(0.8953)は約定解消して切り下げする予定。

 

口座グラフ

2009_08_2408_29

 ※クリックすると拡大されます。

 

USD/JPYチャート

2009_08_2408_29_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2009_08_2408_29_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2009_08_2408_29_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2009_08_2408_29_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2009_08_2408_29_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2009_08_2408_29_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2009_08_2408_29_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2009_08_2408_29_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/NZDチャート

2009_08_2408_29_audnzd

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2009_08_2408_29_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2009_08_2408_29__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2009_08_2408_29__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2009_08_2408_29__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« 2009年08月17日~08月22日 スワップポジション損切り持ち換え-FX為替:2009取引030 | トップページ | 2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07 »

FX為替:2009取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年08月24日~08月29日 リスク回避過熱とGBP底抜け-FX為替:2009取引031:

» FXスワップ [FXスワップweb]
FXスワップについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 13時15分

« 2009年08月17日~08月22日 スワップポジション損切り持ち換え-FX為替:2009取引030 | トップページ | 2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07 »