« 2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07 | トップページ | 大規模アップデート-精霊物語:日記 »

2009年9月 5日 (土)

2009年08月31日~09月05日 リスク回避過熱と米雇用統計-FX為替:2009取引032

・リスク回避過熱と米雇用統計

 

今週も自分的に山場だったので長くなります。

 

2009年 08月 31日

先週の動向から膠着状態になるかと思っていて、

朝にGBP/円を売ろうか迷ったあと保持しました。

しかし、中国上海株価の5%台の大幅下落があり、GBP/円は150円台に。

夜になると原油価格が下落、それにともないダウも下落。

丸一日頭を抑えられた格好になりました。

 

2009年 09月 01日

今日も仕事でしたが、仕事中にAUDは高騰。

昼間の間にはスイス指標が良かったみたいで、CHFが上昇、

そうなるとAUD/CHFは下落ですよね。

仕事終了後には英国指標が悪かったらしくGBPも下落。

152円台まで回復していたみたいですが・・・

なんというタイミングの悪さ、いつもの事ですけどね;

急落した時にAUD/ドルを2ロット買い保持しますが、下落。

AUD/CHF入れ替え切り下げ目当てに3ロット買い保持します。

 

豪州RBAが予想通り政策金利3.0%に据え置き。

また、現在も利上げを急いでいないとの事から、

10月利上げはほぼ消滅、2月利上げになりそう?

23:00前、AUD/ドルが評価益に変わったので役定、小利益です。

23:00 米ISM製造業景況指数 予想50.5→52.9

   米中古住宅販売成約指数 予想前月比+1.6%→+3.2%

   米建設支出 予想前月比±0.0%→ー0.2%

結果は良好で好感しましたが、上昇は鈍い微妙な反応。

AUD/ドルを2回スキャって微利益撤退。

すぐに指標前近くの水準まで戻ってしまいました。

方向感なく停滞というか拮抗ですね。

その後、NYダウの大幅下落で全面安の展開になりますが・・;

NYダウ・上海株価・原油価格のどれかが下がると下落とかね。

 

2009年 09月02日

今日は休みなので、ようやく為替に取り組む事が出来ます。

日付が変わった後・・・

急激な下落にドル/円93円割れ、軒並み本日安値更新です。

AUD/ドルに入れていた買い指値にHITし2ロット買い保持。

また指値を入れて忘れていたAUD/CHF3ロットも買い保持。

一度に持ちすぎて予断を許さない状況になっちゃいました。

そこで長い間癌化しているAUD/NZDを損切りし、約-3万円の損失

寝ずに動向を見守り朝になると、GBP/円が149.2まで下落した為、

2ロット損切り、約-5万円の損失です。

特別な理由が無い限りは小額でも利食いした方がいいですね。

「中期保持の場合は、プラス状態時にプラスストップを入れる」

を教訓マニュアルに追記しておく事にします。

持った後プラスになっていた時期もある為、持ちすぎた事が敗因です。

スワップポジション構築と同様に扱ってしまったのが理由かな?

最悪、同値ストップをいれておけば発生しなかった損ですからね。

下落の真相は大手ヘッジファンドの破綻懸念だったようです。

 

10:30 豪4-6月期GDP 予想+0.2%→+0.6%

待っていた豪州GDPが好感され、景気回復不安が薄らぎました。

GBP/円も150円台まで回復してるし、待てばよかったかも;

15時頃、AUD/CHFが上昇してきて一服したので、

AUD/CHF2ロットと3ロットを損切りし、約-8000円の損失です。

これから上昇するかもしれませんが、軽減損切り出来るならね。

今回も派手に損切りしましたが、損の大半がGBP/円とAUD/NZDです。

スワップポジションでは-8000円程度なので、

ピンチを乗り切った事を思えば上出来ですね。

ただし、問題はまだあります。

弱すぎる通貨のGBP/円を2ロット保持している事です、

これだけで-20万円・・・どうしましょうか。

とりあえず、コレで安心して眠れますw

 

2009年 09月 03日

朝起きて確認してみると下落時に指値で保持したAUD/ドルが

0.8370指値のピンポイント上ヒゲで約定されていました、小利益です。

また、ドル/円とAUD/ドルを数回スキャって、小利益です。

 

2009年 09月 04~05日

ポジション整理し、相場も小康状態なので安心して出勤です。

しかし、連日の下げが嘘の様に上昇。

中国上海株価は微増、香港ハンセン・NYダウが揃って高騰。

結局の所、損切りしなければすべてプラスになっていたという結果に;

 

21:30 米失業率 予想9.5% → 9.7%

   米平均時給 予想前月比+0.1% → +0.3%

米雇用統計

   非農業部門雇用者 予想-23万人 → -21万6000人

   製造業雇用者 予想-6万人 → -6万300人

最初は下落したものの、雇用統計は予想していたほどではないので、

相場は膠着状態、今後も株価やNYダウ睨みの展開が続きそうです。

また、雇用統計の結果を受けてスイスフランが下落。

相対的にAUD/CHFが上昇、AUD/CHFの高値2ロットを約定し、中利益。

しかし、手放すのが早すぎました。

まさかここまであがるとわ;(AUD/CHF 0.896→0.902 最高値0.903)

 

 

8月31日資産    73万 2,310円   総入金額 100万 5,000円

資産率           72.86      トータル   -27万 2,690円

評価損益    +16万  6,237円    評価資産  89万 8,547円

(スポット損益  +13万    197円    スワップ  +3万 6,040円

                     ↓

9月05日資産    66  5,317円   総入金額 100万 5,000円

資産率        66.20%(-6.66%) トータル  -33万 9,683円

損益         -6 6,993円    日割損益  -1万 6,748円

損益率           -10.06%     日割損益率     -2.51%

勝数/敗数          7勝/5敗     平均勝率        58.3%

評価損益     +46万 5,533円    評価資産 113万   850円

(スポット損益   +42万 4,655円    スワップ  +4万   878円

所感:

2週間以上下落相場でいじめつづけられて、

さらなる下落に耐えられる様にした直後の高騰・・・。

心底相場はいじわるだと思います。

ただし、当初の戦略のスワップポジションの構築と切り下げについては、

目標を達成出来たのかもしれません。

今後の様子を見ないとなんとも言えませんけどね。

 

現時点では評価益がすごいことになっていますが、

これから先の数ヶ月単位で見た場合、7月の様に一時的の可能性があります。

評価益がいくら乗っても手放す気はないポジションなので、

マイナスにさえならなければと願いつづけますw

また、これからは純粋に口座資産の増加を狙って、

今回出した損の回収と、今年初めからの損を回収し黒字化を目指します!

  

 

口座状況

2009_09_0109_04_2 

現スワップポジション 合計 1,480円/日

・AUD/CHF [平均0.8801] 1ロット: 58円 × 22ロット = 1,276円/日

・NZD/USD [平均0.6599] 1ロット: 34円 × 6ロット =  204円/日

上記スワップポジションは出来る限り触らずに保持していきます。

 

口座グラフ

2009_09_0109_04

 ※クリックすると拡大されます。

 

USD/JPYチャート

2009_09_0109_04_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2009_09_0109_04_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2009_09_0109_04_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2009_09_0109_04_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2009_09_0109_04_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2009_09_0109_04_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2009_09_0109_04_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2009_09_0109_04_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/NZDチャート

2009_09_0109_04_audnzd

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2009_08_2408_29

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2009_09_0109_04__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2009_09_0109_04__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2009_09_0109_04__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« 2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07 | トップページ | 大規模アップデート-精霊物語:日記 »

FX為替:2009取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年08月31日~09月05日 リスク回避過熱と米雇用統計-FX為替:2009取引032:

« 2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07 | トップページ | 大規模アップデート-精霊物語:日記 »