« 2009年12月07日~12月12日 ドバイ懸念再噴出→一時沈静-FX為替:2009取引046 | トップページ | アヴァロンの鍵オンライン正式サービス開始2-アヴァロン:日記 »

2009年12月20日 (日)

2009年12月14日~12月19日 ドルキャリー巻き戻しでドル/円90円台へ-FX為替:2009取引047

・2009年12月14日~12月19日 ドルキャリー巻き戻しでドル/円90円台へ

 

2009年 12月14日

体調不良な為に会社を休んで療養です。

夜になり見てみると、セットしていた指値にHITし、

AUD/円を1ロットづつ計2ロット買い保持。

 

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府は、

この日期日を迎える41億ドルのイスラム債を償還するため、

アブダビから100億ドルの支援を受けたことを明らかにした。

この為昼頃に一時急騰していた場面があったようです。

あとはギリシャかな?

 

2009年 12月 15日

懸念が後退したことで相場は少し回復。

昨日保持したAUD/円が2ロット共評価益になっていました。

セットしていた指値をトレール注文に変更です。

休憩時に確認した所、そのまま下落して約定されていました。

上昇するかと思ったけれど、RBA議事録が良くなかった模様。

 

RBAは議事録で、

「12月の利上げへの賛否は微妙に均衡していた」

「景気が予想通り回復すれば、一段の利上げが必要」

「豪州の失業率は上昇する可能性がある」

「コアインフレとCPIは2010年に目標に収まる見通し」

「将来の会合では金利に関する柔軟性を拡大させる」

「金融政策は現在、これまでより景気刺激的ではない」

いった見解が示されている。

 

イングリッシュNZ財務相は、

「財政赤字の拡大幅は5月の年次予算で公表した予想を下回る見通し」

などと述べた。

 

菅国家戦略担当相は、成長戦略に関して

「2013年までの取り組みを明確化させたい」

成長戦略策定会議に、竹中平蔵元総務相を招く考えを示した。

 

仕事が終わり、確認してみるとAUD/円が下落。

AUD/円を1ロットづつ、計2ロット買い保持していました。

実の所1ロットは注文取り消し忘れです・・・。

夜になり評価益に替わったので、トレールをセット。

しかし、下落して約定。

再び買い保持するもトレールセット後すぐに約定。

損はしてないのだけど、なんだか・・くやしい(><;

 

22:30 米11月コアPPI(生産者物価指数)予想前月比+0.2%→+0.5%

   米12月ニューヨーク連銀製造業景況指数 予想24.00→2.55

   米11月PPI(生産者物価指数)予想前月比+0.8%→+1.8%

米経済指標の上振れにより、ドルが躍進。

ドル/円89.7まで上昇です。

また、指標発表直後に相場が一時下落した時に、AUD/円を

成行で1ロット、指値で1ロット買い保持。

評価益になった所で再度トレールをセット。

今度はググッっと上昇反転したところで約定。小利益です。

 

2009年 12月 16日

昨日はあの後高騰していたようですね。

待ってもあがらず、目を離すとあがる・・・w

 

09:30 豪州7-9月期GDP 予想前期比+0.4%→+0.2%

豪中銀(RBA)のバッテリーノ副総裁は、

「金融政策は通常のレンジに復帰していく」

「政策は通常のレンジの中で景気刺激的な範囲内」

「成長モメンタムはまだ自立的ではない」

「金利に関する決定はいつもぎりぎりの決定」

FOMC待ちで動意が乏しい状態に豪州GDPの予想割れ、

さらにRBAのコメントにより豪ドル売りが過熱。

指値にHITしてAUD/円を1ロット買い保持です。

 

竹中元総務相は、鳩山政権の成長戦略策定検討チームの会合で、

デフレを克服しなければ財政健全化はできない」

「デフレ克服では、日銀にも相当頑張ってもらわなければならない」

「1月に経済財政の中期的展望を取りまとめるべき」

などと発言した。

 

仕事が終わってみると、さらに豪ドルが下落していました。

指値にHITしてAUD/円を1ロットづつ、計2ロット買い保持。

ですが、この内1ロットも注文取消し忘れです;

 

米タイム誌は「09年、時の人」にバーナンキ米FRB議長を選出。

同議長の金融危機に関してのインタビュー記事を掲載した。

バーナンキ氏は、

「米国は大恐慌に直面する可能性があった」

「事実上すべての大手金融機関に破たんのリスクがあった」

「銀行は安定した」

「大き過ぎてつぶせない金融機関をなくすため行動が必要」

といった発言を行っている。

 

22:00 ノルウェー中銀は、

政策金利を0.25%引き上げて1.75%にする事を決定した。

 

保持していたAUD/円の1ロットにトレール注文をセット。

指標発表直前に約定し、小利益。

22:30 米11月コアCPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→±0.0%

   米11月住宅着工件数 予想年率57万4000件→年率57万4000件。

   米11月CPI(消費者物価指数)予想前月比+0.4%→+0.4%

   米11月建設許可件数 予想年率57万件→58万4000件

   米7-9月期経常収支 予想-1075億ドル→-1080億ドル

ほぼ予想通りの結果になった為に動意に乏しい展開が継続。

結果を見てから保持しているAUD/円の1ロットにトレール注文を

セット→約定、小利益です。

あとはFOMC待ちですね。

 

2009年 12月 17日

04:15 米FOMCは、政策金利を現行の0.25%に据え置くことを発表した。

「異例の低金利政策、長期にわたり正当化する可能性が高い」

「大半の資金供給措置は来年2月1日までに解除へ」

「FOMCの決定は全会一致」

「経済活動は当面弱い公算」

「労働市場の悪化和らぐ」と発表した。

 

FOMCの影響と先物、上海株価の下落により、クロス円は下落傾向。

ただし、ドル/円は一時90円台に乗せました。

この下落により指値にHITし、AUD/円を1ロット買い保持。

夜になり、AUD/円が80円を切った所で、

さらに1ロット買い保持です。

ドルキャリーが巻き戻されているとはいえ、この上値の重さは

一体なんなのでしょう・・・。

これが年末相場って奴なのかな?

 

12月 18~19日

年末相場で流動性が低下した手掛かりの少ない状況です。

11月末もそうですが、こういう相場は初体験であり、ちょっと心配

朝にはパキスタンでクーデター話題があり、急落した模様。

 

夜までの最安値が以下のようになっていました。

ドル/円88.9、EUR/円127.3、GBP/円143.7、AUD/円78.6

NZD/円62.8、ZAR円11.705、AUD/CHF0.9197

わたしは仕事中だったのもあり、様子見を決め込んでいました。

結局パキスタン政府がクーデターを否定して持ち直しています。

 

 

会計

12月14日資産   24万 4,267円   総入金額 100万 5,000円

資産率           24.30      トータル   -76万   733円

評価損益     +185万 2,896円    評価資産 209万  7,163円

(スポット損益  +157万 5,916円   スワップ  +27万  6,980円

                     ↓

12月19日資産   26万 5,433円   総入金額 100万 5,000円

資産率        26.41%(+2.11%) トータル  -73万 9,567円

損益          +2万 1,166    日割損益  +1万   583

損益率            +7.97%     日割損益率   +3.98%

勝数/敗数         9勝/0敗     平均勝率      100.0%

評価損益     +143万 4,156円    評価資産 169万  9,589円

(スポット損益  +113万   847円   スワップ  +30万  3,309円

口座資産+スワップ累計額    56 8,742円

口座資産+スワップ先週比   +4万 7,495円

所感:

ドルキャリーが巻き戻り、AUD/ドルが下落しています。

AUDもかなり売られた為、反転するのがいつなのかが注目ですね。

 

また、鳩山政権の成長戦略策定検討チームの会合に、

元総務相竹中平蔵氏を呼んだ、菅国家戦略相は評価出来ます。

竹中平蔵氏は、端的にですが現状を打破する方向性を示してくれました。

菅国家戦略相の胸中もいくらかわかりました。

ニュースでは元財務相竹中 vs 国家戦略相菅の様に対決を強調してましたが、

内容を見る限り対決ではなく、お互いの現状分析と取るべき戦略と方向性の

意見交換というべきで、実に有意義な会合であったと思います。

 

纏めると、大量生産時代の終焉とともに変化した需給ギャップと、

通貨バランスから来る、産業構造の修正とデフレ克服が必要という事ですね。

①国内では、主にダブついた供給により、市場価格が下落しデフレが進行。

②世界では、円が高止まりしている影響で日本製品の需要が減少。

③国内のデフレと世界的な円高の歪から雇用の減衰が起こっています。

上記3つの内どれか1つを止めようとしても、他の2つに押し戻されます。

同時に2つ止めないといけないんじゃないでしょうかね?

 ※世界各国が自国通貨売り介入を行い、日本より好転しているのは、

  ②の対策を行って①と③の影響を軽減しているからです。

 

【菅vs竹中論争】(1)竹中氏「郵政の再国有化は残念」 産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091216/plc0912161726014-n1.htm

 

【菅vs竹中論争】(2)菅氏「小泉・竹中路線は失敗」 産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091216/plc0912161728015-n1.htm

 

【菅vs竹中論争】(3)竹中氏「改革で格差拡大は止まる」 産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091216/plc0912161730016-n1.htm

 

【菅vs竹中論争】(4)菅氏「過去の失敗を検証する」(おわり) 産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091216/plc0912161733017-n1.htm

 

ただ・・・、普天間問題に取り組んでる前原大臣も頑張りが見えて良いですが、

鳩山総理、小沢幹事長、藤井財務相、亀井金融相あたりは・・・

大局が見えてないとしか思えません;

 

 

口座状況

2009_12_1412_19

 

口座グラフ

2009_12_1412_19_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 3,144円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:39円 × 6ロット = 234円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:22円 × 4ロット(40万通貨) 880円/日

NZD/USDのスワップが、36 → 39 へ増加

ZAR/JPYのスワップが、23 → 22 へ減少です。

スワップ累計額が30万円を超えました。

ここまで来るとなかなか爽快な気分ですね。

相変わらずスワップ累計額に負けている口座資産ですが・・・;

 

 

USD/JPYチャート

2009_12_1412_19_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2009_12_1412_19_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2009_12_1412_19_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2009_12_1412_19_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2009_12_1412_19_audchf 

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2009_12_1412_19_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2009_12_1412_19_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2009_12_1412_19_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2009_12_0712_12

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2009_12_1412_19__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2009_12_1412_19__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2009_12_1412_19__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« 2009年12月07日~12月12日 ドバイ懸念再噴出→一時沈静-FX為替:2009取引046 | トップページ | アヴァロンの鍵オンライン正式サービス開始2-アヴァロン:日記 »

FX為替:2009取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年12月14日~12月19日 ドルキャリー巻き戻しでドル/円90円台へ-FX為替:2009取引047:

» 好転反応 [好転反応]
好転反応についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 14時34分

« 2009年12月07日~12月12日 ドバイ懸念再噴出→一時沈静-FX為替:2009取引046 | トップページ | アヴァロンの鍵オンライン正式サービス開始2-アヴァロン:日記 »