« 2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)-FX為替:戦略と計画7 | トップページ | セルフデザイン講座11-パンヤ:セルデザ講座11 »

2010年1月 9日 (土)

2010年01月04日~01月09日 オセアニア通貨躍進-FX為替:2010取引001

・2010年01月04日~01月09日 オセアニア通貨躍進

 

2010年 01月04日

いよいよ今年、2010年の為替取引開始です。

年末からの上げで、AUD/円は1ロット評価益になっています。

朝一様子を見た所底堅い様なので、

トレール注文をセット後約定、中利益です。

そして、新たに1ロット買い保持。

それから少しして、AUD/円が下落。

さらにAUD/円を1ロット買い保持です。

 

夕方になり、AUD/円が上昇して来たので、朝買い保持した

2ロットをトレール注文へ変更、少しして約定、中利益。

ここまでの高値は下記の通りです。

ドル/円93.2、EUR/円133.7、GBP/円150.6、AUD/円84.2

NZD/円67.6、ZAR円12.615、AUD/CHF0.9380

 

2010年 01月 05日

00:00 米11月建設支出 予想前月比-0.5%→-0.6%

   米12月ISM支払価格 予想57.5→61.5

   米12月ISM製造業景況指数 予想54.1→55.9

午前中に一度下落し押し目を作った後、上昇しそうだったので、

AUD/円を1ロット買い保持。

夜になりAUD/円は上昇するも上値が重い為、

買い保持していた1ロットの指値をトレール注文へ変更、

下落したときに約定、小利益です。

 

2010年 01月 06日

日が変わり、AUD/円が下落してきたので1ロット買い保持。

しかし、それ以上に下落します。

昼にになると、下落していたAUD/円が評価益になったので、

トレール注文へ変更、上昇前に下落した時に約定、小利益。

1テンポセットが速かったです(><;

 

2010年 01月 07日

0:00 米12月ISM非製造業総合指数 予想50.5→50.1

AUD/円が高騰していたので、長期保持していた1ロットを

約定、中利益。

さらに、AUD/ドルも1ロット評価益に変わったので、

約定、小利益です。

ここまでの高値は、下記の状態です。

ドル/円92.7、EUR/円133.4、GBP/円148.4、AUD/円85.1

NZD/円68.1、ZAR円12.620、AUD/CHF0.9463

また、口座資産が33万円まで回復、

ポジション評価額も250万円を突破し、

総評価額が283万円の大台をマーク、過去最高評価額です。

 

4:40 連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、

   モーゲージ担保証券(MBS)買い入れの段階的な縮小は、

   ぜい弱な住宅市場の回復を損なう恐れがあるとの懸念が示された。

   「FRBによるMBS買い入れの段階的縮小や、

   住宅購入者向け税控除措置の終了、

   差し押さえ物件や清算売却の継続などを背景に、

   一部メンバーは、

   住宅セクターの改善が来年に損なわれるリスクがあると指摘した」

   としている。

   労働市場の弱さは引き続き重大な懸念とし、

   失業は「かなり長期間」高水準にとどまるとの見通しを示した。

 

09:30 豪州11月貿易収支 予想-18億豪ドル→-17億豪ドル

  豪州11月小売売上高 予想前月比+0.3%→+1.4

豪州小売売上高が大幅改善した事からAUDが高騰。

長期保持していたAUD/ドルが指値にHITし、大利益です。

 

菅新財務相は、

「財政支出の透明性を高めたい」

「日本の財政状況は深刻」

為替レートに関して「もう少し円安の方向に進めばよい」

「日本経済への影響を考えながら適切な水準を維持したい」

「為替政策は日銀とも連携し対応したい」などと発言した。

藤井元財務相から180度方向転換している菅新財務相の発言を受け、

爆発的な円売りがあったようです。

 

2010年 01月 10日~11日

朝起きてみて見ると、保持していたAUD/円が指値にHITし、

約定されていました。大利益です。

今日は米雇用統計があるので、発表までは様子見の予定です。

 

22:30 米12月平均時給 予想前月比+0.2%→+0.2%

   米12月失業率 予想10.0%→10.0%

   米12月非農業部門雇用者変化 予想前月比±0人→-8万5000人

   米12月製造業雇用者変化 予想-3万5000人→-2万7000人

発表直後は下落したものの、ドル/円以外はすぐに穴埋め。

穴埋めされたのを確認したのち、AUD/円を1ロット、

高騰対策に買い保持です。

日付が変わった頃には高騰してきたので、トレール注文セット後に

約定、小利益です。

 

 

会計 2010年

01月01日資産   30万   612円   総入金額 100万 5,000円

資産率           27.29      トータル   -70万 4,3887円

評価損益     +199万 1,950円    評価資産 229万  2,562円

(スポット損益  +163万 9,702円   スワップ  +35万  2,248円

                     ↓

01月09日資産   35万 9,568   総入金額 100万 5,000円

資産率        35.77%(+8.48%) トータル  -64万 5,432円

損益          +5万 8,956    日割損益     +9,826

損益率           +16.39%     日割損益率    +2.73%

勝数/敗数     10勝/0敗(49連勝中) 平均勝率      100.0%

評価損益     +252万 8,443円    評価資産 288万  8,011円

(スポット損益  +217万 4,296円   スワップ  +35万  4,147円

口座資産+スワップ累計額    71 3,715円

口座資産+スワップ先週比   +6万   855円

所感:

菅新財務相が就任早々為替相場に口先介入しましたが、

理想を語るだけで、日本経済のダメージを見過ごし、

何も手を打たなかった円高論者の藤井元財務相よりも

日本経済を鑑みている事から信頼がおけますね。

見るからにアレは、投機筋に釘を刺す為の確信犯でしょうけどw

あとは財政に対する考え方ですが、これは時間が経たないとわかりません。

 

口座の方は、連日の高値更新ですべての短期ポジションを吐き出しました。

現在は、超長期保持のスワップポジションしか保有していません。

評価総額も一時期290万円を超えていました。(入金総額100万円)

FXを開始して調度1年になりますが、1年前の開始当時では予想すら

していなかった資産状況になっています。

うれしい事ですが、足がかりすらなかった去年とは違い、守る物がある為、

今年からは必要以上にはリスクを取らない方針で行きます。

コツコツ少しづつでも資産を増やして、状態を磐石にする事が必要ですからね。

場合によっては全く取引を行わない週も出来ると思います。

 

 

口座状況

2010_01_042010_01_09

スワップポジション以外は保持していない状態になりました。

見事なまでにすべてが評価益ポジションです。

 

口座グラフ

2010_01_042010_01_09_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 2,902円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:72円 × 25ロット = 1,800円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:37円 × 6ロット = 222円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:22円 × 4ロット(40万通貨) 880円/日

AUD/CHFのスワップが、80 → 72 へ減少。

NZD/USDのスワップが、41 → 37 へ減少。

ZAR/JPYのスワップが、24 → 21 へ減少しています。

 

USD/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2010_01_042010_01_09_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_chfjpy 

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_01_042010_01_09_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_nzdjpy_2 

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_01_042010_01_09_nzdusd_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_01_042010_01_09_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_01_042010_01_09__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_01_042010_01_09__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_01_042010_01_09__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« 2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)-FX為替:戦略と計画7 | トップページ | セルフデザイン講座11-パンヤ:セルデザ講座11 »

FX為替:2010取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133760/32915996

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年01月04日~01月09日 オセアニア通貨躍進-FX為替:2010取引001:

« 2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)-FX為替:戦略と計画7 | トップページ | セルフデザイン講座11-パンヤ:セルデザ講座11 »