« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の14件の記事

2010年1月31日 (日)

2010年 01月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析01

・2010年 01月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と1ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

           (口座資産 30万円ポジ評価額 163万円スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタートです。

 

主な出来事

2010年 01月 04日~

2009年末の下落から、一転して上昇相場。

順調に短期保持通貨を決済していき、中旬には一時全放出状態でした。

しかし、後半に入ってから・・・

ユーロ圏のギリシャの財政懸念が噴出。

立て続けに、中国金融引き締め、オバマ大統領の米金融規制と、

出口戦略が示唆されて経済収縮懸念が追加されました。

さらに大手格付けS&Pの声明で、

ギリシャ関係の非難先として買われていたポンドが急落。

1月を通した安値を更新する水準で取引終了です。

 

また、相場の下落で保持した手動トラリピ通貨を多量に抱えた状態です;

   2010年01月04日~01月09日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001042010010.html

   2010年01月11~16日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001112010011.html

   2010年01月18~23日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001182010012.html

   2010年01月25~30日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001252010013.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2010_01_252010_01_30

2010年 01月 30日の取引終了後の状況です。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:77円 × 25ロット = 1,925円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:39円 × 6ロット = 234円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:23円 × 4ロット(40万通貨) 920円/日

       合計 35ロット(71万通貨) =3,079円/日 、 92,370円/月 

AUD/CHFのスワップが、80 → 77円に減少

NZD/USDのスワップが、41 → 39円に減少

ZAR/JPYのスワップが、24 → 23円に減少しました。

 

口座グラフ

2010_01_252010_01_30_2

 ※クリックすると拡大されます。

1月の初めよりも相場水準が低くなっています。

 

収支グラフ/週

2010_01__01

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産が42万円台まで回復しました。

コツコツすこしづつでも取り戻していきます。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_01__02

 ※クリックすると拡大されます。

週を重ねる毎に収益が減っていますね。

それだけ慎重になっているって事かな?

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_01__03

 ※クリックすると拡大されます。

勝敗では1月中負け無しで、過去3度目の全勝月となりますが、

多量の評価損ポジを抱えています;

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_01__04_3   

 ※クリックすると拡大されます。

上の勝率関係では変化はありませんでしたが、

1取引あたりの損益には変化が現れています。

 

月別収支データ

2010_01__05_2

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産では順調に回復している様にみえますが、

実際の総評価額では、評価損ポジションが増えている為、

1月開始時よりも減少しています。

もう少し慎重に取引していかないといけませんね。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

2010年01月25日~01月30日 ユーロ安止まらず-FX為替:2010取引004

・2010年01月25日~01月30日 ユーロ安止まらず

 

2010年 01月25日

先週の暴落から、上窓開けスタート。

しかし、上値が重く相場は停滞、終始様子見でした。

 

2010年 01月 26日

0:00 米12月中古住宅販売件数 予想年率590万件→545万件

午前中まではジリ上げ継続していましたが、

午後になり中国の金融引き締め観測が流れると共に急落。

さらに日銀の追加政策がなかった事から円高に振れました。

この急落での安値は以下の通りです。

ドル/円89.3、EUR/円125.9、GBP/円144.3、AUD/円79.9

NZD/円63.0、ZAR/円11.625、AUD/CHF0.9338

AUD/円に至っては2円も下落しています。

また、18時頃の急落時にAUD/円を1ロット買い保持しました。

その後、反騰したのでトレール注文へ変更、約定で小利益です。

 

23:00 米11月S&Pケースシラー住宅価格指数 予想146.80→146.28

 

2010年 01月 27日

0:00 米1月コンファレンス・ボード消費者信頼感指数 予想53.5→55.9

   米1月リッチモンド連銀製造業指数 予想0→-2

   米OFHEO11月住宅価格指数 予想前月比+0.2%→+0.7%

FOMCを控え、終始様子見でした。

 

2010年 01月 28日

0:00 米12月新築住宅販売件数 予想年率36万6000件→34万2000件

4:30 米連邦公開市場委員会(FOMC)は、

   現行の金利誘導目標に据え置くことを決定した。

 

オバマ米大統領は一般教書演説で、

「真剣な金融改革を改めて訴える」

「金融機関に罰を与えることではなく、米経済を守ることに関心がある」

「一部政府プログラムの歳出の3年間凍結を提案」

「小企業向け融資で地銀支援のためにTARP資金300億ドル活用」

「2010年最大の焦点は雇用」

「医療保険制度の改革推進を約束する」

「2000億ドルの予算削減を見込む」

「議会は景気刺激と雇用創出のため減税・歳出法案化可決を」

「医療制度改革の推進を約束」などと語った。

 

相場は、FOMCとオバマ大統領の演説を好感して大幅に戻しています。

しかし、問題はここからどう動くか?

米GDPと米雇用統計が近い為、無理はしないで様子見です。

 

22:30 米12月耐久財受注(除輸送機器)予想前月比+0.5→+0.9%

   米新規失業保険申請件数 予想45万件→47万件

   米12月耐久財受注 予想前月比+2.0%→+0.3%

   米12月シカゴ連銀全米活動指数 予想-0.40→-0.61

 

2010年 01月 29日~30日

0:04 大手格付けS&Pは、

  「英国はもはや最も低リスクな銀行システムの国ではない」とした。

この事からユーロの避難通貨としてのサポートを失ったポンドが

大幅下落。

円買いが進み、ドル/円が再び89円台へ戻ってきました。

この日は終始様子見し、夜のGDP発表に備えます。

 

22:30 米10-12月期雇用コスト指数 予想前期比+0.4%→+0.5%

   米10-12月期実質GDP(速報) 予想前期比年率+4.7%→+5.7%

   米10-12月期GDP価格指数(速報)予想前期比+1.3%→+0.6%

   米10-12月期コアPCE(速報)予想前期比+1.3%→+1.4%

   米10-12月期個人消費(速報)予想前期比+1.8%→+2.0%

米GDPの結果が良く、吹き上がったものの上値が重くジリ上げ?

入るきっかけが掴めないので、様子見を決め込みます。

 

23:45 米1月シカゴ購買部協会景気指数 予想57.2→61.5

23:55 米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報)予想73.0→74.4

 

朝になってみると今週の安値圏まで下落していました。

GDPではマインドは変わらなかったようですね。

 

 

会計 2010年

01月25日資産   41万 8,829円   総入金額 100万 5,000円

資産率           41.67      トータル   -58万 6,171円

評価損益     +158万 2,149円    評価資産 200万    978円

(スポット損益  +118万   144円   スワップ  +40万  2,005円

                     ↓

01月30日資産   42万 2,129   総入金額 100万 5,000円

資産率        42.00%(+0.23%) トータル  -58万 2,871円

損益               3,300    日割損益     +3,300

損益率           +0.78%     日割損益率    +0.78%

勝数/敗数      1勝/0敗(65連勝中) 平均勝率      100.0%

評価損益     +149万 3,499円    評価資産 191万  5,528円

(スポット損益  +106万 5,221円   スワップ  +42万  8,278円

口座資産+スワップ累計額    85   407円

口座資産+スワップ先週比   +2万 9,573円

所感:

当初はすんなり回復するかと思われましたが、

中国の金融引き締めに、大手格付けS&P声明からポンドが急落。

さらにギリシャ財政懸念と上がっては叩き落され続けました。

 

先週から抱えているトラリピ残骸を抱えた状態なので、

ほぼ様子見でした。

米GDPが好結果だった為、買い参入しようかと思いましたが、

上値が重かったので様子見したのが功を奏しました。

また、口座のポジションが軒並み値下がりしていますが、

AUD/CHFの強さが目立ちます。

頼もしいですね・・・ほんとに。

来週も耐えていきます。(^o^)/

 

 

口座状況

2010_01_252010_01_30

 

口座グラフ

2010_01_252010_01_30_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 3,079円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:77円 × 25ロット = 1,925円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:39円 × 6ロット = 234円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:23円 × 4ロット(40万通貨) 920円/日

ZAR/JPYのスワップが、24 → 23 へ減少しています。

 

USD/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_usdjpy 

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_eurjpy_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_01_252010_01_30_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_01_252010_01_30_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_01_252010_01_30_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_01_252010_01_30_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_01_252010_01_30__01_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_01_252010_01_30__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_01_252010_01_30__03_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月29日 (金)

自作衣装7作目-パンヤ:セルフデザ8

・自作衣装7作目

 

これまで、6作目までの自作セルフ衣装を紹介していました。

去年からはFX取引を始めていた為に時間が取れなくなり、

ずいぶん時間が空いてしまいましたが・・・。

7作目の自作衣装を作成したので、紹介します。

 

 

重音テト衣装 (かさねテト)

じつの所、わたしも重音テトはごく最近知ったのです。

きっかけは下記の動画・・・。

 

【MikuMikuDunce】ぽっぴっぽーMkⅡをテト達に踊らせてみた ニコニコ動画

__01

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7655051

 

この動画のテトが自由奔放に飛び回る姿が気に入りまして・・・

作ってみました、重音テト衣装を!

 ※厳密にはボーカロイドではないので、タイアップではおそらく実装されない。

 

__02

 

どうです? 雰囲気は出ているでしょうか?

上着は地色の一色ではなく、場所によって濃淡のグラデーションを施しています。

また、スカートのプリーツはほぼブラシを使って作成しました。

ただ、側面には縫い目があるので、真横から見ると目立ってしまいますが、

正面・斜め前・斜め後ろ・後ろなど、横から以外では違和感が出ないように

表現しています。

後で気づいたのですが、ボタン5つだったのね・・・4つしかないです(><;

 

動画風SS

__03

 ※知り合いに撮影の協力して頂きました、ありがとうございます。

 

この衣装は、露店で販売(上着スカート共に38,000pp)しています。

欲しい人は露店を回ってみると見つかるかも~?

__04

 ※露店販売中にテト増殖の図

 

 

お・ま・け

重音テトのルーツを知ることが出来る動画です。

 

【重音テト】嘘の歌姫【初音ミク】 ニコニコ動画

__05

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4424188

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

アルティメットリング登場!-パンヤ:日記

・アルティメットリング登場!

 

ゲームポットが運営するオンラインゴルフゲームの「スカッとゴルフ パンヤ」。

これまでにもCPガチャレアが入れ替わっていましたが、

その中でも最高クラスの能力のアイテムが登場しました。

そのアイテムは「アルティメットリング」です。

 

2010__01_9

 

 

今まで登場してきたリング系アイテムですが、

・クリムゾンリング(飛距離+4y)

・ねこリング(パワーゲージボーナス)

・ハイブリッドリング(飛距離+2y & パワーゲージ初期ボーナス)

上記3種が高性能リングと言われていたアイテムになります。

 

そして、今回登場の「アルティメットリング」は・・・

全スロット+1拡張という高性能ぶり!

カーブマニアやスピンマニアさんだと大歓迎の能力ですね。

まぁ、わたしはパワー狂なので・・・

ぶっちゃけ、ハイブリッドリングには勝てないのですけどw

(全能力上げると飛距離+2になるが、コント&正確が-1状態になる

どうやら、全能力を上げると

パワー+1、コント±0、正確±0、カーブ+1、スピン+1になり、

ハイブリッドリングのパワーゲージボーナスを取るか、

アルティメットリングのカーブ&スピン+1を取るかの選択になるようです。

 

狙う必要はない物の・・・・突撃ですw

1回目・・・外れ

  ・

2回目・・・外れ

  ・

3回目・・・!

2010__02_2

 

今回は運がよくて3回目でバッチリ出ました~♪

パラメータ調整用に持っておくのも悪くないですね。

 

この機会を逃すと福袋に頼らないといけなくなるので、

欲しい人はCPガチャレアの内に入手しておくようにしましょう~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

2010年01月18日~01月23日 オバマ・ショックで全面安-FX為替:2010取引003

・2010年01月18日~01月23日 オバマ・ショックで全面安

 

2010年 01月18日

朝から昼にかけて下落基調。

しかし、セットしている指値に1pips届かずに反転。

仕事が終わり確認して見ると、まだ上昇中でした。

AUD/円が1ロット評価益に変わったので、

トレール注文へ変更後、ひと伸びして約定。小利益です。

その後下落するも指値には届かず反騰。

 

2010年 01月 19日

動意に乏しい展開ながら、やや下落傾向。

AUD/円が下落した時に指値にHITし、1ロット買い保持。

しかし、その下の指値には届かない微妙な展開に。

夜になり、一度AUD/ドルを取引して微利益ですが…

いつものように、手放すのが早すぎたみたい;

 

2010年 01月 20日

日付が変わってからクロス/円が高騰。

評価益になっていたAUD/円の1ロットをトレール注文に変更、

その後も上昇して一服した時に約定、中利益です。

ギリシャ財政懸念からユーロ売りが、

中国の金融引き締め懸念から円高が進行し、

クロス円が軒並み下落です。

下記安値まで下落していた様です。

ドル/円90.7、EUR/円128.3、GBP/円147.5、AUD/円82.8

NZD/円65.4、ZAR/円12.010、AUD/CHF0.9485

この下落で指値にHITしたAUD/円を1ロットづつ、

合計2ロット買い保持していましたが、

指値が重複していたみたいですね;

 

22:30 米12月住宅着工件数 予想年率57万2000件→55万7000件

   米12月PPI(生産者物価指数)予想前月比+0.0%→+0.2%

   米12月建設許可件数 予想年率58万件→65万3000件

   米12月コアPPI(生産者物価指数)予想前月比+0.1%→±0.0%

 

2010年 01月 21日

朝にはさらに下落していた様で、AUD/円を1ロット保持していました。

11:00 中国12月鉱工業生産 予想前年比+19.69%→前年比+18.5%

   中国12月小売売上高 予想前年比+16.3%→+17.5%

   中国12月CPI(消費者物価指数)予想前年比+1.4%→+1.9%

   中国12月PPI(生産者物価指数)予想前年比+0.8%→+1.7%

   中国10-12月期実質GDP 予想10.5%→前年比+10.7%

   中国1-12月固定資産投資(都市部/年初来)

       予想前年比+31.5%→+30.5%

   中国12月購買価格指数 予想前年比+0.59%→+3.0%

昼には中国GDP好結果の影響で反発の流れへなっていました。

朝保持していたAUD/円1ロットを約定、中利益です。

3時の休憩時にはさらに上昇していたので、AUD/円1ロットを

約定、小利益です。

 

夜になり、AUD/ドルを2ロット買い保持しますが・・・下落。

落ちるナイフを掴んだ様ですが、じっくり待ちますか。

その後AUD/円が上昇してきたので、評価益の1ロットを

トレール注文へ変更後、約定。小利益です。

また、AUD/ドルも評価益になったので約定、小利益。

 

22:00 米金融大手ゴールドマン・サックス・グループ

10-12月期の決算を発表 1株当たりの予想利益5.178ドル→8.20ドル

ゴールドマン・サックスの高利益を受けて上昇も一時的。

しかし、中国GDPに続きマインドは変わったかも、早まったかな?

う、やはり・・・1テンポ早い病は健在です;

 

2010年 01月 22日~23日

0:00 米1月フィラデルフィア連銀製造業景況指数 予想18.0→15.2

   米12月コンファレンスボード景気先行指数 予想前月比+0.7%→+1.1%

 

高値を維持していたクロス円が突如急落、円買い加速の様です。

この下落で安値は下記の状態になりました。

ドル/円91.1、EUR/円128.2、GBP/円147.8、AUD/円82.8

NZD/円65.4、ZAR/円12.010、AUD/CHF0.9494

また、指値にHITしAUD/円を1ロット買い保持ですが、

その下にセットしている指値には1pips足りず;

そこでAUD/円を成行で1ロット購入後・・・

さらに下落し、指値にHITでAUD/円1ロット買い保持です。

 

市場関係者の間で(NY外銀筋)

「豪政府が金鉱セクターに対し資源税を課税するとの見方が流れた」

との事が原因?

 

どうやら、こちらが原因の様です。

オバマ政権が(NY外銀筋)

「新たに(自己勘定取引を行なう)プロップ・トレーダーに

 対する規制を提案するとの思惑が流れたほか、

 金融機関への手数料課金などが反対すると思われていた

 共和党から指示を得て実施されるとの噂が取り沙汰された」

相場は下記の安値まで一気に下落。

ドル/円90.7、EUR/円127.3、GBP/円146.4、AUD/円81.9

NZD/円64.7、ZAR/円11.875、AUD/CHF0.9460

いきなりのネガティブサプライズ、伏兵ですね;

AUD/ドルを手放していたのは幸いです。

すべての指値を取り消しましたが、指値にHITして、

AUD/円を1ロット買い保持です。

 

オバマ・米大統領は、

「米国は第二の大恐慌に陥る瀬戸際にあった」

「金融システムは1年前より改善、ルールは強化されるべき」

「自己勘定トレーディング事業を全ての銀行に禁止」

「ヘッジファンドへの投資や不動産取引をめぐる銀行規制を提案」

などと述べた。

ホワイトハウスによると、

「オバマ・米大統領は「大き過ぎて潰せない認識をなくしたい」

との意向。

2時には以下の安値まで更新しました、破壊力抜群ですね。

ドル/円90.1、EUR/円127.1、GBP/円146.0、AUD/円81.5

NZD/円64.2、ZAR/円11.800、AUD/CHF0.9426

 

夜になりましたが、ここまでの安値は下記のとおりです。

ドル/円89.7、EUR/円126.5、GBP/円144.8、AUD/円80.7

NZD/円63.7、ZAR/円11.735、AUD/CHF0.9351

連日の高値から、オバマ・ショックをきっかけに、

株価、先物、商品市場すべてがいっせいに下落。

ストップも巻き込み、パニック相場になった感じですね。

 

 

会計 2010年

01月18日資産   39万 8,398円   総入金額 100万 5,000円

資産率           39.64      トータル   -60万 6,607円

評価損益     +231万 5,261円    評価資産 271万  3,654円

(スポット損益  +193万 8,366円   スワップ  +37万  6,895円

                     ↓

01月23日資産   41万 8,829   総入金額 100万 5,000円

資産率        41.67%(+2.03%) トータル  -58万 6,171円

損益          +2万   431    日割損益     +5,107

損益率           +4.87%     日割損益率    +1.21%

勝数/敗数      7勝/0敗(64連勝中) 平均勝率      100.0%

評価損益     +158万 2,149円    評価資産 200万    978円

(スポット損益  +118万   144円   スワップ  +40万  2,005円

口座資産+スワップ累計額    82   834円

口座資産+スワップ先週比   +4万 5,546円

所感:

連日高値圏で推移していましたが、突如オバマ・ショックが勃発です。

中国の金融引き締め+米国の金融規制のダブルパンチ。

グローバル化している影響で、世界同時に株価・先物・商品市場・資源価格が

一斉下落しました。

ドル/円は、90円を割り込み、89円台へ突入。

豪ドル/円も、81円を割り込み、80円台へ突入。

ユーロ/円に至っては、127円を割り込み、126円台へ突入しています。

本格的に動き始めた出口戦略ですが、

裏を返せば、このインパクトに耐えられる程度は経済回復したとの判断になります。

ここから考えられるのは、中国&米国共に先手を打ってきたとの事で、

去年から利上げを行っている豪州に引き続いた動きになるかな?

方向は違うけどね。

ただ、この動きにユーロ圏は追従出来なさそうですので、

ユーロ圏の回復は、両国に比べるとかなりずれ込んできそうです。

 

口座状況の方は、12月中旬くらいの相場まで巻き戻っています。

その間に増えた、口座資産とスワップ累計。

手動トラップリピートの残骸での評価損が釣り合ってる感じですね。

既に十分下落しているので、これ以上の下落はオーバーシュート?

・・・の様な気もしますが、ドル/円が安値更新を目指す動きになるなら、

損切りも考慮に入れて相場に追従していきます。

 

 

口座状況

2010_01_182010_01_23

 

口座グラフ

2010_01_182010_01_23_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 3,119円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:77円 × 25ロット = 1,925円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:39円 × 6ロット = 234円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:24円 × 4ロット(40万通貨) 960円/日

AUD/CHFのスワップが、75 → 77 へ増加。

NZD/USDのスワップが、41 → 39 へ減少しています。

 

USD/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2010_01_182010_01_23_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_01_182010_01_23_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_01_182010_01_23_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_01_182010_01_23_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_01_182010_01_23_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_01_182010_01_23__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_01_182010_01_23__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_01_182010_01_23__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

私服解禁フェスティバルなのに!制服プレゼント!開催-アヴァロン:日記

・私服解禁フェスティバルなのに!制服プレゼント!開催

 

ゲームポットが運営する「アヴァロンの鍵オンライン」。

この度、2009年 01月 27日に実装予定の「アバターショップ」「クローゼット」

により、制服以外のアバターを着せることが出来るようになる様です。

 

2009__01

 

 

このアバター実装にちなんで、

「私服解禁フェスティバルなのに! 制服プレゼント!」キャンペーンが

行われます。

 

私服解禁フェスティバルなのに!制服プレゼント!  特設ページ

http://www.avalon-online.jp/event/event_100120_shihukupre.html

  

2009__02

 ※クリックすると拡大されます。

 ※私服解禁フェスティバルなのに!制服プレゼント!特設ページより抜粋

 

この機会に、限定衣装を入手しておきましょう~!

真っ赤だから・・・シァ○専用みたいだけど・・・・w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

2010年01月11日~01月16日 ユーロ大幅下落-FX為替:2010取引002

・2010年01月11日~01月16日 ユーロ大幅下落

 

2010年 01月11日

波乱の米雇用統計後ですが、AUDだけ上窓開けスタート。

しばらく様子を見ていましたが、底堅いので

AUD/円を1ロット高騰対策に買い保持です。

様子を見てましたが上値が重く動きません。

夕方になり少し上昇した所で保持したAUD/円1ロットを

約定、微利益撤退。で、その後上昇w

1テンポ早いのは相変わらずです;

 

2010年 01月 12日

朝出勤前に、高騰対策にAUD/円を1ロット買い保持です。

昼には下落していたようで、セットしていた指値にHITし、

AUD/円1ロットを買い保持していました。

3時の休憩時にはAUD/円が反騰して2ロット共評価益に

なっていたので、約定。中利益です。

 

仕事終了後、再び下落していたので、AUD/円を1ロット

高騰対策に買い保持。

そこからさらに下落し、再びセットしていた指値にHIT。

AUD/円を1ロット買い保持です。

夜になり、AUD/円がもう一段の下落、84.5を割りました。

入れていた指値にHITして、もう1ロット買い保持です。

 

22:30 米11月貿易収支 予想-346億ドル→-364億ドル

 

2010年 01月 13日

深夜に目が覚めて確認してみると、ドル/円が90.7まで下落。

AUD/円を1ロット買い保持してみました。

どうやら下落の原因は、NYダウと金相場の下落と、

中国人民銀行が銀行の預金準備率を引き上げたことを受け、

中国が金融引き締めに入ったと懸念が高まった事みたいです。

連日高値でしたので、ガス抜きになるかな?

仕事中はジリジリ回復傾向でした。

仕事が終わった後に、AUD/円が高騰してきたので、

保持しているAUD/円の安値1ロットをトレール注文に変更。

そのあと一服した時に約定、中利益です。

 

2010年 01月 14日

日付が変わる前から変わった後にかけて、EURAUD/円が急落。

AUD/円に入れていた指値にHITして、1ロット買い保持します。

早朝目が覚めて見てみるとAUD/円が戻していたので、約定。

中利益です。再び指値をセット、手動トラリピですね。

 

09:30 豪州12月労働参加率 予想65.3%→65.2%

   豪州12月失業率 予想5.8%→5.5%

   豪州12月新規雇用者数 予想+1万人→+3万5200人

豪州雇用統計の結果が良く、好感されて上昇。

昼に見るとさらにジリ上げされていた為、評価益になった

AUD/円を1ロット約定、中利益。

 

仕事が終了した後見ると、

豪州雇用統計がクロス円を押し上げ、

ジリ上げは継続していましたが、

AUD/円も85.6の高値に到達、そろそろ値が重くなると思ったので、

評価益のAUD/円を1ロット約定、中利益です。

下落時に買い保持していたAUD/円も残り1ロットとなりました。

 

22:30 米12月輸入物価指数 予想前月比±0.0%→±0.0%

   米12月小売売上高(除自動車)予想前月比+0.3%→-0.2%

   米新規失業保険申請件数 予想43万7000件→44万4000件

   米12月小売売上高 予想前月比+0.5%→-0.3%

米経済指標の小売売上高が悪化したため、ドル/円が91.1まで下落。

この時に、AUD/円の指値にHIT、1ロット買い保持です。

 

トリシェECB総裁は、

「政策金利は引き続き適正」

「物価は抑制された状態を維持」

「経済の見通しは引き続き不透明」

「ユーロ圏の景気回復は均一ではない可能性が高い」

「インフレは短期的には1%前後を維持」

「ユーロ経済は2010年は緩やかな拡大へ」

「失業は増加する見通し」

「先行き見通しに対するリスクおおむね拮抗している」

「10-12月期の成長はデータで確認された」

「マネー拡大ペースは減速へ」

「ユーロ圏の回復は均一でない」

「銀行はさらなるバランスシート調整を」と述べた。

 

2010年 01月 15日~16日

中国の金融引き締めがきっかけになり、

ドイツの首相退陣の噂からユーロが大幅下落。

米経済指標悪化からドル売りが活発化し、円高が進行しました。

この下落で指値にHITし、AUD/円を1ロットづつ

合計2ロット買い保持です。

 

夜までの安値は、下記の様になっています。

ドル/円90.5、EUR/円130.2、GBP/円147.3、AUD/円83.7

NZD/円66.7、ZAR/円12.130、AUD/CHF0.946

EURの下落に引きづられてCHFが下落した影響で、

AUD/CHFは0.95の大台に乗る事もありました。

 

22:30 米1月ニューヨーク連銀製造業景況指数 予想12.00→15.92

   米12月コアCPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→+0.1%

   米12月CPI(消費者物価指数)予想前月比+0.2%→+0.1%

23:15 米12月設備稼働率 予想71.8%→72.0%

米経済指標の設備稼働率を好感して、ドル/円が上昇。

AUD/円の評価益が大きくなったので、1ロットを

トレール注文へ変更後、ひと伸びして約定。中利益です。

 

23:55 米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報)予想74.0→72.8

米経済指標のミシガン消費者信頼感指数の下振れで、ドル/円急落。

再び指値にHITし、AUD/円を1ロット買い保持です。

 

 

会計 2010年

01月11日資産   35万 9,568円   総入金額 100万 5,000円

資産率           35.77      トータル   -64万 5,432円

評価損益     +252万 8,443円    評価資産 288万  8,011円

(スポット損益  +217万 4,296円   スワップ  +35万  4,147円

                     ↓

01月16日資産   39万 8,393   総入金額 100万 5,000円

資産率        39.64%(+3.87%) トータル  -60万 6,607円

損益          +3万 8,825    日割損益     +7,765

損益率           +9.74%     日割損益率    +1.94%

勝数/敗数      8勝/0敗(57連勝中) 平均勝率      100.0%

評価損益     +231万 5,261円    評価資産 271万  3,654円

(スポット損益  +193万 8,366円   スワップ  +37万  6,895円

口座資産+スワップ累計額    77 5,288円

口座資産+スワップ先週比   +6万 1,573円

所感:

ユーロがドイツの首相退陣の噂とギリシャ関係の懸念の急落しました。

それにつられる形でドル/円も下落。

ただし、オセアニア通貨は踏ん張ってます。

ユーロにつられて下落したのは、ドルとCHF。

この為、わたしのスワップポジションには余りダメージはありませんでした。

反転した時が怖いけどね。(^_^;

 

政治の方では、外国人参政権が出てきました。

あれ、売国法案で法律違反だと思うのですが・・・。

外国人参政権と人権擁護法案には反対です。

国民の目に触れない様にマニフェストから外していた民主党のやり口に、

民主党の悪材料には触れないマスコミ。(マスゴミ)

自民党では漢字の読み違いすら報道していたのにね。

わたしの鳩山政権の評価ははっきり言うと、

麻生政権に比べて半分以下です・・・。

国民からの反発を受けたのは長年の自民党体質。

麻生政権では、経済危機の影響をしっかりと止めてくれた上に、

政権交代前には回復軌道に乗せていたので、責務を果たしていたと言えます。

北朝鮮のミサイル発射問題など対応も早かったし、

なにより政権維持よりも国益を優先させていた姿勢は評価出来ます。

 

しかし、民主党の鳩山政権では、

鳩山総理は、総理としての主観や考えを言わず、

口から出る言葉は評論家としての感想のみ。

理想を語るのみで(友愛など)、現実を見ていない上に過去の発言は無視して、

一切の責任から逃げています。

無自覚・無責任・無頓着にもほどがありますね。

小沢幹事長は、鳩山総理よりは現実路線ですが・・・

国益よりも政党を優先している姿勢に疑問符が付きます。

また、自分の資金管理団体なんだから知らない、任せていたでは済まされません。

責任は取らないと。

 

  

口座状況

2010_01_112010_01_16

 

口座グラフ

2010_01_112010_01_16_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 3,081円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:75円 × 25ロット = 1,875円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:24円 × 4ロット(40万通貨) 960円/日

AUD/CHFのスワップが、72 → 75 へ増加。

NZD/USDのスワップが、37 → 41 へ増加。

ZAR/JPYのスワップが、21 → 24 へ増加しています。

 

USD/JPYチャート

2010_01_112010_01_16_usdjpy  

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_01_112010_01_16_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_01_112010_01_16_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USD

2010_01_112010_01_16_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_01_112010_01_16_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_01_112010_01_16_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_01_112010_01_16_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_01_112010_01_16_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_01_112010_01_16_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_01_112010_01_16_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_01_112010_01_16__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_01_112010_01_16__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_01_112010_01_16__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2010年1月11日 (月)

セルフデザイン講座11-パンヤ:セルデザ講座11

・セルフデザイン講座11

 

前回の講座からずいぶん間が開いてしまいました。

FX取引の方に集中していたからですが、申し訳ありません;

 

さて、前回の講座は広範囲グラデーションについて説明しました。

今回は、更新しようと思いながら伸び伸びになっていた、

小範囲グラデーションについて解説してみましょう。

 

小範囲グラデーション

概念は広範囲グラデーションとなんら変わりありません。

単純にグラデーションを作成する規模を小さくするだけの事です。

 ※色の薄い箇所から濃い箇所へ順にブラシを吹き付ける。

 ※使うブラシは小・中ブラシ

ただし、難易度は格段に上がります。

なぜ、難易度が格段に上がるかというと・・。

 ・ブラシ範囲が小さくなるにつれ、繋ぎ部分が増える

 ・少しの色の違和感でも浮き出てしまう

 ・最終的な状態をイメージ出来ていないと訳がわからなくなる

この様に難易度を上げる要素が増加してしまうからですね。

上記難易度を攻略するのに必要な事は・・・。

 ・色の混ぜ合わせでの色作成に気を使う

この1点になると思います。

 

過去作成した衣装を見てみましょう。

わたしが作成した6作目の衣装です。

_23_3  

 ※スカートの前面部分が特にそうなのですが、

  コルセット部分の調整にも使用しています。

黒色を薄い色と見立てて、白っぽい色が濃くなる順にブラシで吹き付けています。

大まかには、中ブラシで作成していますけれど、

仕上げは、色の混ぜ合わせで近似色を作成しておき、

小ブラシ(2ドットブラシ)の吹きつけで微調整を行いました。

グラデーションをきめ細かくすればするほど、仕上がりの品質は向上しますが、

その分だけ手間と労力が必要になってきます。

 

また、グラデーションを滑らかにするだけでなく、動いた状態でも、

角度を変えて見た場合でも違和感が無い状態にすれば、

さらに出来栄えは向上すると思います。

このテクニックは非常に汎用性が高いので、応用すればあらゆるところへ

活用する事が出来ますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月 9日 (土)

2010年01月04日~01月09日 オセアニア通貨躍進-FX為替:2010取引001

・2010年01月04日~01月09日 オセアニア通貨躍進

 

2010年 01月04日

いよいよ今年、2010年の為替取引開始です。

年末からの上げで、AUD/円は1ロット評価益になっています。

朝一様子を見た所底堅い様なので、

トレール注文をセット後約定、中利益です。

そして、新たに1ロット買い保持。

それから少しして、AUD/円が下落。

さらにAUD/円を1ロット買い保持です。

 

夕方になり、AUD/円が上昇して来たので、朝買い保持した

2ロットをトレール注文へ変更、少しして約定、中利益。

ここまでの高値は下記の通りです。

ドル/円93.2、EUR/円133.7、GBP/円150.6、AUD/円84.2

NZD/円67.6、ZAR円12.615、AUD/CHF0.9380

 

2010年 01月 05日

00:00 米11月建設支出 予想前月比-0.5%→-0.6%

   米12月ISM支払価格 予想57.5→61.5

   米12月ISM製造業景況指数 予想54.1→55.9

午前中に一度下落し押し目を作った後、上昇しそうだったので、

AUD/円を1ロット買い保持。

夜になりAUD/円は上昇するも上値が重い為、

買い保持していた1ロットの指値をトレール注文へ変更、

下落したときに約定、小利益です。

 

2010年 01月 06日

日が変わり、AUD/円が下落してきたので1ロット買い保持。

しかし、それ以上に下落します。

昼にになると、下落していたAUD/円が評価益になったので、

トレール注文へ変更、上昇前に下落した時に約定、小利益。

1テンポセットが速かったです(><;

 

2010年 01月 07日

0:00 米12月ISM非製造業総合指数 予想50.5→50.1

AUD/円が高騰していたので、長期保持していた1ロットを

約定、中利益。

さらに、AUD/ドルも1ロット評価益に変わったので、

約定、小利益です。

ここまでの高値は、下記の状態です。

ドル/円92.7、EUR/円133.4、GBP/円148.4、AUD/円85.1

NZD/円68.1、ZAR円12.620、AUD/CHF0.9463

また、口座資産が33万円まで回復、

ポジション評価額も250万円を突破し、

総評価額が283万円の大台をマーク、過去最高評価額です。

 

4:40 連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、

   モーゲージ担保証券(MBS)買い入れの段階的な縮小は、

   ぜい弱な住宅市場の回復を損なう恐れがあるとの懸念が示された。

   「FRBによるMBS買い入れの段階的縮小や、

   住宅購入者向け税控除措置の終了、

   差し押さえ物件や清算売却の継続などを背景に、

   一部メンバーは、

   住宅セクターの改善が来年に損なわれるリスクがあると指摘した」

   としている。

   労働市場の弱さは引き続き重大な懸念とし、

   失業は「かなり長期間」高水準にとどまるとの見通しを示した。

 

09:30 豪州11月貿易収支 予想-18億豪ドル→-17億豪ドル

  豪州11月小売売上高 予想前月比+0.3%→+1.4

豪州小売売上高が大幅改善した事からAUDが高騰。

長期保持していたAUD/ドルが指値にHITし、大利益です。

 

菅新財務相は、

「財政支出の透明性を高めたい」

「日本の財政状況は深刻」

為替レートに関して「もう少し円安の方向に進めばよい」

「日本経済への影響を考えながら適切な水準を維持したい」

「為替政策は日銀とも連携し対応したい」などと発言した。

藤井元財務相から180度方向転換している菅新財務相の発言を受け、

爆発的な円売りがあったようです。

 

2010年 01月 10日~11日

朝起きてみて見ると、保持していたAUD/円が指値にHITし、

約定されていました。大利益です。

今日は米雇用統計があるので、発表までは様子見の予定です。

 

22:30 米12月平均時給 予想前月比+0.2%→+0.2%

   米12月失業率 予想10.0%→10.0%

   米12月非農業部門雇用者変化 予想前月比±0人→-8万5000人

   米12月製造業雇用者変化 予想-3万5000人→-2万7000人

発表直後は下落したものの、ドル/円以外はすぐに穴埋め。

穴埋めされたのを確認したのち、AUD/円を1ロット、

高騰対策に買い保持です。

日付が変わった頃には高騰してきたので、トレール注文セット後に

約定、小利益です。

 

 

会計 2010年

01月01日資産   30万   612円   総入金額 100万 5,000円

資産率           27.29      トータル   -70万 4,3887円

評価損益     +199万 1,950円    評価資産 229万  2,562円

(スポット損益  +163万 9,702円   スワップ  +35万  2,248円

                     ↓

01月09日資産   35万 9,568   総入金額 100万 5,000円

資産率        35.77%(+8.48%) トータル  -64万 5,432円

損益          +5万 8,956    日割損益     +9,826

損益率           +16.39%     日割損益率    +2.73%

勝数/敗数     10勝/0敗(49連勝中) 平均勝率      100.0%

評価損益     +252万 8,443円    評価資産 288万  8,011円

(スポット損益  +217万 4,296円   スワップ  +35万  4,147円

口座資産+スワップ累計額    71 3,715円

口座資産+スワップ先週比   +6万   855円

所感:

菅新財務相が就任早々為替相場に口先介入しましたが、

理想を語るだけで、日本経済のダメージを見過ごし、

何も手を打たなかった円高論者の藤井元財務相よりも

日本経済を鑑みている事から信頼がおけますね。

見るからにアレは、投機筋に釘を刺す為の確信犯でしょうけどw

あとは財政に対する考え方ですが、これは時間が経たないとわかりません。

 

口座の方は、連日の高値更新ですべての短期ポジションを吐き出しました。

現在は、超長期保持のスワップポジションしか保有していません。

評価総額も一時期290万円を超えていました。(入金総額100万円)

FXを開始して調度1年になりますが、1年前の開始当時では予想すら

していなかった資産状況になっています。

うれしい事ですが、足がかりすらなかった去年とは違い、守る物がある為、

今年からは必要以上にはリスクを取らない方針で行きます。

コツコツ少しづつでも資産を増やして、状態を磐石にする事が必要ですからね。

場合によっては全く取引を行わない週も出来ると思います。

 

 

口座状況

2010_01_042010_01_09

スワップポジション以外は保持していない状態になりました。

見事なまでにすべてが評価益ポジションです。

 

口座グラフ

2010_01_042010_01_09_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 2,902円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:72円 × 25ロット = 1,800円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:37円 × 6ロット = 222円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:22円 × 4ロット(40万通貨) 880円/日

AUD/CHFのスワップが、80 → 72 へ減少。

NZD/USDのスワップが、41 → 37 へ減少。

ZAR/JPYのスワップが、24 → 21 へ減少しています。

 

USD/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2010_01_042010_01_09_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_chfjpy 

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_01_042010_01_09_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_nzdjpy_2 

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_01_042010_01_09_nzdusd_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_01_042010_01_09_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_01_042010_01_09_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_01_042010_01_09__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_01_042010_01_09__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_01_042010_01_09__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)-FX為替:戦略と計画7

・2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)

 

このカテゴリは、実際にわたしが行ってきたFXの戦略と計画を綴るものです。

 

戦略計画フェーズ

戦略計画1:最初の1ヶ月間はリスク体験を行う

        2009年-1ヶ月間のリスク体験:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/fx1-fx-0e9f.html

戦略計画2:取引手法の改善を行う

        2009年-取引手法の改善:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-4ee4.html

戦略計画3:取引通貨ペアの選択を行う

        2009年-取引通貨ペアの選択を行う:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-8d7c.html

戦略計画4:スワップポジションを構築する

        2009年-スワップポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a7b2.html

戦略計画5:口座資産を黒字にする(初年度最終目標)

        2009年-口座資産を黒字にする:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-10d3.html

戦略計画6:ドバイ・ショック直撃

        2009年-ドバイ・ショック直撃:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a319.html 

戦略計画7:2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)

 

 

いよいよ2010年のFXがスタートしました。

年も変わった事ですし、現状を分析してみます。

まずは、口座の資産状況の分析です。

戦略計画6でドバイ・ショックに対し、スワップポジションの維持を選びました。

結果から言えば最適な選択だったですね。

このおかげで総評価額が200万円レベルまで回復しています。

 

2010年 01月 01日取引終了時点の口座状況 (レバレッジ200倍)

2009_12_282010_1_1

口座資産    30万円     総入金額     100万円

スワップ累計  35万円     口座+スワップ  65万円

スポット評価 163万円     総評価額     229万円

(評価損額  6万 3,736円  評価損率 2.78%) 

 

2010年 01月 01日取引終了時点のスワップポジション構築状況

2009_12__2

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:24円 × 4ロット(40万通貨) 960円/日

       合計 35ロット(71万通貨) =3,206円/日 、 96,180円/月

 

2010年 01月 01日取引終了時点のチャートに於けるスワップポジション状況

2010_0101_2

この様な状況になっています。

 

 

次に、2010年に於ける目標を明確にしておくと、

「2010年 08月施行のレバレッジ規制(50倍)を乗り切る」です。

 ※自動ロスカットラインはレバレッジ規制(100%)額と考えています。

詳細は、下記の状態が望ましい。

・出来る限りスワップポジションを維持する

・2010年初めより資産を減らさない

 

 

最後に、レバレッジ規制(50倍)対策プランです。

大筋の計画は、戦略計画4で考えていた・・・。

「スワップ額で証拠金増額分に対応する方法」を継続採用します。

計画の肝となるスワップポジションの構築が既に終了している為ですね。

すさまじいほどのハイレバレッジですが・・・;

戦略計画4で概要計算していた時と状況が異なるので、再度計算してみます。

 

現状からの詳細

・8月にレバレッジが50倍までに規制される。

 現在のレバレッジ200倍が     → 50倍になる。

 (現在の証拠金 18万 6,750円 → 証拠金額4倍 74万 7,000円

 

・8月までに1日あたり 3,206円のスワップ金利が付く。

 (3,206円 × 30日 × 8ヶ月 = スワップ金額 76万 9,440円

 

・増額された証拠金額をスワップ金利増額分で補う。

 (-74万 7,000 + 76万 9,440円 = 差額+2万 2,440円

 

 

この様に現在構築しているスワップポジションのスワップ金利により、

レバレッジ規制を乗り越える事が出来る予定です。

ただし、必須になるのは現在のスワップポジションを死守する事ですね。

また、相場水準が今よりも下落している場合は余裕が無くなるので、

出来る限り口座資産も増やしておかないと・・・。

  ※あくまで2010年 01月 01日現在の相場水準と同じならという条件です。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年1月 3日 (日)

SSDの寿命延長について-パソコン

・SSDの寿命延長について

 

SSDはHDD(磁気記憶)と違って、NANDフラッシュチップを使った記憶媒体です。

 ※HDD:ハードディスクドライブ

  磁気ディスクを高速回転させ、ヘッドから記録、読み出しを行う記憶装置

基本的に磁気記憶であればデータの改変回数に制限はありません。

しかし、NANDフラッシュチップを用いたSSDには書き換え回数制限があります。

詳しい説明は省きますが一般的に、

 ・SLCチップの書き換え回数は、10万回

 ・MLCチップの書き換え回数は、1万回 と言われています。

この回数は1チップあたりですが、

理論上容量が増えれば増えるほどチップ数が多くなり、

総書き換え回数は増えます。

しかし、同じ1チップだけを酷使した場合はどうでしょうか?

その場合は、やはり上記回数制限になってしまいますので、

SLCなら10万回、MLCなら1万回と覚えておく方がよさそうです。

 

 

PCによるSSDの寿命延長設定1(ページングファイル 0MBへ変更)

まず、簡単なPC設定で出来るSSDの寿命延長設定を紹介します。

これは、システムを早くする為に標準で設定されている項目ですが、

書き換え回数に制限の無いHDD前提の設定になっています。

これを極力書き込みしない状態にしてあげる方法です。

 

①デスクトップアイコン上で右クリック、メニューのプロパティでシステムのプロパティを開く

 (コントロールパネル内のシステムでも可)

②システムのプロパティの中の詳細設定タブを選ぶ

③パフォーマンスの設定を開く

④パフォーマンスオプションのタブの詳細設定を選ぶ

⑤仮想メモリのなかの変更ボタンを押す

⑥ページングファイルなしのチェックを押して適用させる

⑦PCを再起動させ、設定が保存されたか確認する

 

Ssd_01

 

 

PCによるSSDの寿命延長設定2

 (インターネットテンポラリファイルのドライブ変更)

次に、インターネットでのWEBページアクセス時に高速化の為保存される

キャッシュ用のファイルの保存先をSSDからHDDに変更します。

この設定を変更しておかないと、インターネットを見れば見るほど、

SSDの書き込み回数を使う事になりますからね。

 

①インタネットエクスプローラーを開きます。

②ツール → インターネットのオプションを開きます。

③全般の中の閲覧の履歴にある設定を押します。

④インターネット一時ファイルのフォルダーの移動を選び、

  SSDドライブ以外の任意のフォルダを選びます。

   ※あらかじめ専用フォルダを作っておくと良いでしょう。

⑤OKを押し、設定を反映させる。

⑥再起動を行い、設定が保存されたかを確かめる。

 

Ssd_02

 

 

マッハドライブを導入する

マッハドライブを導入する場合でも先に説明したPC設定は行っておいた方が良いです。

さて、マッハドライブとはなんでしょうか?

簡単にいうと記憶媒体に対するキャッシュソフトのような物です。

受けたデータをそのまま書き込みするのではなく、

受けたデータを制御して出来る限り一度に書き込めるようにしてくれるので、

SSDの書き込み回数が抑えられることになり、寿命が延びます。

また、読み書き時のロスタイムも減らしてくれる為、

高速化も望めるという代物です。

ただし、データを制御する時にはメモリを使用する事になるので、

PCのメインメモリは多めに積んでおく必要があります。

 

マッハドライブ IO DATA 直販サイト アイオープラザ

http://www.ioplaza.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=50-MDRVESD-001&C=g912mah001&gclid=CLyd5qGOhp8CFYowpAodFkqEIA

 ※価格は約2500円。

 ※クレジット決済でDL販売なら即時DL可能です。

 

早速導入してみました。

ベンチマークを取っているので変化を見てみましょう。

 

INTEL X25-M SATA SSDノーマル

Intel_x25m_sata_ssd_crystaldiskma_2

 

INTEL X25-M SATA SSD + マッハドライブ

Intel_x25m_sata_ssd_crystaldiskma_3

 

SSDノーマル                 SSD +マッハドライブ

Pc__ssd_crystalmark2004r3_2 

PCスペック
CPU   :Intel Core2 Duo E8400 3GHz (2ndキャッシュ 6MB/FSB 1333MHz)
マザーボード:ギガバイト製 EP45-DS4P(FSB 1,600Hz)(ATX)
メモリー :DDR2-SDRAM (DDR2-800) 2GB × 2枚(4GB)
SSD   :INTEL X-25M SATA SOLID-STATE DRAIVE 80GB
HDD   :Sergate Serial ATA Ⅱ 7200rpm 1.0TB (バッファ 32MB)
      : Hitachi Serial ATA Ⅱ 7200rpm 500GB (バッファ 16MB)
グラフィックボード:DLEADTEK製 WinFast PX9400GT (GPU GeForce9400)
サウンド :Sound Blaster 5.1VX
光学   :DVDスーパーマルチドライブ 16倍速(DVD±R DL記録対応)
FDD   :カードリーダー xD/CF/MD/SM/MMC/SD/MS/MSPro対応
OS    :Windows(R) XP Professional 正規版(DSP) プリインストール
 

この様に桁違いの速度を示す結果になりました。

仕組みを考えればわかりますが、メインメモリはHDDやSSDよりも高速です。

メインメモリにデータをキャッシュしている訳ですから、当然速くなりますね。

また、これってベンチマークだけで、実際にはそうでもないんじゃない?

と思われるかもしれませんが、体感でもわかるくらい高速化しています。

  ※環境により効果は異なります。

今までファイルを操作していても、1テンポ置いて動いていた反応が、

1テンポ置かずに動くようになるのです。

HDDをSSDに換装するだけでは、そこまでの速度差は体感出来ませんでしたが、

SSD+マッハドライブは別物ですね。

SSDを導入するならマッハドライブも一緒に導入した方が良いと思います。

 ※マッハドライブはSSDでなく、HDDでも高速化の効果があります。

 ※キャッシュ容量を超えるファイルを扱う場合は、

   速度低下する事例があるようです。

 ※高速化と謳うソフト(メモリ型)は同時にインストールしない方が良いです。

 ※マッハドライブはRAID環境には対応していません。

 ※SSDはHDDと構造が異なる為、デフラグの必要は無く、してはいけません。

 ※マッハドライブ運用時のデータ安全性を保障するものではありません。

 ※マッハドライブの運用は自己責任で行ってください。

 ※マッハドライブ運用により生じた損害があっても一切の責任は負いません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月 2日 (土)

2010年 明けましておめでとうございます-日記

・2010年 明けましておめでとうございます

 

新年明けましておめでとうございます。

マイペースではありますが、今年も少しづつ移植と更新を続けていきますので、よろしくお願い致します。

 

既に2010年が始まっていますが、一度去年の動向を振り返って、

今後どうなるのかを考えてみたいと思います。

 

・ゲーム機関係の動向

2009年は、DSファミリーの拡大と、PS3の成長の年だったように思います。

去年の予想ではXBOXが躍進するのではないか?という予想を立てていましたが、見事に外れました。

任天堂が強い強すぎるのはわかっていましたので、あえて触れませんが、

このようになった結果は、日本市場のブランド志向の強固さと、XBOX陣営の不甲斐なさに尽きると思います。

派手に自爆していたPS3の回復を悠長に待っていたXBOX陣営、やる気あるのでしょうか?

ここまで回復してしまうと据え置き機ではPS3の勝ちですね。

携帯機では逃げるDSに追いかけるPSPですが、ライトとヘビー携帯ゲーム機。

共存しそうな気がします。

 

 

・携帯関係の動向

2009年では勢力図に大きな変化はありませんでしたが、

携帯大手3社では、ソフトバンクの躍進と復調してきたドコモ、忘れられていくauの構図。

特にauに関しては、携帯本体と通信料の分離価格設定で失敗した時にブランドイメージに受けたダメージが相当大きい様に思われます。

実勢価格で比べると、利益捻出上の観点から見ればそう大きくないはずですが、一度客の足元を見るような値段設定を出してしまった印象からか、話題に上りません。

今年もauは2社に遅れを取りかねない印象ですね。

 

 

・経済危機について

2009年は年始に書いていた様な状況に実際になっていきましたが、

予想以上に麻生政権の手腕が優れていて、

経済危機の影響を止め、回復基調に乗せてきていたのには驚きました。

 

しかし、民主党が政権を取ると、

経済・雇用・景気対策そっちのけで事業仕分け。

結果、経済は右肩下がりに陥り税収激減、事業仕分けで捻出した財源も

景気対策へつぎ込む事へとなりました。

順番が逆なんですよね・・・。

まず、経済・雇用・景気対策を行い、パイの縮小を止め税収を確保する。

その上で無駄な予算をカットするべきです。

そもそも民主党は政権を取る事を最終目標としていて、

その先は考えていなかった節があります。

だからこそ、ばら撒き主体で両立出来ないマニフェストを掲げたのでしょうけど。

今、民主が言っていることも具体性のある案ではないのが痛々しいです;

 

幸い海外では中国の高度成長と米国の回復が顕著に現れて来たので、

国政を失敗してもある程度なら何とか持ち越せるとは思っています。

ただし、ドバイを含め欧州あたりの懸念は未だくすぶったままなので、

注意が必要ですね。

 

 

・FXについて

2009年 01月 09日から開始しているFX(外国為替証拠金取引)ですが、

当初想定していた以上の状態で2010年を迎えれています。

2009年の当初想定内容とは、

・とりあえず1年間退場しないでFXを体験する。

・あわよくばスワップポジションが多少仕込めたら良い。

この程度でした。

嬉しい事に上記内容を達成しているどころか足りない為に、

戦略計画を練り直し、策定する事で軌道修正を行ってきました。

詳しい内容は、戦略計画にて公表予定ですが、

2010年の目標を1つあげるなら、

「8月のレバレッジ規制を乗り切る」事です。

今まで通りすべてを公開した上でがんばって行きます!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年 12月までの週足推移分析-FX為替:週足分析11

・2009年 12月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ12ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

7・8月にはスワップポジションを構築しました。

また、8月以降はスキャル、デイ、スイングトレード全てを駆使して

取引を行っています。

11月末には約80万円の損切りを決行し、口座資産が激減しました。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 12月 01日~

月初めに豪州政策金利が+0.25%利上げされ、3.75%に上昇。

豪州が3ヶ月連続利上げというのは初みたいです。

この利上げにより、豪ドル(AUD)無双状態が続くかと思いきや、

次回利上げには触れられなかった事もあり、下落低迷が続きます。

また、ZAR/円も下落低迷を続けていましたが、

1ロット買い保持し、スワップポジションに追加する事にしました。

さらに、米国の経済指標が改善されているのを確認するにつれ、

夏から加速していたドルキャリーが巻き戻り、AUD/USDを筆頭に下落。

このままの状態で来年に行くのかと思いましたが、

最後の最後でクロス円が反転急騰し、時間切れです。

   2009年11月30日~12月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200911301205--f.html

   2009年12月07~12日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200912071212--f.html

   2009年12月14~19日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200912141219-90.html

   2009年12月21~26日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200912211226--f.html

   2009年12月28日~01月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/200912282010010.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2009_12_282010_1_1

2010年 01月 01日の取引終了後の状況です。

ZAR/JPYを1ロットスワップポジションに追加しています。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:24円 × 4ロット(40万通貨) 960円/日

       合計 35ロット(71万通貨) =3,206円/日 、 96,180円/月 

AUD/CHFのスワップが、75 → 80円に増加

NZD/USDのスワップが、36 → 41円に増加

ZAE/JPYのスワップが、23 → 24円に増加しました。

 

口座グラフ

2009_12_282010_01_01

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切り以降口座資産が激減していますが、

約80万円損切りしたとは思えないほど、総評価額が回復しています。

 

収支グラフ/週

2009_12__01

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切りで口座資産が約15万円になっていましたが、

なんとか30万円まで回復させる事が出来ました。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2009_12__02

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切り以降、利益率は100%を継続中です。

過去最大の損切りでなにかが自分の中で変わったのかもしれません。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2009_12__03

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切り以降、負けなしの40連勝を継続中です。

このまま勝負どころを厳選していけば、勝率を高めるのはそう難しくないかも?

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2009_12__04

 ※クリックすると拡大されます。

一番の問題が損益です。

どんなに勝率が高くても100%でない限りは、損>益がありえます。

ただし、11月末の損失は大きかったとはいえ、

必要性があり納得した結果の損切りであるので、

コントロールされた損切りとも言えます。

この状態にまで持っていってしまった事そのものに問題があり、

損切り自体には問題はないのですよね。

過程に問題があったが、損切りは悪ではないって事を実感しました。

 

月別収支&勝率

2009_12__05

 ※クリックすると拡大されます。

10月に続き、2度目の勝率100%月を達成です。

11月末から見れば、戦える程度に口座資産も回復しました。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

2009年12月28日~2010年01月01日 クロス円爆上げ-FX為替:2009取引049

・2009年12月28日~2010年01月01日 クロス円爆上げ

 

2009年 12月28日

いよいよ今年の最終週です。

英国はボクシングデーで休場な為、動意が少ない展開。

 ※"Boxing Day"

  「クリスマスの翌日で、教会が貧しい人たちのために

   寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱を開ける日」

終始様子見でした。

 

2009年 12月 29日

資源国通貨が軒並み反転上昇して来たようです。

夕方には、AUD/円が81.7を突破。

保持しているAUD/円が1ロットづつ、計2ロット

評価益になっていたのをトレール注文へ変更。

81.9で上昇後息継ぎをした所で約定、大利益です。

すこし様子見していましたが、底堅いので、

高騰対策にAUD/円を1ロット買い保持です。

 

23:00 米S&Pケースシラー住宅価格指数 予想147.00→146.58

夜までの最高値が以下のようになっていました。

ドル/円91.8、EUR/円132.6、GBP/円147.1、AUD/円82.4

NZD/円66.1、ZAR円12.355、AUD/CHF0.9269

特にランド/円の伸びがすごいです。

 

2009年 12月 30日

終始様子見でした。

 

2009年 12月 31~2009年 01月 01日

日付が変わってからも上昇が止まらず、本日最高値。

ここで高騰対策として持っていたAUD/円1ロットづつ、

2ロットの指値をトレール注文へ変更です。

ひと伸びした後息継ぎした時に約定、大利益です。

また、高騰対策に1ロット買い保持。

ここまでの高値は下記の通りです。

ドル/円92.7、EUR/円132.5、GBP/円148.6、AUD/円82.7

NZD/円66.7、ZAR円12.475、AUD/CHF0.9303

なにか寒気を感じていましたが、

頭痛もするようになり、体調がどんどん悪化。

インフルエンザかもしれません、最悪です; 

朝になるも依然として高値停滞。

そこから高騰対策AUD/円ポジが評価益になったので、

口座資産を30万円にするべく約定、小利益です。

再び高騰対策に1ロット買い保持しておきます。

 

 

会計

12月28日資産   27万 4,343円   総入金額 100万 5,000円

資産率           26.41      トータル   -73万   657円

評価損益     +123万 2,900円    評価資産 150万  7,243円

(スポット損益   +90万 3,860円   スワップ  +32万  9,040円

                     ↓

01月01日資産   30万   612   総入金額 100万 5,000円

資産率        27.29%(+0.88%) トータル  -70万 4,388円

損益          +2万 6,269    日割損益  +1万 3,134

損益率            +8.73%     日割損益率   +4.36%

勝数/敗数         5勝/0敗     平均勝率      100.0%

評価損益     +199万 1,950円    評価資産 229万  2,562円

(スポット損益  +163万 9,702円   スワップ  +35万  2,248円

口座資産+スワップ累計額    65 2,871円

口座資産+スワップ先週比   +4万 9,499円

所感:

これで2009年の取引は終了です。

結論から言えば、11月末での損切りは必要なかったですね。

ただし、これは今だからこそ言える事であり、後悔はしていません。

その代わり、現在のポジションは含み損が少なく、資産状況は大幅に改善されています。

また、初めてFXを行った初年度の成績としては、満足行く結果です。

口座資産こそ入金総額100万円に対して、30万円程度に減っていますが、

総評価額では229万円と、年利で言えば+129%となっています。

 

また、構築したスワップポジションは、現時点ですべて評価益。

1日あたり、3,206円というスワップは、

1年だと、117万 190円にもなります。(100万円入金に対して、年利+117%)

すばらしくハイレバレッジですが、この水準を維持出来れば、

8月までに 76万 9,440円のスワップが加算されている事になります。

現在の取引証拠金 18万6,750円(L200)は、

8月になるとレバレッジ規制により4倍の、74万 7,000円(L50)になりますが、

ハイレバレッジのおかげでまかなえる計算になります。

 

最悪、口座資産を増やせなくても減らしさえしなければ良いので、

コツコツ慎重にやっていきます。

 

  

口座状況

2009_12_282010_1_1

 

口座グラフ

2009_12_282010_01_01

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 35ロット(71万通貨) 合計 3,206円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:24円 × 4ロット(40万通貨) 960円/日

 

USD/JPYチャート

2009_12_282010_01_01_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2009_12_282010_01_01_audjpy_2 

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/USDチャート

2009_12_282010_01_01_audusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2009_12_282010_01_01_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2009_12_282010_01_01_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

NZD/JPYチャート

2009_12_282010_01_01_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2009_12_282010_01_01_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2009_12_282010_01_01_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2009_12_282010_01_01_2 

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2009_12_282010_01_01__01_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2009_12_282010_01_01__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2009_12_282010_01_01__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »