« 伝説の雛祭り開催-アヴァロン:日記 | トップページ | 「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」発売決定-アヴァロン:日記 »

2010年3月 6日 (土)

2010年03月01日~03月06日 米雇用統計で下降トレンド反転?-FX為替:2010取引009

・2010年03月01日~03月06日 米雇用統計で下降トレンド反転?

 

2010年 03月01日
チリ中部で2月27日未明(日本時間同日午後)に発生した、
マグニチュード8.8の大地震の影響で、銅価格が高騰。

夕方になり、クロス円はやや上昇気味な展開ですが、
ポンドはジリ下げ後に急落、132.0の安値をマークです。

22:30 米1月個人所得 予想前月比+0.4%→+0.1%
   米1月PCEコアデフレーター 予想前月比±0.0%→±0.0%
   米1月PCEデフレーター 予想前年比+2.2%→+2.1%
   米1月個人支出 予想前月比+0.4%→+0.5%

2010年 03月 02日
0:00 米1月建設支出 予想前月比-0.6%→-0.6%
   米2月ISM支払価格 予想68.0→67.0
   米2月ISM製造業景況指数 予想57.9→56.5

9:30 豪州1月住宅建設許可件数 予想前月比+1.0%→-7.0%
   豪州1月小売売上高 予想前月比+0.5%→+1.2%
小売売り上げ高の好結果からやや上昇。

12:30 豪州中銀は、政策金利を0.25%引き上げ4.00%にする事を決定した。
注目の豪州金利発表は利上げでした。
結果を見てAUD/円を1ロット買い保持するも、その後下落。
ユーロ&ポンドの引っ張りが強く、引きづられている?
その後AUD/円を1ロット買い保持後夜に評価益になったので、
トレール注文へ変更後、約定。小利益です。

夜遅くなってくると、ユーロを筆頭に反発上昇。
保持してるAUD/円2ロットが評価益になったので、
トレールへ変更後、約定。中利益です。
その後下落したので再びAUD/円1ロットを買い保持です。

ホーニグ・米カンザスシティ総裁は、
「低金利政策を暫くの間継続すると、市場に保証すべきではない」
「すぐに利上げが出来るかといえば、難しい」
「ゼロ金利は持続不可能である」
「今年の資産売却は困難」
「市場は政策金利引き上げへの準備が必要」
と述べた。

コチャラコタ・米ミネアポリス連銀総裁は、
「小規模な銀行が次の危機招く可能性」
「今後二年間の経済成長率は3%の見通し」
「今年の失業率は9%以上にとどまるだろう」と述べた。

パパンドレウ・ギリシャ首相は、
「最悪を免れるために、必要な決定は全て行なう」
「新しい鉱山などの発見に力を注ぐ」
「EUサポートが必要である」
「ギリシャの借金は3,000億ユーロに到達し、GDPを大幅に上回っている」
など述べている。

2010年 03月 03日
9:30 豪州10-12月期GDP 予想前期比+0.9%→+0.9%
上値は重く依然として停滞。

夕方になってAUD/円が下落気味だったので、
1ロット買い保持です。

22:15 米2月ADP雇用統計 予想-2万人→-2万人

ギリシャ内閣は、
48億ユーロ(64億9000万ドル)の追加の財政緊縮措置を決定した。

米ダラス連銀のフィッシャー総裁は、
「米国経済は力強くない」
「雇用拡大は企業の景況感次第」
「低金利は当分続くと予想」
「米金融当局はより正常な政策運営に戻る」
「景気回復は緩やか、景気の二番底は予想していない」
「大手金融機関の解体で合意を呼びかける」
「FRBの監督権制限は賢明ではない」などと語った。

ユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は、
「ギリシャの追加財政措置を歓迎する」
「ユーロ圏は断固たる協調行動を講じる用意」などと発言した。

ロシア中銀のウリュカエフ副総裁は、
「金保有高の引き上げを目指す方針」と発言した。

欧州連合(EU)欧州委員会のバローゾ委員長は、
「ギリシャの追加財政措置を歓迎する」
「ギリシャの計画はユーロ圏の安定にとって重要」などと発言した。

ダラス連銀総裁は、
「過去10年ではあまりに低い金利を、あまりに長く維持し過ぎた」
「FRBは過去の失敗を繰り返してはならない」
「失業率は再び10%を上回る水準に上昇する可能性もある」
などと発言した。

ギリシャのパパコンスタンティヌ財務相は、
「このような金利で借り入れは継続できない」
「IMFの選択肢を排除できない」などと発言した。

ドイツのメルケル首相は、
「ギリシャの行動はユーロの信任を高めるシグナル」などと発言した。

IMFは、
「ギリシャの思いきった財政政策を歓迎」
「ギリシャの提案は非常に力強いプログラム」
「計画実行の準備は整っている」など、声明を発表した。

ECBは、
「ギリシャの赤字削減策を歓迎」
「措置が迅速に実行されると期待」など、声明を発表した。

2010年 03月 04日
0:00 米2月ISM非製造業総合指数 予想51.0→53.0

格付大手ムーディーズは、
ギリシャの格付けを維持するが、
緊縮財政措置の実行次第では変更もあり得ると発表した。

格付け会社フィッチ・レーティングスのシニアアナリスト
クリス・プライス氏はロイターに対し
「ギリシャは財政赤字削減に向けてより断固たる措置を
 取ろうとしているようだ。
(緊縮財政措置は)プラスになる。
 恐らく市場は貸し出しに一段と積極的になるだろう」
と述べた。
格付けについては、
「直ちに変更するとは考えなかったが、
(新たな措置は)明らかに良い一歩だ」と話した。

オバマ政権がまとめたボルカールール法制化素案内容が明らかとなった。

-銀行の自己勘定取引の禁止
-他の大手金融機関の自己勘定取引の制限
-銀行による、ヘッジファンド、
プライベート・イクイティ・ファンドに投資及び出資を禁止
-金融機関同士の統合する際、
負債総額が金融システムの10%を越える場合には、認可しない

22:30 米10-12月期単位労働コスト(改定値)予想前期比-5.9%→-4.5%
   米10-12月期非農業部門労働生産性(改定値)
       予想前期比+6.3%→+6.9%
   米新規失業保険申請件数 予想47万件→46万9000件

ECB(欧州中銀)トリシェ総裁は、
「ECBの金利は適正水準」
「インフレは引き続き抑制されている」
「回復は順調であり、ユーロ圏経済は今年、緩やかなペースで成長へ」
「低インフレは購買能力を押し上げへ」
「固定金利での1カ月物資金供給、必要な限り継続」
「3カ月物供給は従来方式に回帰へ」
「3カ月物資金供給は今年4月から変更」
「ユーロシステムは今後も銀行の流動性供給へ」
「異例の措置を徐々に解除していく」
「供給した流動性は必要な時期に吸収へ」
「中期的なインフレ圧力は低い」
「ECBは徐々にタイムリーに流動性供給解除している」
「この日の決定は金利に関するシグナルではない」
「各国政府は赤字削減へ断固とした行動を」
「すべての政府が安定協定に基づく基準を満たす必要」
「ギリシャは財政目標達成への強い決意を見せた」
「ギリシャがユーロ脱落との考えは非現実的」
「IMFのテクニカルな支援は非常に重要」
「IMFを支援の提供役とするのは適切ではない」
「市場はECBが常に物価安定を維持すると認識している」
「この日の金利決定は全会一致」
「刺激策の解除については圧倒的な意見の一致」
「インフレに関するIMFの勧告は全く外れている」
「IMFのインフレ勧告は学術的研究を無視している」
「IMFのインフレ勧告は危険極まる」
「ユーロ圏はユーロについての発言統一を」
「強いドルは米国の利益にかなう」
「ECBは次期副総裁にコンスタンシオ氏を歓迎」などと述べた。

トリシェ総裁の声明により、今まで塞がれていた上蓋が開放。
相場が少し前の水準まで回復しました。
昨日保持したAUD/円1ロットが評価益になったので、
トレール注文へ変更後、約定。中利益です。

2010年 03月 05日~06日
0:00 米1月中古住宅販売成約指数 予想前月比+1.0%→-7.6%
   米1月製造業受注指数 予想前月比+1.8%→+1.7%

反発しかけていた相場が米指標の悪化から反転へ。
米雇用統計待ちな展開です。

22:30 米2月製造業雇用者変化 予想-1万5000人→+1000人
   米2月平均時給 予想前月比+0.2%→+0.1%
   米2月失業率 予想9.8%→9.7%
   米2月非農業部門雇用者変化 -6万8000→-3万6000人
米雇用統計が悪いだろうと言われていた予想を裏切りサプライズ!
しかし、上値に天井があるかのように拮抗です。
評価益になっていたAUD/円の2ロットを、
トレール注文へ変更後、約定。大利益です。
2月頭の損切り額を取り戻し、総評価額が300万円を突破

日付が変わる頃にはAUD/円が82円を突破、ジリ上げ継続ですが、
それから様子を見た後、評価益になったAUD/円1ロットに
トレールをセット後、約定。中利益です。

 

 

会計 2010年

03月01日資産   40万 1,930円   総入金額 100万 5,000円

資産率           39.99      トータル   -60万 3,070円

評価損益     +185万 8,746円    評価資産 226万    676円

(スポット損益  +132万   567円   スワップ  +53万  8,179円

                     ↓

03月06日資産   43万 6,890円   総入金額 100万 5,000円

資産率        43.47%(+3.48%) トータル  -56万 8,110円

損益           3万 4,960円    日割損益       8,740円

損益率           +8.00%      日割損益率   +2.00%

勝数/敗数     7勝/0敗(23連勝中)  平均勝率      100.0%

評価損益     +263万 4,890円    評価資産 307万  1,700円

(スポット損益  +207万   861円   スワップ  +56万  4,029円

口座資産+スワップ累計額   100   839円

口座資産+スワップ先週比    +6万   730円

所感:

ユーロ危機の内、ギリシャの緊縮政策の公表にユーロは立場を表明。

幾分かユーロに対する懸念が和らぎました。

そこへ、日銀の追加金融緩和+米雇用統計のサプライズで吹き上げました。

来週からはこの流れが継続するか、ジリ下げに戻るかが焦点です。

 

口座の方は、スワップポジションのAUDCHFが物凄い事になっています。

その影響で口座の総評価額が初の300万円超えの大台に乗りました。

さらに、2月頭のギリシャ危機での損失を全額回収完了。

また、口座資産+スワップ累計額も100万円を超えました

下落時の評価額から2倍以上になっていますが、

相場から受ける資産変動率が高すぎます。

どこでリスクヘッジポジションを建てるかが今後の課題ですね。

 

 

口座状況

2010_03_012010_03_06

 

口座グラフ

2010_03_012010_03_06_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,328円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:38円 × 6ロット = 228円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 3ロット

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-6円 × 3ロット = -18円/日

AUD/CHFの買いスワップが、83 → 80 へ減少。

CAD/JPYの売りスワップが、-9 → -6 へ減少しています。

豪州政策金利の利上げ(3.75%→4.00%)で来週にはスワップが増えるでしょう。

 

USD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_03_012010_03_06_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

NZD/USDチャート

2010_03_012010_03_06_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

ZAR/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_03_012010_03_06_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_03_012010_03_06__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_03_012010_03_06__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_03_012010_03_06__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« 伝説の雛祭り開催-アヴァロン:日記 | トップページ | 「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」発売決定-アヴァロン:日記 »

FX為替:2010取引」カテゴリの記事

コメント

先週はイベント盛りだくさんの週でしたね

どうにか雇用統計で↑になったのでほっとしてます^^

投稿: WIN | 2010年3月 7日 (日) 13時26分

なこさん こんにちは~

先週末までは、安値を探りに行くかとヒヤヒヤしていましたが、雇用統計で蓋が外れて助かりました。
来週辺りに、資金追加するつもりでしたが、調子に乗りそうなので、いまのレベルでもう少し頑張ってからにしたいと思います。

投稿: 貧乏おやじ | 2010年3月 7日 (日) 17時25分

WINさんへ

こんばんは~。
米雇用統計では好結果の場合も想定していましたが、
なんとか吹き上げてほっとしています。
去年季節的に上げたのは5~6月だったので、
まだ下落相場はやってくると思っています。
しっかり相場についていきましょう~!


貧乏おやじさんへ

こんばんは~。
わたしの見解では、上蓋は雇用統計前に外れてて、
雇用統計で点火したという印象ですね。
ただ、まだ下値にサポートは形成されていないと見ています。
だから、
 ・中国金融引き締め
 ・米ボルカールール
 ・ユーロ危機
のどれかでも再噴出すると、再び足を引っ張られる可能性があります。
気をつけていきましょう~。

資金が少なくて運用ポジ数制限された状態こそ、
その人の底力が試される状況だと思ってます。
そういう状態は自分を信じれるか?が大事なので、
貴重な体験になりますよ、応援しています~^^

投稿: なこ | 2010年3月 7日 (日) 19時02分

なこさん こんばんは~

今朝の上昇で、あっさり83円台まで行くかと思いましたが、無理でしたね(笑)

ヘッジ用のロングポジを持ったので、少々トラップを増やして勝負に出ました!
最悪、駄ポジと相殺させればリスクは少ないかと思っていますが、期待取りに行くかが問題ですね・・・

投稿: 貧乏おやじ | 2010年3月 8日 (月) 22時05分

貧乏おやじさん、こんばんは~。

材料がなく、ジリ上げするけれど勢いがありませんね。
売り仕掛けと買い期待が交錯?
上げが継続するなら84円台までは行くように思えますが、
力足りずに下げ出すと80円台に戻りそうなので、
その辺りの展開は頭に入れた方が良いですね。

わたしの方はギリシャ危機のトラップ残骸があり、
スワップもなかなか実ってるので回収目標です。
貧乏おやじさんの仕掛けが上手く行くように応援してます~。

投稿: なこ | 2010年3月 8日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133760/33658735

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年03月01日~03月06日 米雇用統計で下降トレンド反転?-FX為替:2010取引009:

» モザイクは除去できるのか?モザイク消し機の検証と真実 [モザイクは除去できるのか?検証と真実]
モザイク消し機の検証と真実 [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 17時18分

« 伝説の雛祭り開催-アヴァロン:日記 | トップページ | 「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」発売決定-アヴァロン:日記 »