« 記憶脳と思考脳の応用力-FX為替:脳力開発3 | トップページ | FXの成績を公開する意義について-FX為替:FXについて »

2010年3月20日 (土)

2010年03月15日~03月20日 燻るギリシャに上がらない豪ドル-FX為替:2010取引011

・2010年03月15日~03月20日 燻るギリシャに上がらない豪ドル

 

2010年 03月15日
豪ドルなどは上窓開けだったものの、ジリジリ下落。

22:15 米2月設備稼働率 予想72.5%→72.7%
    米2月鉱工業生産 予想前月比±0.0%→+0.1%

 

2010年 03月 16日
深夜3時過ぎにAUD/円が下落。
セットしている指値には3pips程度届きませんでした。

9:31 豪州中銀は、3月2日に開催された議事録を公表した。
「金利は段階的に正常水準に移行させるのが適切」
「基調インフレは目先一段と低下する見込み」
「ギリシャ関連でソブリンリスクについて議論した」
といった内容が示されている。

豪州議事録に政策金利利上げを示唆する内容は乏しく、
AUDが下落しました。
この時に指値にHITし、AUD/円を1ロット買い保持です。

日銀は朝方の定例調節で即日実施のオペを見送り、
当座預金残高13兆7000億円、
準備預金残高10兆7000億円とする調節姿勢を維持した。

仕事の終了後にAUD/円が高騰してきたので、
1ロットをトレールへ変更後、ひと伸びして約定。中利益。
少し下落した後、83円台へ乗せた所で、
1ロットをトレールへ変更後、約定。小利益です。
その後、AUD/円を1ロット買い直し。

21:30 米2月建設許可件数 予想年率60万1000件→61万2000件
   米2月住宅着工件数 予想年率57万件→57万5000件
   米2月輸入物価指数 予想前月比-0.2%→-0.3%

豪ヘラルド・サン紙のRBAウォッチャーである
テリー・マックラン氏が、
「RBAは利上げの影響を見るため、
 4月、5月と金利を据え置く可能性がある」と指摘。
この指摘の為に、豪ドルが売られた模様、やめてよね~;

 

2010年 03月 17日
3:13 米FOMCは、政策金利を現行の0.25%に据え置くことを発表した。
 「金利を長期間入れに低い水準に維持する事を確約」
 「ホーニグ・カンザスシティ連銀総裁は低金利政策の長期化に反対」
 「経済活動は引き続き強い」
 「景気回復と物価安定に必要な手段を講じる」
 「MBSと政府機関債の購入は今月末に終了」
 「インフレは当面抑制されたままの状態を予想」
 「労働市場は安定しつつある」

朝起きてみるとFOMCは材料になるほどの発表はありませんでした。
また、AUD/円が83円台まで回復していたので、
昨夜の1ロットをトレールへ変更後約定。小利益です。

12:51 日銀は、事前報道通りの20兆円へ新型オペの拡大決定した。

日銀の白川総裁は、新型オペの拡充について、
「為替が目的で実施したわけではない」
「景気と物価の動きを確かなものにするのに資する」
「量的緩和の拡充ではない」
「当座預金残高を金融調節の目標にしていない」
「物価は1月の中間評価の想定におおむね沿っている」
などと発言した。

平野官房長官は、
「追加的なデフレ対策が必要ならば講じることが考えられる」
「追加経済対策に関しての鳩山首相と亀井金融相との会談の内容は知らない」
などと発言した。

菅財務相は、デフレ脱却について
「政府・日銀が共通の目標に向かって努力していく」
「即効性のある政策はない」
「日銀の対応は一歩踏み出したことを評価」などと発言した。

仕事が終わった夜にAUD/円が高騰してきたので、
1ロットづつ計2ロットをトレールへ変更後、約定。中利益。

21:30 米2月コアPPI(生産者物価指数)予想前月比+0.1%→+0.1%
   米2月PPI(生産者物価指数)予想前月比-0.2%→-0.6%

 

2010年 03月 18日
深夜起きてみるとAUD/円が一度下落して再上昇していました。
下落した時に指値にHITして評価益になっていたので、
トレール注文へ変更後、再度指値をセットしてお休みです..zzZZ

朝確認すると、トレール注文は微利益で約定。
指していた指値にはHITしてAUD/円1ロットを持ち直していました。
それから評価益になったので、成行で約定。小利益です。
折り返しに再度、指値をセットしておきます。

日中はギリシャ問題が蒸し返し下落した様で、
指値にHITしてAUD/円を1ロット保持していました。

21:30 米2月コアCPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→+0.1%
    米新規失業保険申請件数 予想45万5000件→45万7000件
    米2月CPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→±0.0%
    米10-12月期経常収支 予想-1190億ドル→-1156億ドル

23:00 米3月フィラデルフィア連銀製造業景況指数 予想18.0→18.9
    米2月景気先行指数 予想前月比+0.1%→+0.1%

 

2010年 03月 19日~20日
動意がなく材料もない事から終始様子見。

22:43 インド中銀は、
   リバースレポ金利を3.25%から3.50%に引き上げると発表した。

0:36 ロシア中銀は、7億ドル規模のドル買い介入を実施した模様。
   ルーブルの対通貨バスケット変動幅を33.95-36.95ルーブルに変更した。

 

 

会計 2010年

03月15日資産   47万 8,924円   総入金額 100万 5,000円

資産率           47.65      トータル   -52万 6,076円

評価損益     +262万 4,347円    評価資産 310万  3,271円

(スポット損益  +204万 1,372円   スワップ  +58万  2,975円

                     ↓

03月20日資産   50万   275円   総入金額 100万 5,000円

資産率        49.77%(+2.12%) トータル  -50万 4,725円

損益         +2万 1,351円    日割損益       7,117円

損益率           +4.26%      日割損益率   +1.42%

勝数/敗数     7勝/0敗(39連勝中)  平均勝率      100.0%

評価損益     +279万 6,732円    評価資産 329万  7,007円

(スポット損益  +219万 2,084円   スワップ  +60万  4,648円

口座資産+スワップ累計額   110 4,923円

口座資産+スワップ先週比    +4万  3,024円

所感:

相場は狭いレンジでほぼ停滞。

ギリシャ懸念もぶり返され、中国金融引き締め警戒感も強いです。

対して輸出勢の円転もこれでピークは過ぎると思われ板ばさみ。

どちらに向かうのでしょうか?

 

口座の方は、口座資産が50万円まで回復しました。

去年の11月末にあったドバイ・ショックの損切りから、

35万円近く取り戻した事になります。

また、口座の総評価額は3週連続で300万円台を維持

1月から増えている、口座資産(約20万円)とスワップ累計額(約25万円)の

底上げも大きいと思いますが、この状態を保存する為、

本格的なリスクヘッジで蓋をするタイミングを虎視眈々と狙います^^

 

 

口座状況

2010_03_152010_03_20

 

口座グラフ

2010_03_152010_03_20_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,465円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:85円 × 25ロット = 2,125円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:40円 × 6ロット = 240円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 3ロット

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-10円 × 3ロット = -30円/日

AUD/CHFの買いスワップが、80 → 85 へ増加。

CAD/JPYの売りスワップが、-8 → -10 へ増加しています。

ようやく、豪州政策金利の利上げ(3.75%→4.00%)効果が出ました。

 

USD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_03_152010_03_20_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_03_152010_03_20_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_03_152010_03_20_3 

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_03_152010_03_20__01_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_03_152010_03_20__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_03_152010_03_20__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« 記憶脳と思考脳の応用力-FX為替:脳力開発3 | トップページ | FXの成績を公開する意義について-FX為替:FXについて »

FX為替:2010取引」カテゴリの記事

コメント

なこさん こんばんは~

今週は、ユーロ以外は大人しい動きが続いていたので、資金の増減がなく助かりました。

週明けの相場が少し心配です。

投稿: 貧乏おやじ | 2010年3月20日 (土) 21時53分

貧乏おやじさん、こんばんは~。

今週の動向を見る限り、
急落してもおかしくないかもしれませんね。
ギリシャ問題が収束しないと上値の重さが開放されなさそうです。
逆に解決すれば、年初来高値いくかも?

投稿: なこ | 2010年3月21日 (日) 00時57分

お見事なポジの蓋・・・
どの通貨で蓋をするのかお決まりでしょうか?
カナダ・ドル・CHF。。。
ヘッジは悩みますよね^^;

投稿: WIN | 2010年3月21日 (日) 10時35分

WINさん、こんばんは~。

蓋のタイミングは悩みますね。
ピークは5~6月あたりと思うものの、
チャートを見ると下落しそうにも見えます;

蓋(リスクヘッジ)の通貨はCAD/円の売りに決めています。
資源国通貨で相関がありますからね。
ドルはいづれ高くなりそうだし、
CHFはAUD/CHFのペアがあるので、
ヘッジとしてはイマイチな為です~。

投稿: なこ | 2010年3月21日 (日) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133760/33858379

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年03月15日~03月20日 燻るギリシャに上がらない豪ドル-FX為替:2010取引011:

» スライム乳の小向美奈子が関西初登場  [【ストリップ】小向美奈子が関西進出!【スライム乳】 ]
小向美奈子 京都DX東寺劇場に出演!スライム乳!緊縛も! [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 07時08分

» NaviCreator.com 設置サイトランキング [無料アクセスアップNaviCreator.com]
このサイトに投稿登録すればサイトのアクセスアップは間違いなし!でも、意外と知らない人も多い。SEO対策にもってこいのサイトでもあります。 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 15時31分

« 記憶脳と思考脳の応用力-FX為替:脳力開発3 | トップページ | FXの成績を公開する意義について-FX為替:FXについて »