« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の14件の記事

2010年3月31日 (水)

ついにデュアルモニター環境へ-パソコン

・ついにデュアルモニター環境へ

 

わたしは自分のパソコンに少しづつ手を入れています。

去年末には、起動用のHDDをSSDへ変更しました。

 

とりあえずPCのスペック的には満足なのですが、

FX取引を行うようになってからは、

1つの画面に複数のウインドウを重ね合わせて表示していました。

使う分にはコレでも問題は無いのですが、

出来れば他の作業中にも別に表示しておけたらいいなとは思っていました。

 

しかし、モニターを買えばお金が掛かるので、先延ばしにしていた所・・・

知り合いから、知り合いの会社の事業閉鎖により、

余って使い道が無くなった17インチ液晶を譲り受ける事に!

この場を借りて・・・「ありがとうございます~♪」

 

 

デュアルモニター化へ

さて、デュアルモニターを行う為のモニターは確保出来ました。

少し調べてみると・・・

画像出力コネクタが2つ以上あるとデュアル出力出来るという事がわかりました。

わたしのビデオカードは内臓ではなく、外付け格安品。

 (QLEADTEK製 WinFast PX9400GT 約4,500円 ※1年前)

場合によってはビデオカードを買い換えないといけないかも?

しかし、画像出力コネクタは通常のPCモニター用コネクタの【D-SUB15ピン】と、

もう1つ【DVI-I29ピン】コネクタが付いていました。

また、モニター側のコネクタは【D-SUB15ピン】となっています。

 

そこでPCショップへ出かけて、【D-SUB15ピン】【DVI-I29ピン】となっている

モニターケーブルを探した所、見つけました!

ELECOMの「DVIケーブル」というやつです。 ※約1,800円程度

_cacdvi_ex1_2

 ※エレコムダイレクトショップ DVIケーブルより一部抜粋

 

エレコムダイレクトショップ DVIケーブル

http://store.shopping.yahoo.co.jp/elecom/4953103156357.html

 

 

デュアルモニター設定

不安はあったものの早速取り付け、PCの電源を入れると・・・

プラグアンドプレイが働き、自動検出。

 ・各ディスプレイを個別設定へ

_01_3 

 

無事に表示されましたが、

メインモニターが15インチで、追加したモニターは17インチ。

画面を目一杯使うべく設定変更~。

_02

 ※ディスクトップ上で右クリックメニュー→プロパティ→設定

 

この様に分割画面になりました!

   メイン:15インチモニター      サブ:17インチモニター

_03_4

     1024×768       ←→       1280×1024

スタートボタンやアイコンなどは、メインモニター側へ表示されており、

メイン画面の右側へウインドウをドラッグすると、サブ側へ持っていけます。

また、サブ側から見ると左側がメイン側へ繋がっている感じですね。

なかなかいい感じかも~♪

モニターさえ確保出来れば結構簡単にデュアルモニター環境に出来ますね^^

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2010年3月28日 (日)

トゥインクル&リリカルボイスクラブセット-パンヤ:日記

・トゥインクル&リリカルボイスクラブセット

 

スカッっとゴルフ パンヤで、今週のメンテナンスから新しいCPガチャレアが登場しました。

・新ボイスクラブのCP販売版、トゥインクルボイスクラブセット。

・新ボイスクラブのガチャレア版、リリカルボイスクラブセット。

期間は、2010年 3月25~4月28日の約一ヶ月間となっています。

 

声優とキャラクター一覧

ケン:保志 総一朗
エリカ:早見 沙織
ダイスケ:置鮎 龍太郎
セシリア:遠藤 綾
マックス:中村 悠一
クー:戸松 遥
アリン:藤村 歩
カズ:福山 潤
ルーシア:水樹 奈々

 

新ボイスクラブセット特設ページ

http://www.pangya.jp/event/201003voiceclub/

特設ページでは、声優のサインの応募コーナーなどがあります。
 

2010__01

 

こちらは、78CPで一般販売している、トゥインクルボイスクラブセット。

一般販売版なので能力は低めです。

2010__02_2

 

そしてこちらがCPガチャレア版のリリカルボイスクラブセットです。

イクシードボイスクラブセットがあるので、必要はなかったのですが、

がんばってCPガチャからだしてみました・・・。

30回も回しました・・・;

CPガチャが新モーションになってからレア率が低くなっている様な気がしますが、

知り合い曰く、簡単に出るよ?との事。

リアルラックが低いだけなのかしらん?(><;

 

2010__03

 

ちなみに、

イクシードボイスクラブセットは、上から 15・12・10・4・4 で、

合計値は、リリカルボイス&ミスリルクラブセットと同じです。

また、ミラクルボイスクラブセットの合計値は、

イクシードボイスクラブセットの合計値よりも、+1になっています。

 

欲しい人はこの機会に入手しておくようにしましょう~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

2010年03月22日~03月27日 ようやくギリシャ問題沈静?-FX為替:2010取引012

・2010年03月22日~03月27日 ようやくギリシャ問題沈静?

 

2010年 03月22日
市場開放後、やや下落気味。
ここでAUD/CHFとAUD/USDを1ロットづつ買い保持します。
しかし、その後下落したのでAUD/円を1ロット買い保持。
夕方になっても下落気味でしたが、AUD/USDを一度取引して、
微利益です。
豪ドルのこの重さはなんなのでしょうか、やっちゃったかも;

米下院は本会議で、
オバマ大統領の悲願でありすでに上院で可決している
医療保険改革法案を賛成219票、反対212票と賛成多数で可決、
大統領が署名し成立する見通しとなった。
今後10年間で米国内の無保険者を3200万人減少、
保険加入率を83%から95%に引き上げる内容。
10年間の総費用は9400億ドル(約85兆円)と見込まれるが、
高額保険への課税や高齢者向け公的保険の効率化などによって
財政赤字を1380億ドル削減できる。

ブラード・セントルイス連銀総裁は、
「長期にわたり低金利を維持とのFOMCの方針は、
 特定の利上げ時期を意識していると認識」
「米国の雇用環境は、曲がり角に接近している」などと発言した。

バローゾ欧州委員長は、
「EUとしてのギリシャ問題解決へ向けた姿勢を今週にも策定」

ノワイエ仏中銀総裁は、
「新たな銀行資本規制はバランスよく実施を」
「銀行のトレーディングに関しては引当金を強化すべき」
などと発言した。

パンガロス・ギリシャ副首相は、
「独は銀行によるギリシャへの投機を許している」
「輸出の支援となるユーロ安が独の一番の関心事」

ウェーバー独連銀総裁は、
「ユーロ16カ国の一部は競争力を失った」
「独経済は異常なほどに輸出に依存していた」
「ユーロの安定性を利用していない国がある」などと発言した。

22時頃には、クロス円が軒並み下落。
指値にHITして、AUD/円を1ロットづつ2ロット買い保持。
その内1ロットは指値ミスです;
この下落で下記安値をマークしました。
ドル/円89.8、EUR/円121.0、GBP/円134.5、AUD/円81.6
NZD/円62.9、ZAR/円12.085、AUD/CHF0.9649

その後反騰したので、AUD/円を1ロットトレールへ変更後、
ひと伸びしてから約定。小利益です。

ユーロ・グループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は、
「ギリシャにはEU、IMF双方による支援が可能」などと発言した。

パパンドレウ・ギリシャ首相は、同国議会において
「EUの規定する水準まで財政赤字を縮小する」
「財政赤字削減のため金融支援を要請したことは無い」等と述べた。

トリシェECB総裁は日
「ユーロ圏債の発行を支持しない」
「必要ならば国債の格付け条件を再検討する」等と述べた。

ゴンザレス・パラモECB専務理事は、
「通貨はファンダメンタルズを反映すべき」
「財政政策は持続不可能となる恐れがあるため、
 非常に慎重になる必要がある」等と述べた。

 

2010年 03月 23日
朝起きてみると、昨日の朝近くまで相場が回復していました。
保持していたAUD/ドルを成行で約定、小利益。
評価益になっているAUD/円をトレールへ変更し、指値をセットです。
トレールは約定され小利益。とりあえずは一安心ですね。

仕事中に高騰していたみたいですが、帰る頃には下落してました。
高値保持しているAUD/CHFを微利益で撤退。
スイス政府の介入動向があやしいので、リスクを取らない事

22:59 米3月リッチモンド連銀製造業指数 予想5→6
   米OFHEO(連邦住宅公社監督局)1月住宅価格指数
        予想前月比-0.8%→-0.6%
   米2月中古住宅販売件数 予想年率500万件→502万件

2010年 03月 24日
17:58 ユーロ圏3月製造業PMI(購買担当者指数・暫定値)予想54.0→56.3
   ユーロ圏3月非製造業PMI(購買担当者指数・暫定値)予想52.0→53.7
17:59 ユーロ圏3月総合PMI(購買担当者指数・製造業+非製造業・暫定値)
          予想53.8→55.5

レーン欧州委員(経済・通貨問題担当)は、
「EUはギリシャ対応の枠組み設定の用意がある」
「今週のEU首脳会議でギリシャ問題の決定を目指す」
などと発言した。

ドイツ当局者は、
IMFのギリシャ支援について米国と協議した事を明らかにした。

21:30 米2月耐久財受注(除輸送機器)予想前月比+0.6%→+0.9%
   米2月耐久財受注 予想前月比+0.6%→+0.5%
ニジリ上げていた相場ですが、米指標の高結果をキッカケに上昇。
少し様子を見た後、AUD/円をトレール後、ノイズで約定、小利益。
ちょっと早かった;
高騰対策にAUD/円を1ロット買い保持しておきます。

23:00 米2月新築住宅販売件数 予想年率31万5000件→30万8000件

 

2010年 03月 25日
日付が変わる頃からAUD/円が急落。
指値にHITしてAUD/円を1ロット買い保持。
すぐにリバウンドしたのでトレールへ変更後、約定。小利益です。

格付け会社フィッチ・レーティングスは、
ポルトガルの格付けを「AA」から「AAマイナス」に引き下げ、
見通しを「ネガティブ」とした。

ロウRBA(豪中銀)総裁補佐は、
「金利は正常な水準に向け緩やかに上昇する可能性がある」
「世界の不透明感解消を待つのは、
 金利への措置が後手になる恐れ」などと述べた。

相場は依然としてジリ上げ。
仕事から帰って見ていると、豪ドル/円が本日高値トライしていたので、
評価益のAUD/円1ロットづつの計2ロットをトレールへ変更後、約定。
大利益です。
また、CAD/円が節目と思っていた90円に到達したので、
6ロット売り保持。リスクヘッジポジションとします。

21:30 米新規失業保険申請件数 予想45万件→44万2000件

22:10 南ア中銀は、
   政策金利を0.50%引き下げ6.50%にする事を決定した。
南ア中銀マーカス総裁は、
「インフレ見通しは少なからず改善した」
「インフレ期待は抑制されている」
「インフレ目標は予想より早く達成可能」などと語った。

AUD/円が84円半ばまで急進したので、1ロットをトレールへ変更後、
約定。中利益。指値を再セットした所、HITして買い保持です。

ドイツのメルケル首相は、
「EUはユーロの安定を確実にする必要ある」
「ギリシャ支援は最後の手段に」
「ギリシャ支援はIMFとEUと2国間融資の組み合わせに」
などと述べた。

バーナンキFRB議長は、
「経済にはなお緩和的な政策が必要」
「出口戦略の手段と時期は景気見通し次第」
「刺激策の反転に完全な信頼を置いている」
「より正常なバランスシート回復は長期的目標」
「経済のたるみとインフレ抑制で低金利は正当」
「いつかは引き締めを開始する必要がある」
と改めて低金利政策の長期化を表明した。

 

2010年 03月 26日~27日
サルコジ仏大統領は、
「市場はユーロ圏とIMFによるギリシャ支援を承知」
「ギリシャ支援計画の規模にはコメントしない」などと発言した。

連日の上げの反動で日中は下落。
この間に指値にHITしてAUD/円を買い保持です。
夜になり相場が反騰してきたので、AUD/円の1ロットを
トレールへ変更後、約定。小利益です。

21:30 米10-12月期コアPCE(確報)予想前期比+1.6%→+1.8%
   米10-12月期GDP価格指数(確報)予想前期比+0.4%→+0.5%
   米10-12月期個人消費(確報)予想前期比+1.7%→+1.6%
   米10-12月期実質GDP(確報)予想前期比年率+5.9%→+5.6%

22:55 米3月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報)予想73.0→73.6

グリーンスパン前FRB議長は、
「大規模な政府債務が国債相場に影響を及ぼしている」
「短期的な見通しは明るいが、長期的な先行きを懸念している」
「中国で資産価格のバブルが発生している」
「ドルとユーロは両方ともに下落するだろう」
「国債金利の上昇は炭鉱のカナリア」
「米失業率は今後1年でやや低下へ」
「現在の回復は昨年3月の市場底入れの結果」
などと発言した。

オバマ大統領は、ロシアとの新核軍縮条約合意に関し、
「明確、かつ具体的な進歩」等と述べた。

ウォーシュFRB理事は、
「インフレ目標引上げはインフレ期待を高める」
「経済的課題はまだ根強く残っている」
「中国は相当大きなバブル経済」
「結果を予想する事は困難」
「デフレリスクを必要以上に心配していない」
「インフレリスクを楽観し過ぎるのは禁物」等と述べた。

プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁は、
FRBのバランスシートの問題に関し、
「市場が機能しているのならば、
 住宅ローン担保証券(MBS)を売却しても
 金利に多大な影響を与えることは無いだろう」等と述べた。

ビーニ・スマギECB専務理事は、、
「ギリシャ危機の最悪のシナリオは回避した」等と述べた。

プロボポラス・ギリシャ中銀総裁は、
 緊縮財政政策が効果を発揮すると見られていることから、
「ユーロ首脳が合意した支援策を利用する必要はない」
との見方を示した。

ブラウン英首相は、
「英国は大幅な歳出削減を行っている」等と述べた。

ペルー中銀は、
 2010年のGDP成長率見通しを5.5%とした。

トリシェECB総裁は、
「ユーロは欧州のインフレ上昇要因ではない」等と述べた。

朝起きて確認してみると、深夜に相場が下落し、
いくつかの指値がHITしており、AUD/円を複数保持していました。

 

 

会計 2010年

03月22日資産   50万   275円   総入金額 100万 5,000円

資産率           49.77      トータル   -50万 4,725円

評価損益     +279万 6,732円    評価資産 329万  7,007円

(スポット損益  +219万 2,084円   スワップ  +60万  4,648円

                     ↓

03月27日資産   53万 5,906円   総入金額 100万 5,000円

資産率        53.32%(+3.55%) トータル  -46万 9,094円

損益         +3万 5,631円    日割損益      +7,126円

損益率           +6.64%      日割損益率   +1.32%

勝数/敗数    12勝/0敗(51連勝中)  平均勝率      100.0%

評価損益     +269万   538円    評価資産 322万  6,444円

(スポット損益  +207万   892円   スワップ  +61万  9,646円

口座資産+スワップ累計額   115 5,552円

口座資産+スワップ先週比    +5万   629円

所感:

ようやくギリシャに対する支援が決定した模様です。

ユーロ圏諸国から66%、IMFから33%の負担率。

相場はこの事から、ユーロが戻し傾向になっています。

また、先々週あたりからスイス政府のEUR/CHF介入姿勢が解除されている模様。

現在は、リーマンショック水準を突き抜けていますが、

自然反転を待つか、戻りバイアスを後押しするつもりなのでしょうか?

  

EUR/CHFチャート

2010_03_222010_03_27_eurchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

口座の方は、リスクヘッジポジションを増築しました。

バブルっぽい中国と、ボルカールールの米国の動向に対する予防線を張ります。

今年中は大丈夫と思うのですけどね^^

 

リスクヘッジポジションを構築する-FX為替:戦略計画8

http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/-fx-f691.html?cid=65471036#comment-65471036

 

 

口座状況

2010_03_222010_03_27

 

口座グラフ

2010_03_222010_03_27_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,465円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:85円 × 25ロット = 2,125円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:40円 × 6ロット = 240円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 9ロット

・CAD/JPY [87.86] 1ロット:-10円 × 9ロット = -90円/日

リスクヘッジポジションのCAD/JPY(売り)を6ロット追加保持しました。

 

USD/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_03_222010_03_27_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_03_222010_03_27_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_03_222010_03_27_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_03_222010_03_27_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_03_222010_03_27__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_03_222010_03_27__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_03_222010_03_27__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2010年3月25日 (木)

リスクヘッジポジションを構築する-FX為替:戦略と計画8

・リスクヘッジポジションを構築する

 

このカテゴリは、実際にわたしが行ってきたFXの戦略と計画を綴るものです。

 

戦略計画フェーズ

戦略計画1:最初の1ヶ月間はリスク体験を行う

        2009年-1ヶ月間のリスク体験:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/fx1-fx-0e9f.html

戦略計画2:取引手法の改善を行う

        2009年-取引手法の改善:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-4ee4.html

戦略計画3:取引通貨ペアの選択を行う

        2009年-取引通貨ペアの選択を行う:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-8d7c.html

戦略計画4:スワップポジションを構築する

        2009年-スワップポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a7b2.html

戦略計画5:口座資産を黒字にする(初年度最終目標)

        2009年-口座資産を黒字にする:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-10d3.html

戦略計画6:ドバイ・ショック直撃

        2009年-ドバイ・ショック直撃:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a319.html 

戦略計画7:2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)

        2010年-対レバレッジ50倍規制:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2010fx50-fx-e8a.html

戦略計画8:リスクヘッジポジションを構築する

 

2010年のFX序盤戦が進行中ですが、

今年の8月に金融庁のレバレッジ50倍規制が施行されます。

年初目標に「戦略計画7」を決めましたが、

相場には浮き沈みがあり、8月時点で相場が高騰しているとは限りません。

それほど甘い世界ではないと重々承知していますので、

対策のリスクヘッジポジションを構築するタイミングを狙っていました。

 

リスクヘッジポジションとは?

リスクヘッジポジションとはなにかというと、

保持通貨ペアとの逆相関ポジションの事です。

たとえば、同じ通貨ペアの売り買いポジションを同数持てば、

売り買い100%の逆相関となり、資産価値の変動しない両建て状態になります。

この状態を異なる通貨ペアで行うポジションとなります。

通貨ペア次第では逆相関率が異なるので、

通貨ペアの選択と保持ポジションの量によって、

逆相関割合を調節し、相場からの変動価格率の減衰を狙います。

 ※ヘッジとしては、必ずしも逆相関率を100%にする必要はありません。

  相場状況にあわせて比率を設定した方が良いでしょう。

また、3種持ち合い、4種持ち合いなど多相関ポジションも作れます。

 

各スワップポジションとリスクヘッジポジション構築状況(2010年03月25日時点)

2010_0325_

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,465円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:85円 × 25ロット = 2,125円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:40円 × 6ロット = 240円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 9ロット

・CAD/JPY [87.86] 1ロット:-10円 × 9ロット = -90円/日

 スワップポジションの内訳 (買い保持)

  耐性:円>ドル下落 通貨ペアの、AUD/CHF・NZD/USD

  耐性:円下落  通貨ペアの、ZAR/JPY

 リスクヘッジポジションの内訳 (売り保持)

  耐性:資源通貨下落 通貨ペアの、CAD/JPY

高スワップポジションはスワップの高い資源国通貨で構成し、

リスクヘッジポジションには同じ資源国で相関があるカナダドル/円で構成。

通貨ペアは4種ですが、構造的には3種持ち合いのヘッジとなります。

リスクヘッジで相場からの価格変動を減衰し、

増加している評価益を守りつつ、スワップを得るのが目的です。

 

2010_0325__5

相関イメージ図の見方

 ・各矢印通貨がメインで動いている時は、矢印通りの変動をする。(大)

 ・資源国カテゴリに属して、角度の違う通貨はある程度相関変動する。(中)

   (AUD・NZD・ZAR・CAD) ※売り買い逆になると青赤の色が逆転する

 ・キャリーカテゴリの変動は多少の相関はあるが独立性が高い。(小)

   (JPY・USD・CHF)    ※売り買い逆になると青赤の色が逆転する

 

2010年 03月 25日時点の口座状況

2010_0325__3

 ※クリックすると拡大されます。

リスクヘッジポジションとしては、まだ試行錯誤状態ですので、

様子をみながら徐々に構築していきます。

 

2010_0325__4

 ※クリックすると拡大されます。

リスクヘッジポジションが必要と感じたのは、

去年のドバイ・ショックの影響が強いです。

 

2010_0325__5

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産は未だドバイ・ショックの傷が深く残っています(><;

 

追記:

AUD/CHFに対するリスクヘッジとしてEUR/CAD(買い)ポジションを追加しています。

スワップヘッジポジシミュレート-FX為替:日記

      http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-d535.html

 

スワップヘッジポジシミュレート2-FX為替:日記

      http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-7227.html

 

スワップヘッジポジション(2010年 04月 30日時点)

2010_0430_5

   

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

Myデッキとステータス1-アヴァロン:デッキ

・Myデッキとステータス1

 

ゲームポットが運営する「アヴァロンの鍵オンライン」

ゲーム内対戦で使用するデッキは自分でバランスを整えて構築します。

今回は、ゲームスタート時のスタータデッキなどを見てみましょう。

 

アヴァロンの鍵公式HP

http://www.avalon-online.jp/

 

 

スターターデッキ

ゲームスタート時に組まれていたスターターデッキです。

_01_

ハッキリ言うと、最初のデッキだけあって使いづらいです。

なにが?というと、移動がままなりません。

早急に手を入れる必要があるでしょう。

 

2010年_02月デッキ

2月~3月あたりに組んでいたデッキです。

_02_2010_02

学位が6を超えたあたりから、マップの属性配置が複雑になり、

移動が厳しくなった為、チャロキラーレディーのワープ系カードを多量投入。

主戦力は、ガルダ(デッキ枚数分+攻撃力、墓場枚数分+耐久力)と

      バルキリー(同じターン内にワープすると、攻撃力+12)

援護カード主体のバランスデッキですが、

配置ボーナス能力を持つクリーチャーで戦局を有利にします。

 ウッデン(全体:緑配置で攻撃力+4)と

 リッチー(全体:配置で耐久力+2)

 

2010_03月デッキ

現時点で使用中のデッキです。

_02_2010_03

雛祭りイベントでGETした、ゴースト(手札のモンスターカード枚数ワープ)と

 マグマコウモリ(墓場枚数×4%=即死確率)を投入。

援護カード主体のバランスデッキなのは変わらずですが、

 妖精騎士(クリーチャーの緑配置毎に攻撃力+2)を投入。

また、目くらまし(敵クリーチャーの攻撃力と耐久力を入れ替え)を忍ばせました。

対即死対策カードを入れたい所ですね。

 

現在のアバターとステータス

_01_2010_03

なんとか頑張って、イベントの黒紫マントをGET出来ました。

どうにか見られる姿になりましたね^^

4月には予約済みのプレミアムからカード入手予定なので、

デッキを考えるのが楽しみです~♪

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2010年3月21日 (日)

FXの成績を公開する意義について-FX為替:FXについて

・FXの成績を公開する意義について

  

わたしは、2009年 1月 9日からFXを初めて、それ以降成績を公開しています。

自分の取引を分析するだけなら、公開する必要はないのですが、

どうして公開しているのか?について、書いておこうと思います。

 ※一部、以前コメントに書いた内容とダブります。

 

 

どうして公開しているのか?

Q:アフィリエイトからの収益が目的?

 ×:アフィリエイトには全く期待していません。

   ブログを見てもらえばわかりますが、

   わたしは自分のブログに広告が載るのはあまり好きではありません。

   アフィリエイトリンクを貼っているのは、自分が口座開設している

   外為オンライン1つだけです。

 

Q:自慢したいから?

 ×:自慢したいとは全く思っていません。

   ただ単に、結果を詳細に記載しているだけです。

   最近は成績が良いですけれど、

   2009年の前半の成績やドバイ・ショックなどの記事を見て貰えば、

   派手に損失を出している事まで公開しているのが、わかると思います。

 

Q:では、なぜ?

 A:自己責任を体現する為に公開しています。

  自分の取引を分析するだけなら公開する必要はありませんが、

  分析を行っても無意識に自分をごまかしてしまう可能性がありました。

  そこで、自戒の意味を込めて取引結果だけでなく分析結果まで、

  ブログで公開する事にしました。

 

Q:どんな効果があるの?

 A:無様な失敗を振り返り、自分にフィードバックさせる効果

  既に数年もの間更新を続けている自分のブログで結果を公開すれば、

  損失を出してしまった事を認めて受け入れるしか出来ません。

   ※ブログを否定する事は、自分を否定する事になる

  要するに自分自身に嘘が付けなく、また逃げる事も出来ないのです。

  かといって無様な姿を公開し続ける訳には行きません。

   ・結果はブログで公開する。

   ・無様な結果を晒すのは嫌だ。

   →損失を出さない方法を探し、良い結果を載せれるようにすればいい。

  簡単に言うと、自動改善システムを構築した事になりますね。

 

Q:どうして取引結果だけでなく、分析結果まで公開してるの?

 A:自分の弱点と改善状況を明確にする為

  短期的に見れば、自分の弱点を浮き彫りにして、見えるようにする為。

  長期的に見れば、日々の積み重ねによる変化傾向と口座推移を見る為。

  異なる時間軸による分析を複数行っているのは、(○足チャートと同じ方式)

   上記2つの短・長期による死角をなくす為に行っています。

    ・取引結果集計(1週間毎)

    ・週足分析   (1ヶ月毎)

    ・月足分析   (1ヶ月毎) 当初は3ヶ月毎の予定でした。

    ・半期分析   (半年毎) データが増え次第、追加予定

    ・年足分析   (1年毎)        〃

  また、過去を振り返って復習した時に詳細がわかる様にしています。

  大筋の戦略や計画、突発的な出来事は、日記や戦略計画に記載です。

    ・日記

    ・戦略計画

 

Q&A形式で書いてみました。

とりあえず、上記内容を見込んで行っている訳です。

全てが自分の為であって、アフィリエイトや見栄などの目的は一切ありません。

ついでにわたしの行動が他の人の参考になれば良いかな?

程度には思ってます。

また、現時点でもそれなりの改善効果が上がってると実感していますよ。

これからも結果の公開は続けていきますので、見てあげてくださいね^^

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2010年3月20日 (土)

2010年03月15日~03月20日 燻るギリシャに上がらない豪ドル-FX為替:2010取引011

・2010年03月15日~03月20日 燻るギリシャに上がらない豪ドル

 

2010年 03月15日
豪ドルなどは上窓開けだったものの、ジリジリ下落。

22:15 米2月設備稼働率 予想72.5%→72.7%
    米2月鉱工業生産 予想前月比±0.0%→+0.1%

 

2010年 03月 16日
深夜3時過ぎにAUD/円が下落。
セットしている指値には3pips程度届きませんでした。

9:31 豪州中銀は、3月2日に開催された議事録を公表した。
「金利は段階的に正常水準に移行させるのが適切」
「基調インフレは目先一段と低下する見込み」
「ギリシャ関連でソブリンリスクについて議論した」
といった内容が示されている。

豪州議事録に政策金利利上げを示唆する内容は乏しく、
AUDが下落しました。
この時に指値にHITし、AUD/円を1ロット買い保持です。

日銀は朝方の定例調節で即日実施のオペを見送り、
当座預金残高13兆7000億円、
準備預金残高10兆7000億円とする調節姿勢を維持した。

仕事の終了後にAUD/円が高騰してきたので、
1ロットをトレールへ変更後、ひと伸びして約定。中利益。
少し下落した後、83円台へ乗せた所で、
1ロットをトレールへ変更後、約定。小利益です。
その後、AUD/円を1ロット買い直し。

21:30 米2月建設許可件数 予想年率60万1000件→61万2000件
   米2月住宅着工件数 予想年率57万件→57万5000件
   米2月輸入物価指数 予想前月比-0.2%→-0.3%

豪ヘラルド・サン紙のRBAウォッチャーである
テリー・マックラン氏が、
「RBAは利上げの影響を見るため、
 4月、5月と金利を据え置く可能性がある」と指摘。
この指摘の為に、豪ドルが売られた模様、やめてよね~;

 

2010年 03月 17日
3:13 米FOMCは、政策金利を現行の0.25%に据え置くことを発表した。
 「金利を長期間入れに低い水準に維持する事を確約」
 「ホーニグ・カンザスシティ連銀総裁は低金利政策の長期化に反対」
 「経済活動は引き続き強い」
 「景気回復と物価安定に必要な手段を講じる」
 「MBSと政府機関債の購入は今月末に終了」
 「インフレは当面抑制されたままの状態を予想」
 「労働市場は安定しつつある」

朝起きてみるとFOMCは材料になるほどの発表はありませんでした。
また、AUD/円が83円台まで回復していたので、
昨夜の1ロットをトレールへ変更後約定。小利益です。

12:51 日銀は、事前報道通りの20兆円へ新型オペの拡大決定した。

日銀の白川総裁は、新型オペの拡充について、
「為替が目的で実施したわけではない」
「景気と物価の動きを確かなものにするのに資する」
「量的緩和の拡充ではない」
「当座預金残高を金融調節の目標にしていない」
「物価は1月の中間評価の想定におおむね沿っている」
などと発言した。

平野官房長官は、
「追加的なデフレ対策が必要ならば講じることが考えられる」
「追加経済対策に関しての鳩山首相と亀井金融相との会談の内容は知らない」
などと発言した。

菅財務相は、デフレ脱却について
「政府・日銀が共通の目標に向かって努力していく」
「即効性のある政策はない」
「日銀の対応は一歩踏み出したことを評価」などと発言した。

仕事が終わった夜にAUD/円が高騰してきたので、
1ロットづつ計2ロットをトレールへ変更後、約定。中利益。

21:30 米2月コアPPI(生産者物価指数)予想前月比+0.1%→+0.1%
   米2月PPI(生産者物価指数)予想前月比-0.2%→-0.6%

 

2010年 03月 18日
深夜起きてみるとAUD/円が一度下落して再上昇していました。
下落した時に指値にHITして評価益になっていたので、
トレール注文へ変更後、再度指値をセットしてお休みです..zzZZ

朝確認すると、トレール注文は微利益で約定。
指していた指値にはHITしてAUD/円1ロットを持ち直していました。
それから評価益になったので、成行で約定。小利益です。
折り返しに再度、指値をセットしておきます。

日中はギリシャ問題が蒸し返し下落した様で、
指値にHITしてAUD/円を1ロット保持していました。

21:30 米2月コアCPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→+0.1%
    米新規失業保険申請件数 予想45万5000件→45万7000件
    米2月CPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→±0.0%
    米10-12月期経常収支 予想-1190億ドル→-1156億ドル

23:00 米3月フィラデルフィア連銀製造業景況指数 予想18.0→18.9
    米2月景気先行指数 予想前月比+0.1%→+0.1%

 

2010年 03月 19日~20日
動意がなく材料もない事から終始様子見。

22:43 インド中銀は、
   リバースレポ金利を3.25%から3.50%に引き上げると発表した。

0:36 ロシア中銀は、7億ドル規模のドル買い介入を実施した模様。
   ルーブルの対通貨バスケット変動幅を33.95-36.95ルーブルに変更した。

 

 

会計 2010年

03月15日資産   47万 8,924円   総入金額 100万 5,000円

資産率           47.65      トータル   -52万 6,076円

評価損益     +262万 4,347円    評価資産 310万  3,271円

(スポット損益  +204万 1,372円   スワップ  +58万  2,975円

                     ↓

03月20日資産   50万   275円   総入金額 100万 5,000円

資産率        49.77%(+2.12%) トータル  -50万 4,725円

損益         +2万 1,351円    日割損益       7,117円

損益率           +4.26%      日割損益率   +1.42%

勝数/敗数     7勝/0敗(39連勝中)  平均勝率      100.0%

評価損益     +279万 6,732円    評価資産 329万  7,007円

(スポット損益  +219万 2,084円   スワップ  +60万  4,648円

口座資産+スワップ累計額   110 4,923円

口座資産+スワップ先週比    +4万  3,024円

所感:

相場は狭いレンジでほぼ停滞。

ギリシャ懸念もぶり返され、中国金融引き締め警戒感も強いです。

対して輸出勢の円転もこれでピークは過ぎると思われ板ばさみ。

どちらに向かうのでしょうか?

 

口座の方は、口座資産が50万円まで回復しました。

去年の11月末にあったドバイ・ショックの損切りから、

35万円近く取り戻した事になります。

また、口座の総評価額は3週連続で300万円台を維持

1月から増えている、口座資産(約20万円)とスワップ累計額(約25万円)の

底上げも大きいと思いますが、この状態を保存する為、

本格的なリスクヘッジで蓋をするタイミングを虎視眈々と狙います^^

 

 

口座状況

2010_03_152010_03_20

 

口座グラフ

2010_03_152010_03_20_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,465円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:85円 × 25ロット = 2,125円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:40円 × 6ロット = 240円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 3ロット

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-10円 × 3ロット = -30円/日

AUD/CHFの買いスワップが、80 → 85 へ増加。

CAD/JPYの売りスワップが、-8 → -10 へ増加しています。

ようやく、豪州政策金利の利上げ(3.75%→4.00%)効果が出ました。

 

USD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_03_152010_03_20_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_03_152010_03_20_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_03_152010_03_20_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_03_152010_03_20_3 

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_03_152010_03_20__01_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_03_152010_03_20__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_03_152010_03_20__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2010年3月17日 (水)

記憶脳と思考脳の応用力-FX為替:脳力開発3

・記憶脳と思考脳の応用力

 

このカテゴリでは自己啓発的な、思考の森や思考の海といいますか、

主に思考についての深淵を、気ままに語って行こうというカテゴリです。

 ※わたしの個人的主観において考えた話なので、

  医学的や学術的、論理的な根拠は一切ありません事をご理解下さい。

 

これまでの記事

脳力開発1:自分の考え方について

           http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/-fx-45ef.html

脳力開発2:記憶脳と思考脳

           http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/-fx-c6fc.html

 

記憶脳の応用力

記憶の割合が多い思考の記憶脳について、応用力を考えてみると、

記憶脳での応用は・・・

記憶を一度バラバラにして再度つなぎ合わせるという事になります。

簡単にいうと、動画の編集を行っている様なイメージです。

 

思考脳の応用力

思考の割合が多い思考の思考脳について、応用力を考えてみると、

思考脳での応用は・・・

名前や形など細分化されたあらゆる記憶が、

頭の中の世界に登場する想像や妄想の様なイメージです。

 

応用力が高いのは?

日常生活においては、記憶脳と思考脳には明確な線引きはありません。

あくまで考え方の傾向割合なので、挙げた例は極端なものです。

また、普通に生活するにあたってどちらの傾向であっても不便はないでしょう。

しかし、記憶脳と思考脳で応用力が高いのはどちらか?

という内容については、圧倒的に思考脳の方が応用力が高いです。

 

それはなぜかというと、

記憶脳では、現実の記憶から結果物が生成されるのに対し、

思考脳では、想像や妄想といったありえない物も結果物となりえます。

突き詰めれば、思考脳には現実という制約すら無くす事が出来るからですね。

ただし、方向性を誤れば無限大に馬鹿の方向へ突き進みます。

 

馬鹿と天才は紙一重とはよく言ったモノですが、

現実と噛み合わない妄想 => 馬鹿

現実と噛み合った想像  => 天才

この様な感じではないか?と思っています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ホワイトデーイベント開催中-アヴァロン:日記

・ホワイトデーイベント開催中

 

現在、ゲームポットが運営する「アヴァロンの鍵オンライン」の内で、

「ホワイトデーだ、先生にクッキーでお返ししよう」という、

ホワイトデーイベントがイベントが、3月17日(水)13:00まで

開催されています。

 

アヴァロンの鍵公式HP

http://www.avalon-online.jp/

 

「ホワイトデーだ、先生にクッキーでお返ししよう」特設ページ

http://www.avalon-online.jp/event/event_100310_whiteday.php

 

2010__01_2

 ※「ホワイトデーだ、先生にクッキーでお返ししよう」

   特設ページより 一部抜粋

 

イベント内容を見てみましょう。

2010__02

 ※「ホワイトデーだ、先生にクッキーでお返ししよう」

   特設ページより 一部抜粋

 ※クリックすると拡大されます。 

 

プレゼント1番では条件を達成すると、アバターが貰えます。

わたしもちょっと休み中にがんばって貰いました~。

 

2010__03_3

 

そして問題はプレゼント2番ですね。

アーケードはプレイしていなかった為、

ディアドラ校長先生の実装とやらはどう変わるのかよくわかりませんが、

VRインフィニティー以降、出来れば最後まで達成したいものです^^

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2010年3月13日 (土)

2010年03月08日~03月13日 総評価額が2週連続、300万円台を維持-FX為替:2010取引010

・2010年03月08日~03月13日 総評価額が2週連続、300万円台を維持

 

2010年 03月08日
先週末の米雇用統計の影響からジリ上げ継続、
口座の総評価額が一時320万円を突破したものの、
勢いはありません。

  
2010年 03月 09日
深夜1時過ぎにAUD/円が下落したので、
1ロット押し目買いです。
その後3時頃には評価益になった為、
トレールへ変更後、おやすみです..zzZZ

朝起きると約定されていました、小利益。
昼にポンドが下落。
夕方の欧州勢参入後、クロスが下落しました。
この時に指値にHITし、AUD/円を買い保持ですが・・・
1ロットづつ2ロット買っていました。
どうやら同じ指値を2つセットしていた様です。
少しして反転すると指値=安値のぴったり賞みたいでした。
この内、1ロットをトレールへ変更後、約定。小利益。

 

2010年 03月 10日
日付が変わる頃からクロス円が急騰。
保持してたAUD/円が評価益に変わったので、
トレールへ変更後、約定。中利益です。
さらにAUD/CHFが0.98の大台に到達し、
口座の総評価額が320万円台まで増加です。

日中もジリ上げが続き、夜には総評価額が一時340万円に。
既に長期保持していたAUD/円の1ロットを
トレールへ変更後、ノイズに掛かり約定。大利益です。

 

2010年 03月 11日
深夜起きてみるとAUD/円が一段と高騰中でした。
AUD/円の1ロットをトレールへ変更後、約定。中利益です。
その後下落したので、同水準のポジを買い直しです。

9:30 豪州2月労働参加率 予想65.3%→65.2%
   豪州2月新規雇用者数 予想+1万5000人→+400人
   豪州2月失業率 予想5.3%→5.3%
豪州雇用統計の期待外れ感から下落。
この時、指値にHITしてAUD/円1ロットを買い保持です。

11:00 中国2月CPI(消費者物価指数)予想前年比+2.5%→+2.7%
   中国2月小売売上高 予想前年比+18.1%→+22.1%
   中国2月鉱工業生産 予想前年比+19.0%→+12.8%
   中国1-2月固定資産投資(都市部/年初来)
        予想前年比+25.6%→+26.6%
   中国2月PPI(生産者物価指数)予想前年比+5.1%→+5.4%
   中国2月マネーサプライM2 予想前年比+25.0%→+25.5%

夕方に確認すると指値にHITして保持していたAUD/円が
評価益になっていたので、トレールへ変更後、約定。中利益です。

22:30 米新規失業保険申請件数 予想46万件→46万2000件
   米1月貿易収支 予想-410億ドル→-373億ドルの赤字

メルケル独首相は、「ギリシャの状況は深刻」と述べた。

サルコジ・仏大統領は、「弱いユーロは支持しない」等と述べた。

22:30~23:30の間、外為オンラインに障害が発生、
ログイン出来なくなり、サーバーダウンしました。
ログイン出来次第、下落したAUD/円を1ロット買い保持です。
その後にリバウンドしたので、トレール後、約定。小利益。
底堅いようなので、AUD/円を1ロット買い直し、おやすみ..zzZZ

 

2010年 03月 12日~13日
22:30 米2月小売売上高(除自動車)予想前月比+0.1%→+0.8%
   米2月小売売上高 予想前月比-0.2%→+0.3%
米小売売上高の改善からリスク通貨が買われて上昇。
評価益になっていたAUD/円が増益したので、トレールへ変更後、
約定、中利益。そして1ロット買いなおし。

23:55 米3月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報)予想74.0→72.5
ミシガンの悪化から上げ雰囲気が霧散しました。

朝になると下落していましたが、調整っぽい?と判断。
AUD/円を1ロット買い保持です。
スワップ金利3日分付くしね^^

 

 

会計 2010年

03月08日資産   43万 6,890円   総入金額 100万 5,000円

資産率           43.47      トータル   -56万 8,110円

評価損益     +263万 4,890円    評価資産 307万  1,700円

(スポット損益  +207万   861円   スワップ  +56万  4,029円

                     ↓

03月13日資産   47万 8,924円   総入金額 100万 5,000円

資産率        47.65%(+4.18%) トータル  -52万 6,076円

損益         +4万 2,034円    日割損益  +1万   508円

損益率           +8.77%      日割損益率   +2.19%

勝数/敗数     9勝/0敗(32連勝中)  平均勝率      100.0%

評価損益     +262万 4,347円    評価資産 310万  3,271円

(スポット損益  +204万 1,372円   スワップ  +58万  2,975円

口座資産+スワップ累計額   106 1,899円

口座資産+スワップ先週比    +6万  1,060円

所感:

ギリシャ問題がひと段落してきた様で、相場は上昇傾向です。

その影響で、口座資産が一時期340万円の過去最高評価額を記録。

2週間続けて300万円台をキープしています。

 

しかし、豪ドル/円の価格は未だ1月の高値には到達していないので、

リスクヘッジポジションを建てるにはまだ早そうですね。

口座資産内容は、短期とリスクヘッジポジション以外はすべて評価益という、

とても良い状態になっています。

実は、スワップポジションの通貨ペアの割合もAUDメインな点を除いて、

バランスを考慮して構築しています。

ドル暴落に比較的強い、AUD/CHFとNZD/USDの買いポジション。

円安で伸びる、ZAR/JPYの買いポジション。

これに、AUD自体のリスクヘッジCAD/JPYの売りポジション。

この様な互いが互いを補う感じですね。

 

また、11日には外為オンラインのサーバーがダウンしました。

さして注目するほどの相場変動ではなかったので、

原因は少し前に搭載した新システムの負荷でしょう。

原因がはっきりしているので、信用問題などにはならないと思います。

 

外為オンラインサーバーダウン-FX為替:日記

http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/-fx-3610.html

 

 

口座状況

2010_03_082010_03_13

 

口座グラフ

2010_03_082010_03_13_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,340円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:40円 × 6ロット = 240円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 3ロット

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-8円 × 3ロット = -24円/日

NZD/USDの買いスワップが、38 → 40 へ増加。

CAD/JPYの売りスワップが、-6 → -8 へ増加しています。

先週、豪州政策金利が利上げ(3.75%→4.00%)されていましたが、

今週では上昇しませんでした。

 

USD/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_03_082010_03_13_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_03_082010_03_13_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_03_082010_03_13_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_03_082010_03_13_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_03_082010_03_13__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_03_082010_03_13__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_03_082010_03_13__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

外為オンラインサーバーダウン-FX為替:日記

・外為オンラインサーバーダウン

 

2010年 03月 11日 22:30の指標発表後から

外為オンラインのサーバー負荷が高くなり、

22:50~23:30あたりにはサーバーダウンして取引が不可能になった様です。

2ちゃんねるなどで情報を収集した所、

お祭りになってました;

 

奇しくも新システムを搭載した後の出来事なので、

この新システムの負荷が予想以上に高かったという事なのでしょう。

 ※新システムには、ティックレート表示が備えてあります。

以下当時のシステム状況です。

 

23:05

2010_031123__01

 

23:10

2010_031123__02

 

23:15 

2010_031123__03

 

23:20

2010_031123__04

 

23:25

2010_031123__05

 

当時のUSD/JPYチャート

2010_031123__06

 

当時のMarketWin24情報

2010_031123__07

 

障害が発生したのは約1時間の出来事で、

23:30頃には復旧した様です。

しかし、24時間運営のFXにあって

フリーダイヤルが午後5時で終了するのは、

こういう事態の発生の可能性を考えると困りますね。

 

「外為オンラインに関するご意見・ご質問は、お問い合わせフォームにご記入いただくか、

フリーダイヤル0120-465-104(月~金曜日am9:00~pm5:00)にお問い合わせください。
(月~金曜日am9:00~pm5:00)          」

 

幸いわたしは去年の3月に、居眠りから大損した経験がありまして、

メインの取引スタイルをデイ~スイングにしていた為、

損害はありませんでした。

直前に評価益ポジションをトレールへ変更し決済されていたのもありますが、

なかには損害を被った人もいるでしょうね。

 

2009年 03月までの週足推移分析-FX為替:週足分析02

http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/2009-03-fx02-63.html

 

 

ちなみにわたしの口座開設は外為オンライン1社のみで、

使えないと言われているチャートの外為オンラインの物を使用していますw

また、取引画面は旧システムの方が視認性が良く、

好んで旧システムを使用していますね。

 

旧システム画面

2010_031123__08

 

新システム画面

キャンバス1

2010_031123__10

キャンバス2

2010_031123__11

キャンバス3

2010_031123__12

3つのタブに分かれていて、それぞれのレイアウトを自由に変更可能。

なのですが、画面が暗く文字の視認がし辛い上に、

画面を広く占有するデザインな為に旧画面の方が好きです。

 

新旧画面の比較を行おうと新システムでログインしようとしたら、

この様な画面が・・・w

原因はやはり、新システムの様ですね。

2010_031123__09 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年3月 9日 (火)

「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」発売決定-アヴァロン:日記

・「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」発売決定

 

ゲームポットが運営する「アヴァロンの鍵オンライン」の内で、

現在も雛祭り関連イベントが開催されています。

 

アヴァロンの鍵公式HP

http://www.avalon-online.jp/

 

正式サービスが開始されてから一度課金してカードを揃えてみましたが、

スーパーレアやベリーレアはあたりませんでした。

今回限定販売の「乙女パック」を購入してみたいと思って見てたら・・・

[カード還元]という項目が・・・!

どうやら所持しているカードをリサイクル出来るみたいです。

知らなかった、最初からあったのかな?(汗)

というわけで、4枚以上所持しているカードを還元し、「乙女パック」を購入。

他にもエキスパンション2も数点・・・。

 

初のベリーレアの「リッターエリカ」が出ました! 2枚も;

ど~してダブルのかな・・・、コレ2枚もいらないし;

他には、レアカードの「ルシティア」「ユキフブキ」もGETです。

 

 2010__03

 

そしてなにやら称号とやらも貰えました。

色々な条件をクリアする事で取得していけるみたいです。 

2010__04

 

また、還元したポイントの残りで上着も1着購入。

所持している制服に組み合わせ、コーディネイト。

そして、現在のステータスはこの様になっています。

 

 2010__05

2010__06 

 

雛祭りイベントのカードも、シスターズとミヤビズを1枚づつ集めれば、

4枚の任意レアカードとの交換も出来ます。

なかなかいい感じですね。

 

そして、課金せずにすんだと思っていた所・・・・

↓の様な物が発売されるのですね。

 

「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」

http://www.avalon-online.jp/event/event_hajiava.html

 

2010__07

 ※「はじめての『アヴァロンの鍵オンライン』スタータ&プレミアムキット」

   より 一部抜粋

 ※クリックすると拡大されます。

 

これってはっきり言うと、課金するより断然お得です。

4000円分のカード購入してもレアカード3~6枚って所でしょうし、

ケルピーなんてスーパーレアですよん。

サービスが継続されるなら価値がありますね。

運営はゲームポットなので、他の運営会社よりはマシですw

というわけで、1つ予約ポチッ~♪

あとシスターズとミヤビズを1枚づつは揃えないと、がんばるぞ~!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2010年3月 6日 (土)

2010年03月01日~03月06日 米雇用統計で下降トレンド反転?-FX為替:2010取引009

・2010年03月01日~03月06日 米雇用統計で下降トレンド反転?

 

2010年 03月01日
チリ中部で2月27日未明(日本時間同日午後)に発生した、
マグニチュード8.8の大地震の影響で、銅価格が高騰。

夕方になり、クロス円はやや上昇気味な展開ですが、
ポンドはジリ下げ後に急落、132.0の安値をマークです。

22:30 米1月個人所得 予想前月比+0.4%→+0.1%
   米1月PCEコアデフレーター 予想前月比±0.0%→±0.0%
   米1月PCEデフレーター 予想前年比+2.2%→+2.1%
   米1月個人支出 予想前月比+0.4%→+0.5%

2010年 03月 02日
0:00 米1月建設支出 予想前月比-0.6%→-0.6%
   米2月ISM支払価格 予想68.0→67.0
   米2月ISM製造業景況指数 予想57.9→56.5

9:30 豪州1月住宅建設許可件数 予想前月比+1.0%→-7.0%
   豪州1月小売売上高 予想前月比+0.5%→+1.2%
小売売り上げ高の好結果からやや上昇。

12:30 豪州中銀は、政策金利を0.25%引き上げ4.00%にする事を決定した。
注目の豪州金利発表は利上げでした。
結果を見てAUD/円を1ロット買い保持するも、その後下落。
ユーロ&ポンドの引っ張りが強く、引きづられている?
その後AUD/円を1ロット買い保持後夜に評価益になったので、
トレール注文へ変更後、約定。小利益です。

夜遅くなってくると、ユーロを筆頭に反発上昇。
保持してるAUD/円2ロットが評価益になったので、
トレールへ変更後、約定。中利益です。
その後下落したので再びAUD/円1ロットを買い保持です。

ホーニグ・米カンザスシティ総裁は、
「低金利政策を暫くの間継続すると、市場に保証すべきではない」
「すぐに利上げが出来るかといえば、難しい」
「ゼロ金利は持続不可能である」
「今年の資産売却は困難」
「市場は政策金利引き上げへの準備が必要」
と述べた。

コチャラコタ・米ミネアポリス連銀総裁は、
「小規模な銀行が次の危機招く可能性」
「今後二年間の経済成長率は3%の見通し」
「今年の失業率は9%以上にとどまるだろう」と述べた。

パパンドレウ・ギリシャ首相は、
「最悪を免れるために、必要な決定は全て行なう」
「新しい鉱山などの発見に力を注ぐ」
「EUサポートが必要である」
「ギリシャの借金は3,000億ユーロに到達し、GDPを大幅に上回っている」
など述べている。

2010年 03月 03日
9:30 豪州10-12月期GDP 予想前期比+0.9%→+0.9%
上値は重く依然として停滞。

夕方になってAUD/円が下落気味だったので、
1ロット買い保持です。

22:15 米2月ADP雇用統計 予想-2万人→-2万人

ギリシャ内閣は、
48億ユーロ(64億9000万ドル)の追加の財政緊縮措置を決定した。

米ダラス連銀のフィッシャー総裁は、
「米国経済は力強くない」
「雇用拡大は企業の景況感次第」
「低金利は当分続くと予想」
「米金融当局はより正常な政策運営に戻る」
「景気回復は緩やか、景気の二番底は予想していない」
「大手金融機関の解体で合意を呼びかける」
「FRBの監督権制限は賢明ではない」などと語った。

ユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は、
「ギリシャの追加財政措置を歓迎する」
「ユーロ圏は断固たる協調行動を講じる用意」などと発言した。

ロシア中銀のウリュカエフ副総裁は、
「金保有高の引き上げを目指す方針」と発言した。

欧州連合(EU)欧州委員会のバローゾ委員長は、
「ギリシャの追加財政措置を歓迎する」
「ギリシャの計画はユーロ圏の安定にとって重要」などと発言した。

ダラス連銀総裁は、
「過去10年ではあまりに低い金利を、あまりに長く維持し過ぎた」
「FRBは過去の失敗を繰り返してはならない」
「失業率は再び10%を上回る水準に上昇する可能性もある」
などと発言した。

ギリシャのパパコンスタンティヌ財務相は、
「このような金利で借り入れは継続できない」
「IMFの選択肢を排除できない」などと発言した。

ドイツのメルケル首相は、
「ギリシャの行動はユーロの信任を高めるシグナル」などと発言した。

IMFは、
「ギリシャの思いきった財政政策を歓迎」
「ギリシャの提案は非常に力強いプログラム」
「計画実行の準備は整っている」など、声明を発表した。

ECBは、
「ギリシャの赤字削減策を歓迎」
「措置が迅速に実行されると期待」など、声明を発表した。

2010年 03月 04日
0:00 米2月ISM非製造業総合指数 予想51.0→53.0

格付大手ムーディーズは、
ギリシャの格付けを維持するが、
緊縮財政措置の実行次第では変更もあり得ると発表した。

格付け会社フィッチ・レーティングスのシニアアナリスト
クリス・プライス氏はロイターに対し
「ギリシャは財政赤字削減に向けてより断固たる措置を
 取ろうとしているようだ。
(緊縮財政措置は)プラスになる。
 恐らく市場は貸し出しに一段と積極的になるだろう」
と述べた。
格付けについては、
「直ちに変更するとは考えなかったが、
(新たな措置は)明らかに良い一歩だ」と話した。

オバマ政権がまとめたボルカールール法制化素案内容が明らかとなった。

-銀行の自己勘定取引の禁止
-他の大手金融機関の自己勘定取引の制限
-銀行による、ヘッジファンド、
プライベート・イクイティ・ファンドに投資及び出資を禁止
-金融機関同士の統合する際、
負債総額が金融システムの10%を越える場合には、認可しない

22:30 米10-12月期単位労働コスト(改定値)予想前期比-5.9%→-4.5%
   米10-12月期非農業部門労働生産性(改定値)
       予想前期比+6.3%→+6.9%
   米新規失業保険申請件数 予想47万件→46万9000件

ECB(欧州中銀)トリシェ総裁は、
「ECBの金利は適正水準」
「インフレは引き続き抑制されている」
「回復は順調であり、ユーロ圏経済は今年、緩やかなペースで成長へ」
「低インフレは購買能力を押し上げへ」
「固定金利での1カ月物資金供給、必要な限り継続」
「3カ月物供給は従来方式に回帰へ」
「3カ月物資金供給は今年4月から変更」
「ユーロシステムは今後も銀行の流動性供給へ」
「異例の措置を徐々に解除していく」
「供給した流動性は必要な時期に吸収へ」
「中期的なインフレ圧力は低い」
「ECBは徐々にタイムリーに流動性供給解除している」
「この日の決定は金利に関するシグナルではない」
「各国政府は赤字削減へ断固とした行動を」
「すべての政府が安定協定に基づく基準を満たす必要」
「ギリシャは財政目標達成への強い決意を見せた」
「ギリシャがユーロ脱落との考えは非現実的」
「IMFのテクニカルな支援は非常に重要」
「IMFを支援の提供役とするのは適切ではない」
「市場はECBが常に物価安定を維持すると認識している」
「この日の金利決定は全会一致」
「刺激策の解除については圧倒的な意見の一致」
「インフレに関するIMFの勧告は全く外れている」
「IMFのインフレ勧告は学術的研究を無視している」
「IMFのインフレ勧告は危険極まる」
「ユーロ圏はユーロについての発言統一を」
「強いドルは米国の利益にかなう」
「ECBは次期副総裁にコンスタンシオ氏を歓迎」などと述べた。

トリシェ総裁の声明により、今まで塞がれていた上蓋が開放。
相場が少し前の水準まで回復しました。
昨日保持したAUD/円1ロットが評価益になったので、
トレール注文へ変更後、約定。中利益です。

2010年 03月 05日~06日
0:00 米1月中古住宅販売成約指数 予想前月比+1.0%→-7.6%
   米1月製造業受注指数 予想前月比+1.8%→+1.7%

反発しかけていた相場が米指標の悪化から反転へ。
米雇用統計待ちな展開です。

22:30 米2月製造業雇用者変化 予想-1万5000人→+1000人
   米2月平均時給 予想前月比+0.2%→+0.1%
   米2月失業率 予想9.8%→9.7%
   米2月非農業部門雇用者変化 -6万8000→-3万6000人
米雇用統計が悪いだろうと言われていた予想を裏切りサプライズ!
しかし、上値に天井があるかのように拮抗です。
評価益になっていたAUD/円の2ロットを、
トレール注文へ変更後、約定。大利益です。
2月頭の損切り額を取り戻し、総評価額が300万円を突破

日付が変わる頃にはAUD/円が82円を突破、ジリ上げ継続ですが、
それから様子を見た後、評価益になったAUD/円1ロットに
トレールをセット後、約定。中利益です。

 

 

会計 2010年

03月01日資産   40万 1,930円   総入金額 100万 5,000円

資産率           39.99      トータル   -60万 3,070円

評価損益     +185万 8,746円    評価資産 226万    676円

(スポット損益  +132万   567円   スワップ  +53万  8,179円

                     ↓

03月06日資産   43万 6,890円   総入金額 100万 5,000円

資産率        43.47%(+3.48%) トータル  -56万 8,110円

損益           3万 4,960円    日割損益       8,740円

損益率           +8.00%      日割損益率   +2.00%

勝数/敗数     7勝/0敗(23連勝中)  平均勝率      100.0%

評価損益     +263万 4,890円    評価資産 307万  1,700円

(スポット損益  +207万   861円   スワップ  +56万  4,029円

口座資産+スワップ累計額   100   839円

口座資産+スワップ先週比    +6万   730円

所感:

ユーロ危機の内、ギリシャの緊縮政策の公表にユーロは立場を表明。

幾分かユーロに対する懸念が和らぎました。

そこへ、日銀の追加金融緩和+米雇用統計のサプライズで吹き上げました。

来週からはこの流れが継続するか、ジリ下げに戻るかが焦点です。

 

口座の方は、スワップポジションのAUDCHFが物凄い事になっています。

その影響で口座の総評価額が初の300万円超えの大台に乗りました。

さらに、2月頭のギリシャ危機での損失を全額回収完了。

また、口座資産+スワップ累計額も100万円を超えました

下落時の評価額から2倍以上になっていますが、

相場から受ける資産変動率が高すぎます。

どこでリスクヘッジポジションを建てるかが今後の課題ですね。

 

 

口座状況

2010_03_012010_03_06

 

口座グラフ

2010_03_012010_03_06_2

 ※クリックすると拡大されます。

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,328円/日

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:38円 × 6ロット = 228円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 3ロット

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-6円 × 3ロット = -18円/日

AUD/CHFの買いスワップが、83 → 80 へ減少。

CAD/JPYの売りスワップが、-9 → -6 へ減少しています。

豪州政策金利の利上げ(3.75%→4.00%)で来週にはスワップが増えるでしょう。

 

USD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_03_012010_03_06_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

NZD/USDチャート

2010_03_012010_03_06_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

ZAR/JPYチャート

2010_03_012010_03_06_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_03_012010_03_06_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_03_012010_03_06__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_03_012010_03_06__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_03_012010_03_06__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年3月 3日 (水)

伝説の雛祭り開催-アヴァロン:日記

・伝説の雛祭り開催

 

3月3日は雛祭り。

ゲームポットが運営する「アヴァロンの鍵オンライン」の内でも、

雛祭り関連イベントが開催されるようです。

 

アヴァロンの鍵公式HP

http://www.avalon-online.jp/

 

2010__01

 ※伝説の雛祭り特設ページより 一部抜粋

 ※クリックすると拡大されます。

  

伝説の雛祭り  特設ページ

http://www.avalon-online.jp/event/event_100303_hinamatsuri.html

 

 

イベントは、雛祭り限定カードを集めてレアカードと交換する内容の物と、

雛祭り期間限定のカードパック「乙女パック」が販売される様ですね。

詳細内容は下記のSSか、特設ページの方をご確認下さい。

 

2010__02

 ※伝説の雛祭り特設ページより 一部抜粋

 ※クリックすると拡大されます。

 

福袋的なカードパックですが、レアの出現率はどの程度なのでしょうね?

過去購入してみたのは通常のパックだけですが、

スーパーレア、ベリーレアはまだ一枚も出た事はありません。

ぐむむ・・・・迷います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »