« AvaterGW到来!イベント開催-アヴァロン:日記 | トップページ | 2010年04月26日~05月01日 ギリシャ支援の合意期待で上げ上げ相場-FX為替:2010取引017 »

2010年4月30日 (金)

実効レバレッジを低下させる(税金対策)-FX為替:戦略と計画9

・実効レバレッジを低下させる(税金対策)

 

このカテゴリは、実際にわたしが行ってきたFXの戦略と計画を綴るものです。

 

戦略計画フェーズ

戦略計画1:最初の1ヶ月間はリスク体験を行う

        2009年-1ヶ月間のリスク体験:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/fx1-fx-0e9f.html

戦略計画2:取引手法の改善を行う

        2009年-取引手法の改善:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-4ee4.html

戦略計画3:取引通貨ペアの選択を行う

        2009年-取引通貨ペアの選択を行う:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-8d7c.html

戦略計画4:スワップポジションを構築する

        2009年-スワップポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a7b2.html

戦略計画5:口座資産を黒字にする(初年度最終目標)

        2009年-口座資産を黒字にする:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-10d3.html

戦略計画6:ドバイ・ショック直撃

        2009年-ドバイ・ショック直撃:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a319.html 

戦略計画7:2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)

        2010年-対レバレッジ50倍規制:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2010fx50-fx-e8a.html

戦略計画8:リスクヘッジポジションを構築する

        2010年-リスクヘッジポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/-fx-f691.html

戦略計画9:実効レバレッジを低下させる(税金対策)

 

2010年のFX序盤戦が進行中ですが、

今年の8月に金融庁のレバレッジ50倍規制が施行されます。

総評価益が増大した状態を保存する為、

3月25日に、CAD/円(売り)のリスクヘッジポジションを建て、

4月12日には、EUR/CAD(買い)のリスクヘッジポジションを構築しました。

 

 

実効レバレッジを低下させる

現在口座の設定はレバレッジ200倍ですが、

この倍率はレバレッジ規制により、

2010年8月に50倍 → 2011年8月に25倍へ規制され変更される予定です。

 

これに対して口座の総評価額に対するポジション倍率実効レバレッジといいます。

リスクヘッジポジションを建てる前であれば、実効レバレッジは10.61倍と、

比較的低くなってきており、問題はありませんでした。

 

リスクヘッジポジを建てる前の口座状況(2010年03月20日時点)

2010_03_152010_03_20

 ※クリックすると拡大されます。

 

しかし、リスクヘッジポジションを建ててしまった事により、

全ポジション総額が増大し、実効レバレッジが18.45倍と大幅に上昇しています。

 

リスクヘッジポジを建てた後の口座状況(2010年04月17時点)

2010_04_122010_04_17

 ※クリックすると拡大されます。

 

現状ではレバレッジ規制50倍を超える事が出来る目算ですけれど、

運用面を考えると実効レバレッジが高すぎる状態と言えます。

その実効レバレッジを下げるにはいくつかの方法があります。

 ①入金により、口座資産を増やす。

 ②トレード益により、口座資産を増やす。

 ③為替差益による、評価額を増やす。

 ④スワップ金利により、評価額を増やす。

 ⑤ポジションを切る。

上記方法の中でも、

①は入金出来る資金はなく、

③はリスクヘッジポジで流動性を下げており、

④のスワップ金利はレバレッジ規制対策に使用していて、

⑤のポジションは切りたくない状況なので、

②のトレード益によって実効レバレッジの低下を目指します。

 

 

税金対策

わたしのFX口座は外為オンラインですが、この会社は相対業者に属します。

くりっく365口座(分離課税20%)ではないので、税制は累進課税となっており、

サラリー給料外収入(確定利益-確定損失)が20万円を超えると、

確定申告の必要が発生して課税されます。

 

2010年 01月 01日時点での口座資産は、30万 612円。

単純に口座資産が50万円を超えると課税される事になります。

長い視点で見れば小額づつ課税しておいた方が良いのではありますが、

 (195万以下だと税率15%でクリック365よりも安い)

今年は課税させたくないので、税金対策を行います。

方法は、スワップポジションかリスクヘッジポジションの建て直しですね。

スワップポジとリスクヘッジポジの差が増えれば、

それだけ評価益が内封される事になるので、

積極的に口座資産を評価額へ変換していきます。

4/12と4/30にリスクヘッジポジションの建て直しを行っており、

約14万円と約21万円分、合計 約35万円分の変換は済ませています。

 (同時建て直しの関係上スプレッド分の損失が発生します)

 

スワップヘッジポジション状況(2010年 04月 30日時点)

2010_0430_4

 ※クリックすると拡大されます。

全スワップヘッジポジション 67ロット(112万通貨) 総合計 3,495円/日

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,590円/日

 ・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:93円 × 25ロット = 2,325円/日

 ・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

 ・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 31ロット 合計 -95円/日

 ・CAD/JPY [89.4566] 1ロット:-13円 × 9ロット = -117円/日

 ・EUR/CAD [1.3532] 1ロット:1円 × 22ロット = 22円/日

4/12(約14万円分):CAD/JPY(売り)の平均建値 [87.86] → [89.4566] へ上昇。

4/30(約21万円分):EUR/CAD(買い)の平均建値 [1.3636] → [1.3532]へ低下。

 

口座状況(2010年 04月 30日時点)

2010_0430_2

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産は減っていますが、

その分リスクヘッジポジションの評価損が減っています。

 

口座グラフ(2010年 04月 30日時点)

2010_0430

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産を総評価額へ変換している状態が見てとれます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« AvaterGW到来!イベント開催-アヴァロン:日記 | トップページ | 2010年04月26日~05月01日 ギリシャ支援の合意期待で上げ上げ相場-FX為替:2010取引017 »

FX為替:戦略と計画」カテゴリの記事

コメント

くりっく365を使えば必ず節税されるとは限りませんよね
この点を書いていないブログや業者が多いので木になっていたのですが・・・

なこさんはさすがに冷静に計算されて対処されていますね
さすがですw

投稿: WIN | 2010年4月30日 (金) 12時42分

なこさん こんばんは~

昨日同様に欧州時間に入った途端にユーロを中心に上昇しましたね!
豪ドルも88円手前まで上昇するなど、GWは円安祭りになるのかな?

投稿: 貧乏おやじ | 2010年4月30日 (金) 18時08分

WINさん、こんばんはです~。

くりっく365は、既に勝てる手法を確立している人向けですね。
3年間の損失繰越はありますが、そもそも3年で勝てるようになる保障はなく、
税制一律20%ですが、330万を超える利益がないと、
店頭取引業者に対して利点はないです。
そして330万以上の利益を上げれる腕があるなら、
どこに開設しても変わらないw

尤も、わたしが重視していたのは、
手数料無料にスワップ金利額とその評価益利用ですけどね。
外為オンラインに決めた理由がこの理由と、
業界2位の取引量という将来的な安定感。
スワップ金利のみの出金可能という点です~。


貧乏おやじさん、こんばんは~。

欧州勢参入から上げが止まらないですね。
そして、すべてのAUD/円ポジは昼に手仕舞いしてますw
もう、ただ眺めているしか手がないです;

投稿: なこ | 2010年4月30日 (金) 18時57分

なこさん、こんばんは♪

口座がどれだけ安定していても、レバ規制は実行レバで計算されてしまうのが悲しいですね…
税金の額って払ってみるととんでもないので、調整は必須ですよね!!
それにはやっぱり建て直しですよね!!

投稿: 魚屋 | 2010年4月30日 (金) 19時03分

魚屋さん、こんばんは~。

レバレッジ規制も50倍だけならいいのですけど、
運転資金から考えて実効レバレッジは、
その半分くらいには抑えないといけないのが厳しいですね。
円高相場になった状態での実効レバレッジを考えておかないと、
相場下落から実効レバレッジが高くなり、
規制の資産維持率に引っかかる可能性があります。

店頭取引業者での税金は、
まず、20万円以下に抑えれば不問。
195万円以下で15%、330万以下で20%。
それぞれの枠内一杯に収まるように、
建て直しで損失を出して調整するのがいいですね~^^

投稿: なこ | 2010年4月30日 (金) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133760/34452969

この記事へのトラックバック一覧です: 実効レバレッジを低下させる(税金対策)-FX為替:戦略と計画9:

« AvaterGW到来!イベント開催-アヴァロン:日記 | トップページ | 2010年04月26日~05月01日 ギリシャ支援の合意期待で上げ上げ相場-FX為替:2010取引017 »