« ギリシャの暴動に関して楽観視していた様です-FX為替:ニュース | トップページ | 2010年05月10日~05月15日 ユーロ&ポンド叩き売り-FX為替:2010取引019 »

2010年5月12日 (水)

ユーロ(欧州)不信で非常事態-FX為替:戦略と計画10

・ユーロ(欧州)不信で非常事態

 

このカテゴリは、実際にわたしが行ってきたFXの戦略と計画を綴るものです。

 

戦略計画フェーズ

戦略計画1:最初の1ヶ月間はリスク体験を行う

        2009年-1ヶ月間のリスク体験:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/fx1-fx-0e9f.html

戦略計画2:取引手法の改善を行う

        2009年-取引手法の改善:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-4ee4.html

戦略計画3:取引通貨ペアの選択を行う

        2009年-取引通貨ペアの選択を行う:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-8d7c.html

戦略計画4:スワップポジションを構築する

        2009年-スワップポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a7b2.html

戦略計画5:口座資産を黒字にする(初年度最終目標)

        2009年-口座資産を黒字にする:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-10d3.html

戦略計画6:ドバイ・ショック直撃

        2009年-ドバイ・ショック直撃:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a319.html 

戦略計画7:2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)

        2010年-対レバレッジ50倍規制:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2010fx50-fx-e8a.html

戦略計画8:リスクヘッジポジションを構築する

        2010年-リスクヘッジポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/-fx-f691.html

戦略計画9:実効レバレッジを低下させる(税金対策)

        2010年-実効レバレッジを低下させる:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-77ee.html

戦略計画10:ユーロ(欧州)不信で非常事態

 

 

2010年のFX中盤戦に突入していますが、

先日、ギリシャ破綻危機でユーロ圏(欧州)に懸念が波及しました。

 

2010年 05月 06日 リーマンショック最安値より下値を更新するユーロ

2010_05_07__eurjpy

この時の下落で強制ロスカットされた方も多くいましたけれど、

わたしの口座では大丈夫でした。

 

2010年 05月 08日取引終了後の口座状態

2010_05_032010_05_08

 

 

EUR/CADが想定レンジを下落ブレイク!

AUD/CHF(買い)のヘッジとして建てていたEUR/CAD(買い)ポジション。

結構大きめの含み損を抱えてはいましたが、

想定レンジ内の値動きだった為、問題ではありませんでした。

それが、11日から状況が一変しました。

 

EUR/CADチャート(~2010年 05月 12日)

2010_05_12_eurcad

 

ギリシャだけで納まっていた信用不安が、ユーロ圏(欧州)全体へ波及。

徹底的にユーロが売られました。

一時330万円まで回復していた口座の評価額が、ついに240万円を割り込み、

12日の朝には210万円の水準まで減少

EUR/CAD 22ロットの含み損は-130万円に拡大

スワップポジションのAUD/CHFは、豪州利上げ一服感から軟調推移していて、

相関のズレが大幅に拡大し、口座を圧迫しています。

 

この状態と傾向は非常に危険と判断!

EUR/CADヘッジの安値から6ロットを損切り処分し約-23万円の大損失

さらに、非常用の資金(郵貯定期 50万円を解約)を緊急入金。

緊急対策

 ・損切りで流動性を下げ、解消されたポジションで相関を調整する。

 ・口座に資金を注入し、相関のズレからの耐久力を上げる。

とりあえず、現状はこの状態で動向を見ます。

事態が進行するようなら、ポジションの縮小を考えないといけませんね。

 

2010年 05月 12日の口座状況

2010_05_12_5 

 

2010年 05月 12日までの口座推移グラフ

2010_05_12

 ※クリックすると拡大されます。

 

2010年 05月 12日までの収支グラフ

2010_05_12_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

2010年 05月 12日の約定明細

2010_05_12_4

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« ギリシャの暴動に関して楽観視していた様です-FX為替:ニュース | トップページ | 2010年05月10日~05月15日 ユーロ&ポンド叩き売り-FX為替:2010取引019 »

FX為替:戦略と計画」カテゴリの記事

コメント

この頃の値動きははげしすぎるような気がします
まるで、相場が、レバをかけている個人投機を狩りだしたようなかんじです
もっと簡単な相場でいいのですが^^;

投稿: WIN | 2010年5月13日 (木) 11時59分

WINさん、こんばんは~。

どうにも方向感がなくてカオスな相場ですね。
全体的にユーロが売られていましたが、
今日はポンドが集中売り;
悪材料を見つけるとガッツリ下げてるのかな?

>もっと簡単な相場でいいのですが^^;
同意です~。

投稿: なこ | 2010年5月13日 (木) 19時59分

なこさん、こんばんは♪

ユーロの弱さがどこまで行くか分かりませんね^^;;

ユーロ買いポジは解消した方が、今は安心感がありますよね。
今後、大戻しがあるか更に攻められるか、ユーロは判断が難しいですね…

まだ変動率の高そうな相場が続きそうなので、スイングで稼いで行きたいと思っています。

投稿: 魚屋 | 2010年5月13日 (木) 22時42分

魚屋さん、こんばんは~。

ユーロの問題はかなり長期戦になりそうですね。
だからこそブレイク確認で対策を打ちました。
下落のピークではEUR/CADが1.2727まで行きましたし;

>まだ変動率の高そうな相場が続きそうなので、
>スイングで稼いで行きたいと思っています。
買いからも売りからも入れるFXなら、
価格変動自体が源泉になりますね。
でも、徐々に変動幅が少なくなってきてるみたいなので、
そのうち収束してどちらかにいくかもです。

投稿: なこ | 2010年5月13日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133760/34661383

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ(欧州)不信で非常事態-FX為替:戦略と計画10:

» FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。 [FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。 ]
FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。 [続きを読む]

受信: 2010年5月14日 (金) 03時32分

» FX初心者研究所 [FX初心者研究所]
FX初心者のためのサイト [続きを読む]

受信: 2010年5月15日 (土) 01時04分

« ギリシャの暴動に関して楽観視していた様です-FX為替:ニュース | トップページ | 2010年05月10日~05月15日 ユーロ&ポンド叩き売り-FX為替:2010取引019 »