« ユーロ(欧州)不信で非常事態-FX為替:戦略と計画10 | トップページ | 論理的思考を日常習慣にする-FX為替:脳力開発7 »

2010年5月15日 (土)

2010年05月10日~05月15日 ユーロ&ポンド叩き売り-FX為替:2010取引019

・2010年05月10日~05月15日 ユーロ&ポンド叩き売り

 

2010年 05月07日
[ブリュッセル/ベルリン]
ユーロ加盟国は7日の首脳会議でギリシャに対する支援を正式に承認した。
1100億ユーロ(1476億ドル)規模のギリシャ向け支援について、
ユーロ圏16カ国の首脳は合意したかとの質問に対し、
同筋は「(合意が)成立した」と語った。
 ユーロ圏各国はこの日、ギリシャに対する資金拠出をそれぞれ承認した。
 ドイツの連邦議会(下院)と連邦参議院(上院)は
  3年間で224億ユーロを拠出する法案を可決した。 
 オランダ議会は47億ユーロ(63億ドル)の支援を事実上承認した。
 ポルトガルでは20億6000万ユーロ(27億6000万ドル)の拠出を
  与党社会党と野党社会民主党が支持し、議会で承認された。
 スペイン政府も98億ドル(131億5000万ドル)の支出を承認した。

[ブリュッセル]
ユーロ圏16カ国は7日開いた緊急首脳会議で、
10日に金融市場が開く前に金融安定化メカニズムを創設し、
 ギリシャ問題の拡大を防ぐことで合意した。
9日に欧州委員会が具体案を示し、
 同日開かれるEU財務相会合で承認される見通し。
ユーロ圏首脳は声明で、
ユーロ圏各国および欧州中央銀行(ECB)や欧州委員会を含むユーロ圏の機関は、
ユーロ圏の安定のためあらゆる利用可能な手段を活用すると表明した。
欧州委員会のバローゾ委員長は首脳会議後、
「何としてもユーロを防衛する。幾つかの手段を持っており、
 それらを活用する」と述べた。
首脳会議はまた、財政赤字削減を加速し、
 今年の目標達成に向けてさらに努力することでも合意した。
具体的には、EUの財政規律を強化し、
 規律に違反した国により効果的な罰則を適用し、
 債務の水準と競争力に注意を払う。
創設が検討される金融安定化メカニズムについてユーロ圏関係筋は、
 ユーロ圏各国の保証の下で欧州委員会が債券を発行して、
 市場から資金を調達する形になる可能性があると述べた。
 同筋は「2種類のメカニズムで合意している。
 1つは深刻な困難に陥った加盟国を欧州理事会が支援できるという点だ。
 2つ目は加盟国の明確な保証およびECBの暗黙の保証の下で、
 欧州委員会が市場から資金を調達するという点だ」と述べた。
 別の関係筋によれば、ECBの保証が暗黙のものにとどまる理由は、
 EU法に違反したり、ECBの独立性を脅かさないためだという。

 

2010年 05月 10日
市場開放とともに、ユーロを中心に大きく上窓明け。
先週末7日に実施されたEU16カ国の緊急首脳会合で、
ギリシャ向けの支援が正式に承認されるとともに、
ユーロ支援を目的とした緊急支援の基金創設で合意されたことが、
好感されているようだ。

[バーゼル(スイス)] 
国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は、
ギリシャ債務危機を解決するため、
世界各国が合意した1兆ドルに上る緊急支援措置は、
市場を安定させるために十分だ、との認識を示した。
同専務理事は、国際決済銀行(BIS)中央銀行総裁会議の合間に記者団に対し、
ECBが発表した措置は非常に大規模なものだと指摘、
「これらはいずれもうまく機能すると思う」と述べた。
また、市場の反応も「大いに好ましい」と語った。

9日の欧州連合(EU)緊急財務相理事会が、
EUから5000億ユーロ、
IMFから2500億ユーロの緊急支援枠で合意、
世界の金融市場やユーロ相場はポジティブな反応を示している。
経済危機への可能性を断つべく世界的な救済支援が合意され、
ユーロを筆頭にクロス円が大幅回復。

15時の休憩時、AUD/円の82・83円ポジをトレールへ変更後、
約定。大利益です。
仕事が終わって19時にはさらに高騰していたので、
84円ポジをトレールへ変更後約定。
下落で指値にHITし、再び保持した84円ポジが評価益になった為、
トレールへ変更後約定。この2ロットで中利益です。

 

2010年 05月 11日
日付が変わってからクロス円は軟調。
今回保持した安値から2ロットのAUD/円はスワップポジにする事に
決めました

評価益は乗っているのでCAD/円ヘッジを掛けましたが、
CAD/円が下落して評価栄になったので、約定。小利益。

朝起きて見てみると寝る前よりも相場は少し上昇。
AUD/円2ロット分のCAD/円(売り)ヘッジを2ロット建てました。
10時の休憩時に評価益になっていた為、軽い気持ちで約定、中利益。
しかし、その後欧州不安から下げ一辺倒。
EUR/CADが1.29台まで低下し、含み損が-100万クラスへ
AUD/円の指値にHITして1ロット買い保持です。

 

2010年 05月 12日
日付が変わった辺りから豪ドルなどが上昇。
AUD/円1ロットが評価益に変わった所でトレール後に約定。小利益。
AUD/円2ロットのヘッジとしてCHF/円(売り)ヘッジを構築。
これ以上CAD/円↑に弱い体制には出来ません。
ユーロの上がる気配が無いまま、EUR/CADの含み損が増加して
損失は出していませんが、評価額は大幅に減少;
含み損が-110万まで拡大し、ジリジリ追い詰められています…。

朝になり、EUR/CADの含み損は-120~130万円
徹底的にユーロが売り叩かれています。
この事態に危険と判断して、安値から6ロットを解消
約-23万円の大損失です。
先の約25万円建て直しがあるので、実質は-48万円
昼に緊急用の郵貯定期50万円を解約して、入金
相場が下落していたので、CHF/円の売りヘッジを約定。大利益。

仕事終了後見てみると、相場は一度下落して回復傾向。
下落で指値にHITしていたAUD/円が評価益だったので、
トレール後に約定。大利益。
また、解消していたCHF/円売りヘッジを今度は3ロットで
買い直し後下落しましたが、底がしっかりしている様なので、
ヘッジ解消。大利益です。
その後クロス円が上昇してきたので、CHF/円の売りヘッジを
建てたものの、相場はジリ上げ貫通。
ちょっとだれて来た時にポジ解消、小利益。
どうやらまだ、上がりそうですね。

21:30 米3月貿易収支 予想-405億ドル→-404億ドル

 

2010年 05月 13日
日中は世界的な株価の上昇もあり、クロス円を筆頭に上昇傾向。
昼にAUD/円1ロットをトレールへ変更後、約定。中利益。

夜になり昼に高騰していた相場は一転して下落。
この下落で指値にHITし、AUD/円を1ロットを買い保持です。

 

2010年 05月 14日~05月 15日
日中はユーロを中心にジリ下げの展開。
そして、夕方に欧州勢が参加するとユーロが下落。
この下落で、本日安値を更新。
ドル/円92.2、EUR/円114.2、GBP/円133.8、AUD/円82.2
NZD/円65.6、CAD/円89.8、CHF/円81.9、ZAR円12.117
AUD/CHF0.9983、EUR/CAD1.2762

下落時に指値にHITして、AUD/円を1ロット買い保持です。
その後すぐに反発上昇した為、トレールへ変更後、約定。
小利益です。
     
22:15 米4月設備稼働率 予想73.8%→73.7%
   米4月鉱工業生産 予想前月比+0.7%→+0.8%
22:55 米5月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報)
        予想73.5→73.3
23:00 米3月企業在庫 予想前月比*0.4%→+0.4%

どうやら21:30あたりから仕事疲れで寝ていたようです。
朝起きてみると随分下落。AUD/円2ロットのスワポジ化は保留とします。

 

 

会計 2010年

05月10日資産   33万 1,128円   総入金額 100万 5,000円

資産率           32.94      トータル   -67万 3,872円

評価損益     +225万 4,870円    評価資産 258万  5,998円

(スポット損益  +146万 1,744円   スワップ  +76万  3,126円

                     ↓

05月15日資産   68万 1,122円   総入金額 150万 5,000円

資産率        45.25%(+12.31%) トータル  -82万 3,878円

損益         -15万     6円   日割損益  -3万     1円

損益率           -45.30%    日割損益率   -9.06%

勝数/敗数     14勝/1敗(7連勝中) 平均勝率       93.3%

評価損益     +199万 5,960円    評価資産 267万  7,082円

(スポット損益  +120万   118円   スワップ  +79万  5,842円

口座資産+スワップ累計額   147 6,964円

口座資産+スワップ先週比   +38万 2,710円

所感:

ユーロとポンドが徹底的に売り叩かれています。

この影響でリスクヘッジポジとして多量保持している

EUR/CADの評価額が大幅にマイナス。

それだけならよかったのですが、豪ドル利上げ一服観測から、

AUD/CHFが弱い状態が続き、両ポジの相関のズレが拡大!

口座の状況を圧迫する事態となりました。

 

この傾向が続くと非常に厳しい状態になる為、

 ・EUR/CAD6ロットを解消し、相関の補正。

 ・郵貯定期を解約し、50万円の緊急入金で耐久力UP。

上記緊急対策を行いました。

 

ユーロ不信で非常事態-FX為替:戦略と計画10

http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx10-9b07.html

 

この対策で、約-23万円の損失が発生していますが、

今週のトレードで、約+8万円の確定益が出せたので、

今週の収支としては、約-15万円といった状態です。

50万円を追加入金している為、

総評価額は実質、   2,177,082円。

年初での総評価額は、2,292,562円。

現時点での強制ロスカット値は、394,555円。

8月のレバレッジ規制まで、余力は十分ある状況となっています。

しかし、この先どうなるのでしょうか・・・。

 

 

口座状況

2010_05_102010_05_15

 

口座グラフ

2010_05_102010_05_15_2

 ※クリックすると拡大されます。

全スワップヘッジポジション 61ロット(106万通貨) 総合計 3,605円/日

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,659円/日

 ・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:93円 × 25ロット = 2,325円/日

 ・NZD/USD [0.6599] 1ロット:39円 × 6ロット = 234円/日

 ・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 25ロット 合計 -54円/日

 ・CAD/JPY [89.4566] 1ロット:-6円 × 9ロット = -54円/日

 ・EUR/CAD [1.3532] 1ロット:0円 × 16ロット = 0円/日

NZD/USD(買い)のスワップが、41 → 39へ減少。

CAD/JPY(売り)のスワップが、-9 → -6へ減少。

EUR/CAD(買い)のリスクヘッジポジを6ロット解消。

EUR/CAD(買い)のスワップが、1 → 0へ減少。

 

USD/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_usdjpy  

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_05_102010_05_15_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/CADチャート

2010_05_102010_05_15_eurcad

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_05_102010_05_15_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_05_102010_05_15_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_05_102010_05_15_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_05_102010_05_15__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_05_102010_05_15__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_05_102010_05_15__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

|

« ユーロ(欧州)不信で非常事態-FX為替:戦略と計画10 | トップページ | 論理的思考を日常習慣にする-FX為替:脳力開発7 »

FX為替:2010取引」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ナコ・リリス様
今回はひどかったですね・・・
僕も軽く1晩で、かなりやられましたよ。
リリス様はすごいですね、これのほかに隠し財産持っている。とは、なかなかやりますなー。

投稿: 井口 | 2010年5月15日 (土) 21時00分

なこさん、こんばんは~

ユーロの下落が止まりませんね…
今後戻すかそれとも反発か、判断に悩むところですね。

AUDCHFのロングがEURAUDのショートだったらと思いますね^^;;

投稿: 魚屋 | 2010年5月15日 (土) 22時38分

井口さん、おはようです。

この50万円は緊急用と書いている通り、
冠婚葬祭・事故・怪我・病気などの非常事態に備えた資金で、
FX用に備蓄していた物ではないです。
今回の危機がひと段落したら戻しますよ。
また、現在の強制ロスカット値は、394,555円なので、
入金の必要はないと思ってますが、
ドバイ・ショック、や先日の急落など、
想定外の事が起こるのがFXですので、
保険に入金したまでです。


魚屋さん、おはようです~。

ユーロはもう1~2順したら戻しそうだとは思ってます。
しかし、予想して当たった試しがないので全くあてにしてませんw

安値で停滞している間に手放したEUR/CADも
買い直したいとは思ってるのですよね。
今は底抜けが怖くて買えませんが。
買いそびれたとしても、損失はそこまで大きくないから、
それでも良いのですけど^^

投稿: なこ | 2010年5月16日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133760/34708416

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年05月10日~05月15日 ユーロ&ポンド叩き売り-FX為替:2010取引019:

« ユーロ(欧州)不信で非常事態-FX為替:戦略と計画10 | トップページ | 論理的思考を日常習慣にする-FX為替:脳力開発7 »