« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の9件の記事

2010年6月30日 (水)

除湿機を購入してみました-日記

・除湿機を購入してみました

 

今年の梅雨は梅雨前線が北と南に挟まれて停滞している影響で、

局地的な大雨と蒸し暑い日々が続いています。

この状況の中、予てより購入検討していた除湿器を導入する事に。

晴れて快適な除湿ワークが訪れましたw

洗濯物がバリバリ乾きますよ~♪

 

 

なぜ、エアコンではなく、除湿器なの?

我が家は木造和風家屋で、部屋の仕切りは無く、つながっています。

3~4年前に購入したエアコンが一台あるものの、

高齢のお婆さんがいる為、あまりエアコンを付ける訳にもいきません。

 ※数年前のエアコンは電気効率が悪く、冷えすぎる

そこで、除湿器の出番という訳です。

 

 

除湿器って?

簡単に言うと空気中の湿気を取る機械です。

単に除湿能力だけならエアコンの冷房や除湿の方が高いです。

 

 

除湿器は何を見て選んだらいいの?

除湿器にはいくつかの方式があり、まずはこの方式で絞ると良いでしょう。

その後に、除湿能力、消費電力、冷風、廃熱を確認すると良いです。

 

・エアコンの除湿機能  (除湿◎ 熱○ 稼動音◎ 電気代○ 季節×)

 冷却部で空気を冷やして結露させて水滴を取ります。

 冷風と廃熱ダクトが別になっており、廃熱は屋外へ出される為、

 部屋は暖まらなく、むしろ温度が下がる。除湿モードは冷房の弱運転。

 再熱除湿という機能の除湿は、送風温度が低くない代わりに電気代が掛かる。

 室外機が屋外にある為、冬には著しく能力が低下する。

 

・コンプレッサー方式  (除湿○ 熱○ 稼動音× 電気代◎ 季節△)

 エアコンと同じ方式で、冷却部で空気を冷やして結露させて水滴を取ります。

 廃熱と冷風が出ますが、廃熱が別ダクトになっていない物は室温が上昇します。

 廃熱が別ダクトになっている物がありますが、ダクト穴がないと困り果てます。

 エアコンと違い室内にある為、冬の能力低下は少しマシ。

 

・デシカント方式     (除湿○ 熱△ 稼動音○ 電気代△ 季節◎)

 吸湿素材が吸湿し、それをヒーターで暖めて回生させる方式。

 比較的稼動音が低く、冬にも能力低下を起こしにくいが、

 ヒーターを使っている為、廃熱温度が高く、電気代も高め。

 機械部品が少ないので、本体が小さめで軽い。

 

・ハイブリッド方式    (除湿○ 熱△ 稼動音△ 電気代○ 季節◎)

 コンプレッサー方式とデシカント方式を両方搭載したもの。

 双方の利点を有するものの、両方の機能を搭載している為、

 本体が大きく、重い。

 

・ペルチェ素子方式  (除湿△ 熱△ 稼動音◎ 電気代△ 季節△)

 電流を流すと、一方向へ熱が移動するペルチェ素子を用い、

 片側は加熱し、もう片側は冷却する性質を使った除湿器。

 あまり効率は良くないが、小型、小稼動音化出来る。

 

 

わたしが選んだ除湿器は?

CORONA(コロナ)のCDM1410「どこでもクーラー」という製品です。

この除湿器はコンプレッサー方式で、除湿器の中では高除湿力の12~14L/日。

冷風口と廃熱ダクトが独立しているタイプで、消費電力が300~330Wです。

能力の割にはエアコンと比べても消費電力は小さいですね。

 

CORONA(コロナ)除湿器カタログ

http://www.corona.co.jp/question/catalog_dl/kuuchou/catalog/1002jyositu.pdf

 

_corona_cdm1410

 ※CORONA 除湿機カタログより 抜粋

 

希望小売価格は80,640円となっていますが、

amazonの通販で購入した所、32,980円で翌日の夜には届いていました。

使ってみた所、

音は大きいです(扇風機強2台分くらい?)が、除湿能力は高く、

夕方に帰ってから弱冷風運転した所、夜11時くらいには3Lくらい貯まってます。

冷風機能はやや冷たい乾いた風が出る扇風機という感じで非常に満足です。

 ※部屋全体を冷やすような能力はありません。

ただ、廃熱ダクトを障子の隙間に挟んで使ってる為、

廃熱あたりは改造しないといけませんね。

 

ちなみに、付属の廃熱ダクトは布製の1m程度ですが、

ホームセンターなどで売っているエアコン用廃熱ダクトを使えば延長出来ます。

 ※専用の窓用ダクト取り付けキットは別売りです。

 ※追記:どうやら延長は出来ない模様。

      廃熱ファンが管の外にない為、出力不足でオーバーヒートするみたい;

また、排水タンクは5.8Lと大きく大容量ですけれど、

連続排水用のホースを刺す事も出来ますよ~♪

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2010年6月28日 (月)

2010年06月21日~06月26日 人民元切り上げ観測とリスク回避-FX為替:2010取引025

・2010年06月21日~06月26日 人民元切り上げ観測とリスク回避

2010年 06月 21日

LION:朝一にAUD/ドルを0.1ロット買い保持。
朝方は下落していましたが、その後はアゲアゲ相場。
トラップトレードを停止しましたが裏目に出たようです。

 

2010年 06月 22日

昨日付けた高値を皮切りに、下落傾向。
23:00 米OFHEO4月住宅価格指数 予想は前月比+0.3%→+0.8%
   米6月リッチモンド連銀製造業指数 予想20→23
   米5月中古住宅販売件数 予想年率612万件→566万件

 

2010年 06月 23日

LION:朝一にAUD/ドルを0.1ロット買い保持。
しかし、どうにも上値が重い展開です。

LION:夕方に売り保持していたドル/円を0.1ロット約定、微利益。
   が、その後下落して90円の攻防へ。

23:00 米5月新築住宅販売件数 予想年率41万件→30万件
LION:AUD/USDを一度取引して微利益後、0.1ロット買い保持です。

 

2010年 06月 24日

中国人民元の変動許容から、人民元の切り上げが連想され、
資源国通貨全般に売られ傾向です。

21:30 米新規失業保険申請件数 予想46万3000件→45万7000件
   米5月耐久財受注(除輸送機器)予想前月比+1.0%→+0.9%
   米5月耐久財受注 予想前月比-1.4%→-1.1%

2010年 06月 25~26日

21:30 米1-3月期コアPCE(確報値)予想前期比+0.6%→+0.7%
   米1-3月期GDP価格指数(確報値)予想前期比+1.0%→+1.1%
   米1-3月期個人消費(確報値)予想前期比+3.5%→+3.0%
   米1-3月期実質GDP(確報値)予想前期比年率+3.0%→+2.7%
米指標の悪化から、下落傾向。

22:55 米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報)予想75.5→76.0

 

 

2010年会計:外為オンライン

06月21日資産       3,422円   総入金額 150万 5,000円
資産率            0.41%      トータル -150万 1,578円
                     ↓
06月26日資産       3,422円   総入金額 150万 5,000円
資産率            0.41%      トータル -150万 1,578円
損益                   0円   日割損益           0円
損益率                0%    日割損益率       0%
勝数/敗数           0勝/0敗   平均勝率        0.0%

会計 2010年:ヒロセ通商 LION FX

06月21日資産    11万 3,479円   総入金額  10万     0円
資産率          113.47%        トータル   11万 3,479円
                     ↓
06月26日資産    11万 4,084円   総入金額  10万     0円
資産率          114.08%(+0.61%)  トータル   11万 4,084円
損益                +605円    損益率     +0.53%
勝数/敗数        3勝/0敗(3連勝中) 平均勝率      100.0%
所感:

ちょっといろいろやっていたら更新が遅れました。

まぁ、タマにはいいよね?w

 

この週はほぼ様子見でしたが・・・

ドル/円を早々に決済していたのが裏目に出ました。

ここから先、ハリケーンや原油流出問題次第では大幅下落もありえます。

とはいっても意外としっかり回復するのかもしれませんが、

用心に越した事はないですね。

 

サッカーワールドカップは日本が決勝トーナメントに進出!

ぜひ、勝って欲しいです^^

 

 

口座状況:外為オンライン

2010_06_212010_06_26

口座状況:ヒロセ通商 LION FX

2010_06_2106_26__lion

 

USD/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_06_212010_06_26_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/CADチャート

2010_06_212010_06_26_eurcad 

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_06_212010_06_26_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_06_212010_06_26_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_06_2106_26__01_lion

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

XBrave クロスブレイブoβスタート-日記

・XBrave クロスブレイブoβスタート

 

Five Starsが運営するクロスブレイブが、

2010年6月25日からoβ開始されています。

ちょっとやってみたのでプレビューします。

 

クロスブレイブ 新規登録ページ

http://xb.5so.jp/

 

クロスブレイブ 公式HP

http://xb.5so.jp/main.html

 

 

キャラクターメイキング

クラスと性別:

 ・剣闘士 男性、女性

 ・武術家 男性(女性は未実装)

 ・魔導士 女性(男性は未実装)

他の外観

 ・髪型

 ・目

選択出来る項目はこの程度でした。

2010_o_01

 

開始早々は、簡単な操作方法のチュートリアル。

ゲームはどうやらメイプルストーリーの様な横スクロールアクションみたいです。

 ※奥行きあり

2010_o_02

 

実はこのゲーム、ゲームパッドに対応しているみたいなんです。

わたしが使っているゲームパッドはPS2のパッドを使えるPSパッドコンバータ。

ELECOMで販売されている物です。

 

2010_o_03_2

ELECOM JC-PS101U

http://www2.elecom.co.jp/peripheral/gamepad/jc-ps101u/

 

操作設定はキーコンフィグが用意されていて結構自由に設定できるみたいです。

ただ、このPS2パッドコンバータを使う時には、

ANALOGモードをONにしていないと、十字キーが反応しなかったです。

2010_o_04_2 

 

そして、クエストを進めると・・・

2010_o_05

 

ボス戦にw

2010_o_06 

 

序盤すぎてなんとも評価しづらいですが、撮影してると殺されましたw

操作性などはそんなに悪くなかったです。

コンシューマゲーム感覚で出来て、なかなかいいかも?

 

しかし、ちょっと注目してる他のゲームがあるのですよね。

LOCOってゲームですが、期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

2010年06月14日~06月19日 欧州財政懸念と米原油流出-FX為替:2010取引024

・2010年06月14日~06月19日 欧州財政懸念と米原油流出懸念

 

2010年 06月 14日

依然として上げ上げ相場。
保持していたAUD/円が0.3ロット指値で約定され、小利益。

 

2010年 06月 15日

02:09 格付け大手ムーディーズは、
ギリシャの格付けをA3からBA1に格下げしたことを発表した。

10:33 豪中銀は、金融政策決定会合の議事録を公表。
その中では「一連の政策金利変更が政策上の柔軟性を与える」
「欧州の混乱がアジアの刺激策の解消を遅らせる可能性がある」
「通貨下落は全般的に秩序立っていた」
といった見解が示されている。

豪中銀議事録が嫌気され、ギリシャ格下げ、スペインのストなどから
リスク回避の動きになり下落。
LION:この時に指値にHITしてAUD/円を0.1ロット買い保持です。

 

2010年 06月 16日

日付が変わった後少しして・・・
外為:AUD/円、NZD/USD、AUD/CHFどれにするか迷いつつ、
   AUD/CHFを1ロット買い保持するも一瞬の急落でロスカット、小損失。
外為:NZD/USDを1ロット取引して微利益。
   上昇したのはAUD/円・・・。その後NZD/円を取引して小利益。
LION:AUD/円が指値にHITして、小利益です。

日中は上昇相場でしたが、夕方からリスク回避で下落。
LION:AUD/円を0.1ロット買い保持後。
外為:NZD/円を1ロット買い保持後、下落でロスカット;
    耐久力なさすぎてダメダメです;
そして、また一テンポ早かったみたい、狩ってから反転上昇。
狙いはいいのだけど、タイミングが・・・ね;

 

2010年 06月 17日

欧州不安再燃から一進一退の相場。
LION:夜になり、AUD/円を0.2ロット約定、小利益です。

21:30 米1-3月期経常収支 予想-1219億ドル→-1090億ドル
   米週の新規失業保険申請件数 予想45万件→47万2000件
   米5月CPI(消費者物価指数)予想前月比-0.2%→-0.2%
   米5月コアCPI(消費者物価指数)予想前月比+0.1%→+0.1%
23:00 米6月フィラデルフィア連銀製造業景況指数 予想20.0→8.0
   米5月景気先行指数 予想前月比+0.4%→+0.4%
フィラデルフィア連銀製造景況を嫌気され、相場が下落。
LION:成行と指値でAUD/円を0.1ロットづつ、計0.2ロット買い保持。

 

2010年 06月 18~19日

朝起きるとNYダウとともに相場が少し回復していました。
LION:朝一にAUD/円を0.1ロットづつ計0.2を成行で約定、小利益。
   USD/円を0.1ロット売り保持します。

 

 

2010年会計:外為オンライン

06月14日資産       6,227円   総入金額  150万 5,000円
資産率              0.41%    トータル  -149万 8,773円
                       ↓
06月19日資産       3,422円   総入金額  150万 5,000円
資産率              0.22%    トータル  -150万 1,578円
損益             -2,805円   割損率          -45.0%
勝数/敗数           2勝/2敗    平均勝率           50.0%

会計 2010年:ヒロセ通商 LION FX

06月14日資産  10万 7,029円   総入金額  10万     0円
資産率            107.02%    トータル   10万 7,029円
                      ↓
06月19日資産  11万 3,479円   総入金額  10万     0円
資産率            113.47%   トータル   11万 3,479円
損益             +6,450円   割損率           +6.0%
勝数/敗数           8勝/1敗   平均勝率          88.8%

所感:

残金が残っていた外為オンラインで取引した所、ついにゲームオーバー;

耐久力が無さ過ぎるとダメですね。

後の希望はヒロセ通商 LION FXに繋ぎます。

しかし、欧州財政懸念にメキシコ湾の原油流出から、

どうなるかわからない状態になってきました

そこで、回転していたAUD/円トラップトレードを中止し、

ドル/円を0.1ロット売り保持して様子をみます

前は一気に突っ込んで失敗したので、今度は慎重に・・・w

 

また、集計Excelは集計書式を変更中ですので、

各種グラフの掲載は中止します。

 

メキシコ湾の原油流出と予言などの未来予測-日記

http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/--0f04.html

 

  

表紙挿げ替えの菅内閣はイマイチ信用出来ないと思っています。

・脱税して公約も反故にした鳩山元総理

・資金使途不明瞭な小沢元幹事長

・口蹄疫を放置した赤松元農水相

責任の所在と処罰をしておかないと同じ事を繰り返しても大丈夫となってしまいます。

さらに、消費税10%議論する前に、

公務員給料算出する為に基本となるデータ「従業員50人以上の企業平均値」を、

「中小企業を含めた民間企業全ての平均値」へ変更するべきです。

民間企業との公務員給料格差は、

計算基本値には大部分の中小企業が含まれていない事から発生しています。

おまけに、基本給料から算出されるボーナス額も一気に民間に近くなるでしょう。

この変更だけで、恒久的に兆単位の支出削減と財源確保が出来るはずです。

 ※中小企業は全体の7~8割を占めているらしいです。

 

 

口座状況:外為オンライン

2010_06_142010_06_19

口座状況:ヒロセ通商 LION FX

2010_06_1406_19__lion

 

USD/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_06_142010_06_19_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/CADチャート

2010_06_142010_06_19_eurcad

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_06_142010_06_19_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_06_142010_06_19_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_06_142010_06_19__01

2010_06_142010_06_19__01_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

メキシコ湾の原油流出と予言などの未来予測-ニュース

・メキシコ湾の原油流出と予言などの未来予測

 

メキシコ湾原油流出事故

メキシコ湾での原油流出事故で依然として原油流出が続いています。

原油だけでなくメタンガスや揮発性の毒ガスも漏れている様で、

このまま流出が止まらない状態が続くなら、

流出した原油がハリケーンなどでアメリカ内陸部へ運ばれる恐れもあります。

さらに、流出箇所からだけでなく、海底の底が11キロに渡って割れ、

メタンハイドレートのガスや原油が漏れ出しているらしく、

他の箇所に油井を設けて原油を吸出し、

油田の油圧を下げない事には収拾がつかなくなって来ている様です。

他の箇所に油井が出来るのは8月になる予定。

その間原油の流出は止まらない見込みとなっています。

 

事故を起こしたBPも、これまでいくつか対策を行ってきました。

①巨大な囲いで蓋をする作戦

 → 失敗(気泡で浮上、穴詰り)

②原油パイプにチューブを挿入して漏れを軽減しつつ原油を回収

 → やや成功

③泥やセメントを流し込んで原油パイプを塞ぐ

 → 大失敗(油田圧が上昇し、海底が割れた)

④流出した油を海面でタンカーにより回収

 → 対処療法で常に継続必要あり

  当初1隻 → 現在2隻 → 近いうちに3隻に増やす予定。

  しかし、流出そのものは手付かず。

⑤原油分散剤の散布

 →この溶剤は毒性が強く、揮発性もあり、毒の雨をもたらす危険あり。

 

深海1500mで蛇口全開で噴出する原油を止める事は出来ず、

もし止めれても、油田の圧力に負けて海底から噴出。

もはや核爆弾を用いて熱で岩盤を溶接するか、

吹き飛ばした土砂で埋めるしかないのかも?

 

過去最大と言われてきたタンカーの原油流出では、漏れた原油は有限でしたが、

化石燃料と言われていた原油は、最近の調査では、

マグマなどの活動により無尽蔵に生み出されているとも聞きます。

ですので、ほっておけば死の海になりますし、

賠償問題どころか地球の危機的状況になっていて相当ヤバイです。

米では報道規制が敷かれているっぽいこともありますが、

この件もTVなどではあまり原因や詳細状況が報道されていないのが恐ろしいですね。

 

また、油田が爆発したりハリケーンなどで内陸部に原油が運ばれた場合、

深刻な食糧危機が発生する可能性まで出てきました。

解決して欲しいですがどうなるのでしょう・・・。

 

2010年 7/1追記

ついに恐れていたハリケーン襲来です!

とりあえず逸れたみたいですが、

ウェブボット予言どおり7月以降は激動期へ突入してしまうのかも?

 

 

産経ニュース

メキシコ湾にハリケーン襲来 BP原油回収に遅れ、被害拡大も

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100701/amr1007011810007-n1.htm

メキシコ湾に今シーズン初のハリケーン「アレックス」が襲来し、
英メジャー(国際石油資本)BPの石油掘削施設から流出が続く
原油の回収作業の一部が、高波や強風の影響で停止に追い込まれている。
今年はハリケーンの多発の年とみられ、
海岸線や湿地帯の原油汚染を拡大させ、
除去作業のさらなる長期化や費用の増大を招く恐れがある。
「アレックス」は30日、メキシコ沿岸部に上陸。
最大風速毎時160キロ、時速16キロの速度で西へ移動している。
オバマ大統領はテキサス州に非常事態宣言を出した。

ロイター通信によると、
流出原油が海面に漂流するルイジアナ州沖も、
約2・1メートルの高波や最大風速毎時約40キロメートルの強風に見舞われ、
洋上での原油回収、原油燃焼処理、化学分散剤の空中散布などが
停止に追い込まれた。
海岸線への漂着を阻止するオイルワックスも、一部が高波で分断された。

 ※産経ニュースより 一部抜粋

 

「週刊・上杉 隆」

オバマ大統領ももはや打つ手無し
メキシコ湾原油流出事故の想像以上の深刻

http://diamond.jp/articles/-/8468

海洋汚染の範囲は日に日に広がっている。
海流の関係でフロリダ半島の西海岸はほぼ壊滅状態になっている。
しかもその潮流はリゾートの集まる東海岸にも流れ込んでいる。
今週中にはその範囲にまで、
さらに2週間後にはオイルで汚れた海水がニューヨークにまで到達する
という観測もある。

原油価格も沸騰し、一ガロン3ドル以上と、
自動車社会の米国にとっては致命的な値段になっている。
米政府は、全国民に対して解決のためのアイディアを募集している。
核兵器を使ってパイプを破壊し、それによって原油の流出を止める、
などという奇想天外な案まで寄せられているという。
だが、それも笑えない状況になってきた。
もはや、手の打ちようのない今回の事故は、誰が解決するのか、
誰が責任を取るのか、というレベルの議論ではなくなっている。
米国のみならず、カリブ海全体、ひいては地球全体の問題になりつつある。

 ※「週刊・上杉 隆」より 一部抜粋

 

ウォールストリート・ジャーナル 日本版

http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_72360

 ※トピックス:メキシコ湾原油流出 より一部抜粋

米史上最悪となったメキシコ湾沖の原油流出事故。6月16日にはオバマ米大統領が初めて大統領執務室から国民向け演説を行い、海底油田事業への規制を強 化し、事業者である英BPの責任を追及する考えを示した。WSJでは、事故の起きた背景を分析する一面特集をはじめ、石油大手への影響や米議会による公聴会など詳しくリポートしている。

 

ロストワールド Season2.3

差し迫った国家非常事態-酸性雨がアラバマに襲い掛かる

http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/154871958.html

生態学的な災害が拡大する湾 -混乱する米国政府

http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/153250038.html

科学者は『修復不能』の、壊されたメキシコ湾の海の底に警告します

http://higasinoko-tan2.seesaa.net/article/153029437.html

 

Byond 5 Senses

メキシコ湾の原油流出は「何年も続く」

http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/bpleak.html

 

 

予言と未来予測

いつもの様にインターネットで情報収集を行っていると、

面白い試みをされているHPを見つけました。

予言と言われる未来予測を中心に扱っておられる様です。

「ヤスの備忘録」では主に、

 ・Web Botと呼ばれる手法での予言。

コメント内には、様々な予言なども用いて色々な角度からの解釈をされています。

 ・ノストラダムスの大予言

 ・日月神事

 ・聖書

 ・ホピ族 世界終末9つの前兆

 ・占星術

 ・地殻&火山活動

 ・太陽黒点活動

 などなど

的中率などは置いておいても、最悪の状況を想定するにあたり

非常に面白くて参考になると思いましたので、気になる方は見てはいかが?

 

 

おまけ

第二のラッパが鳴り響いた

「火で燃えている大きな山のようなものが、海に投げ入れられた。
 海の三分の一が血に変わり、また、被造物で海に住む
 生き物の三分の一は死に、船の三分の一は壊された」

(ヨハネの黙示録 / 8章 8節9節)

 

第三のラッパが鳴り響いた

「松明の様に燃えている星が落ちてきて、
 川と水源の三分の一に落ちた。
 この星はニガヨモギといい、
 水の三分の一がニガヨモギの様に苦くなって、
 多くの人が死んだ」

(ヨハネの黙示録 / 8章 10節)

  

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ

やはり、この夏にはなにかあるのか?11 (6/27日分)

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-178.html

やはり、この夏にはなにかあるのか?10 (6/17日分)

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-177.html

やはり、この夏にはなにかあるのか?9 (6/10日分)

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-176.html

 

すべてはひとつ

Web Botを解説されているHP

http://bigpapa920jp.blog18.fc2.com/blog-entry-114.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

2010年06月07日~06月12日 ハンガリー財政懸念と一時小康-FX為替:2010取引023

・2010年06月07日~06月12日 ハンガリー財政懸念と一時小康

 

2010年 06月 07日

下窓空けスタート後、朝に下落したのち反転上昇。
LION:AUD/円の指値にHIT→トレール変更後約定で小利益。

 

2010年 06月 08日

日付が変わったあたりから下落に転じていた様で、
指にHITしたAUD/円を0.1ロット買い保持。
また、NZD/USDも0.1ロット成行で買い保持。
昼過ぎに指値に到達して約定、小利益。

中国人民銀行は、
「ソブリン債危機、貿易摩擦は中国の成長に影響を与える」
「内需持ち直しの基盤は強固ではない」
などとウェブサイトを通じて声明を出した。

オルバン・ハンガリー首相は、
「公的セクターの歳出凍結を計画」
「歳出削減で1200億フォリント節減。国営企業の賃金は累計5%削減」
などと発言した。

その後、再び下落へ転じて指値にHIT、AUD/円0.1ロット買い保持。
仕事疲れから早々におやすみ..zzZZ

5月に発足したハンガリー中道右派政権は、
「政府は公務員給与15%カットなどを柱とする
 財政再建に向けた行動計画を 承認した」と説明した。
ハンガリーの政府高官が前政権の「放漫財政」を批判、
欧州財政不安の東欧への飛び火懸念が高まり
金融資本市場に動揺が広がっていた。
一部報道によると、
行動計画には公務員の賃金抑制や銀行への新規課税のほか
為替変動リスクが大きい外貨建て融資の規制措置が盛り込まれた。
なお、銀行課税では年間2000億フォリント(800億円弱)の増収を見込み、
2010年にGDP比の財政赤字を3.8%に抑制する目標達成に
歳出削減や増税に踏み込む。

 

2010年 06月 09日

政府の緊縮財政政策に対する不満から、
スペインの公務員がストに突入した模様。

日付が変わったあたりに目が覚めました。
史上最安値を更新したEUR/CHFに対して、
どうやらスイス政府がCHF売りユーロ買い介入した模様。
また、NYダウも反発し、一時反発を見せていたので、
AUD/円とNZD/円をトレール後約定、小利益。
しかし裏目ったかも、やっぱり市場が見えてないですね;
とにかく欧州危機から欧州恐慌へ発展しかけてる感じです。

日中はジリジリ上昇、底を打ったのか微妙です。
夜になり、豪ドルが96円前半になったので、
LION:トレール後約定、小利益。
ですが、トレールしていなくても約定出来ていました。

 

2010年 06月 10日

下落した時に指値にHITしたAUD/円を1ロットを買い保持後、
77円台へ上昇して2ロット約定。小利益です。
どうやら新たな材料がない限りは底を打ったっぽいですね。
下落していたNYダウが10000ドル台へ回復です。

 

2010年 06月 11~12日

昨日に引き続き相場は小康状態。

21:30 米5月小売売上高(除自動車)予想前月比+0.1%→-1.1%
   米5月小売売上高 予想前月比+0.2%→-1.2%

22:55 米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報)予想74.5→75.5

小売売り上げ高の下振れで一時下落しましたが、
その後は持ち直したようです。

 

 

2010年会計 外為オンライン

06月07日資産       6,227円   総入金額 150万 5,000円

資産率            0.41%      トータル -149万 8,773円

                     ↓

06月12日資産       6,227円   総入金額 150万 5,000円

資産率            0.41%      トータル -149万 8,773円

 

会計 2010年:ヒロセ通商 LION FX

06月07日資産    10万 1,770円   総入金額  10万     0円

資産率          101.77%        トータル   10万 1,770

                     ↓

06月12日資産    10万 7,029円   総入金額  10万     0円

資産率          107.02%(+5.25%)  トータル   10万 7,029円

損益              +5,259円   日割損益      +1,314円

損益率             +5.16%    日割損益率     +1.29%

勝数/敗数        7勝/0敗(9連勝中) 平均勝率      100.0%

所感:

未だ予断を許さない情勢ではありますが、

NYダウも節目の10,000ドルを維持しています。

 

口座の方は外為オンラインの取引は一時停止中。

サウンドノベル等で言えば、中盤に差し掛かった所でのバッドエンドでしょうね。

規模を縮小してヒロセ通商 LION FXではトラップトレードを開始しています。

出だしは無難な所ですが、ますは基盤をしっかり築いて、

外為オンラインでの取引再開を目指します。

また、レバレッジ規制に対しては、規模を縮小してレバレッジ調整を行い、

規制に対して影響が無い運用を心掛けていきます。

 

 

口座状況:外為オンライン

2010_06_072010_06_12

 
口座状況:ヒロセ通商 LION FX

2010_06_0706_12__lion

 

USD/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_usdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_chfjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_06_072010_06_12_audchf

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/CADチャート

2010_06_072010_06_12_eurcad

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_06_072010_06_12_nzdusd

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_06_072010_06_12_zarjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ

2010_06_072010_06_12__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ

2010_06_072010_06_12__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ

2010_06_072010_06_12__03

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

2010年 05月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析05

・2010年 05月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と4ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

          (口座資産 30万円、ポジ評価額 163万円、スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタート。

2010年 01月 年明けから相場が上昇しますが、月末に掛けて下落。

2010年 02月 豪州利上げ据え置きにギリシャ懸念で下落相場でした。

2010年 03月 煮え切らないギリシャ懸念に終始振り回された相場でした。

2010年 04月 ギリシャ問題が根強く、ユーロを筆頭に乱高下な状況。

5月の経過をみてみましょう。

 

主な出来事

2010年 05月 03日~

月初めに豪州金利据え置きからAUDが弱い展開でジリ下げ。

根強いギリシャ財政懸念が危機へ変化。

ギリシャの国債事情はスペイン、ポルトガルなどと根が深い状況にあり、

ギリシャが危うくなれば、PIIGS諸国が引っ張られ、ユーロを脅かす構図。

この為、ユーロの信認が揺らぎユーロの信認問題へと発展。

ユーロは叩き売られ、リスク回避でオセアニア通貨も大暴落しました。

 

わたしの口座も追加の60万円を入金して耐えていましたが、

想定以上の暴落の為に強制ロスカット。

 ・短期取引のAUD/円トラップポジション

 ・底抜けたEUR/CADの穴の開いたヘッジポジション

 ・反転すると思い込んでいたユーロ

この3つの為に全てを失ってしまいました。

また、すぐに取り直したコアパーツポジションも、

再び訪れた下落相場で手放してしまい、反撃のチャンスも消失。

その後も自分を見失った状態で外為オンライン口座は完全敗北しました。

スワップポジションの保持ラインやリスクヘッジポジションなど、

今回の暴落に対して十分に対応可能な体勢にしていたのですが、

致命的なミスを連発してしまい、対応可能な体勢を無駄にしてしまいました。

詰めが甘かったですね。

 

しかし、残った10万円は出金してヒロセ通商のLION FXへ口座開設

取引通貨単位を1/10の1,000通貨単位に落として再起を図る事に。

   2010年04月26~05月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201004260501--f.html

   2010年05月03~5月08日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005030508--f.html

   ユーロ不信で非常事態:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx10-9b07.html

   2010年04月10~15日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005100515--f.html

   ユーロ危機で地獄を見ました:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx-d2fe.html

   2010年05月17~22日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005170522--f.html

   強制ロスカットそして再スタート:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx11-b0d3.html

   2010年05月24~29日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005240529--f.html

   2010年05月31~06月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/201005310605--f.html

 

口座状況を見てみましょう

2010年 06月 05日外為オンライン口座

2010_05_312010_06_05

2010年 06月 05日ヒロセ通商 LION FX口座

2010_05_3106_05__lion

リスクヘッジを構築した後にヘッジの持ち直しをせず、

資金を分けてトラップ口座を作っておくべきでした。

今更言ったところで手遅れですけれど。

 

口座グラフ

2010_05_312010_06_05_2

 ※クリックすると拡大されます。

やってはいけない致命的なミスを連発してしまいました。

事実上の完全敗北です。

4月までに構築していた対策の延長上で資産管理を守れば、

なんて事無い暴落だったのが悔しいです。

 

収支グラフ/週

2010_05__01

 ※クリックすると拡大されます。

典型的なコツコツドカンですね。

想定が甘すぎて資産がショートしてしまいました。

暴落が来るのは中国絡みで7月以降と思っていたです。

豪ドル/円74円あたりまではカバー出来ていたのですが、

72円台まで下げるとは。

たった1ヶ月で高値88円から-16円です(><;

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_05__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_05__03 

 ※クリックすると拡大されます。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_05__04_3

 

月別収支データ

2010_05__05

 ※クリックすると拡大されます。

いちからどころか、マイナスから出直しです。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2010年6月 6日 (日)

2010年05月31日~06月05日 完全敗北-FX為替:2010取引022

・2010年05月31日~06月05日 完全敗北

 

2010年 05月 31日

朝に下落し、夕方までは上昇相場。
夕方の欧州勢参入後は下げの展開。
夜にAUD/円とAUD/CHFを取引し、1勝1負で小利益。
豪ドル/円が下がるのにCAD/円は上昇、この強さは一体;
EUR/CADの2ロットを損切りで大損失です。
ユーロの反転はまだと言う事ですね。

 

2010年 06月 01日

昨夜から朝に掛けて豪ドルメインで下落。
利上げ据え置き予想の為です。
昼前にAUD/CHFを1ロット買い保持。

13:30 オーストラリア中銀は、
      政策金利を現行の4.50%に据え置く事を決定した。
   政策会合で金利を据え置くともに、
   声明で「短期的に金融政策は適切」
   「借り手にとって金利は平均水準に近い」
   「ソブリン債への懸念が金融市場の焦点」といった見解を示した。

夕方から豪ドルメインで反発。
この時に数回取引して、中利益。
さらにAUD/CHFを3ロット買い保持してみますが・・・下落。

22:00 カナダ中銀は、
   政策金利を0.25%引き上げ0.50%にする事を決定した。
カナダが利上げされましたが、どちらかというと弱い展開。
EUR/CADが上げていたので買い保持するものの、危険っぽかったので、
両建て後、買い保持を処分。小損失。
豪ドルは76円半ばまで回復するものの、AUD/CHFはCHFが強くて停滞;
その後、ユーロが急反発したのでEUR/CADの売りを解消、微利益。

 

2010年 06月 02日

朝起きて見ると、口座状況が悪化していました。
昨夜安易にポジったAUD/CHFが原因ですが、損切りして大損失。
入れ替わりにAUD/CHFを1ロット買い保持。
自分を信じる事と、ポジり癖を直さないとだめですね。
幻想を追い求めすぎで、堕ちる所まで堕ちました;

昼過ぎにAUD/円を1ロット買い保持。
夕方あたりにEUR/CADに買い指値を入れておきました。

 

2010年 06月 03日

日付が変わった頃目が覚めました、寝ていた様です。
見るとCADが上昇してEUR/CADが下落。
セットしていた指値にHITしてEUR/CADを買い保持していましたが、
指値が低すぎて苦しい展開に、資産低下がきついです。
いくつか取引しましたが、EUR/CAD以外を処分。
そして回復待ち、見込み無いけど;

朝になりましたが、結局一服時の底売りでした。
しかも、どうやら残す通貨ペアを間違った模様;
切ったAUD/CHFとCAD/円を保持していれば軽く2万円はマシだった;
LION:口座でAUD/円を買い保持。1円刻みでトラップスタートです。
外為:日中も上昇を続けますが、EUR/CADがきつくて身動き出来ず。
LION:夕方にAUD/円をトレール決済後、買い保持。初利益です。

夜になり、クロス円が下落。
21:22 米4月ADP雇用統計改定値 速報+3.2万人→改定値+6.5万人
21:30 米1-3月期単位労働コスト(改定値)予想前期比年率-1.4%→-1.3%
   米1-3月期非農業部門労働生産性(改定値)
          予想前期比年率+3.4%→+2.8%
   米新規失業保険申請件数 予想45万5000件→45万3000件
23:00 米5月ISM非製造業総合指数 55.6→55.4
   米4月製造業受注指数 前月比+1.8%→+1.2%
外為:AUD/円を1ロット買い保持しますが、下落。
LION:指値にHITしてAUD/円1ロット買い保持。

 

2010年 06月 04~05日

朝になると、豪ドル円が反発上昇中。
外為:AUD/円をトレール後約定、小利益。
   EUR/CADが1.26台に下落していて、ヤバイ状況。反転して~;
LION:AUD/円1ロット指値で約定、小利益。

日中も依然としてEUR/CADは低迷・・・非常にヤバイ状況です。
米雇用統計を前にしてユーロ売り、その後カナダドル買いの展開になり、
EUR/CADが1.25半ばまで下落。
保持していたEUR/CADを損切り処分し、大損失。

21:30 米5月製造業雇用者変化 予想+3万3000人→+2万9000人
   米5月失業率 予想9.8%→9.7%↑
   米5月非農業部門雇用者変化 予想+53万6000人→+43万1000人
   米5月平均時給 予想前月比+0.1%→+0.3%
雇用統計が発表されましたが、下方向へレーザー発射。
外為:数回取引しましたが、損失の方が大きくほぼ爆死。
   上がる事を期待してAUD/円を1ロット買い保持です(><;

明け方起きてみると、相場が大幅下落しており
外為:豪ドル/円を損切り、事実上の完全敗退です。
LION:この下落でいくつかのポジションが指値にHIT、買い保持です。
この急落はハンガリー財政不安の様ですね。

 

 

会計 2010年:外為オンライン

05月31日資産   11万 6,174円   総入金額 150万 5,000円

資産率            7.71      トータル -138万 8,826円

評価損益          -9,394円    評価資産   10万  6,780円

(スポット損益       -9,322円   スワップ          -72円

                     ↓

06月05日資産       6,227   総入金額 150万 5,000円

資産率          0.41%(-7.3%)  トータル -149万 8,773円

損益         -10万 9,947円   日割損益  -2万 1,989円

損益率           -94.63%    日割損益率  -18.92%

勝数/敗数    12勝/11敗(完全敗北) 平均勝率       52.1%

評価損益               0円    評価資産        6,227円

(スポット損益            0円   スワップ             0円

口座資産+スワップ累計額         6,227円

口座資産+スワップ先週比    -10万 9,875円

所感:

今週は挽回するか完全敗北するかを賭けて勝負に出ましたが、

結果は見事に完全敗北に終わりました。

中途半端に引きずった状態を続ける位なら、

ガッツリ叩きのめされた方が諦めが付くと思ったからです。

言い訳にしかならないですけど、現状の認識を改めるにはね。

 

この結果から現状の自分は市場を上手く見れていない事が判明。

すっぱり敗北を認めて出直す事にします。

外為オンラインの口座では、当面取引しない事にしておき、

取引規模1/10の1,000通貨口座のヒロセ通商のLION FXでリハビリをします。

また、LION FX口座は通貨ペア的に外為オンラインに近いので、

別の口座を開設してトラップトレードは分けようかと考えています。

集計の方法などいろいろ改造していかないといけませんね。

 

 

口座状況:外為オンライン

2010_05_312010_06_05

 

口座状況:LION FX

2010_05_3106_05__lion

 

口座グラフ:外為オンライン

2010_05_312010_06_05_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

USD/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_usdjpy  

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_eurjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

GBP/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_gbpjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_audjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CAD/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_cadjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

CHF/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_chfjpy 

 ※クリックすると拡大されます。

 

AUD/CHFチャート

2010_05_312010_06_05_audchf_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

EUR/CADチャート

2010_05_312010_06_05_eurcad

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_nzdjpy

 ※クリックすると拡大されます。

 

NZD/USDチャート

2010_05_312010_06_05_nzdusd 

 ※クリックすると拡大されます。

 

ZAR/JPYチャート

2010_05_312010_06_05_zarjpy_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ

2010_05_312010_06_05_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支勝率データ:外為オンライン

2010_05_312010_06_05__01

収支勝率データ:LION FX

2010_05_3106_05__01

 ※クリックすると拡大されます。

 

分析データ:外為オンライン

2010_05_312010_06_05__02

分析データ:LION FX

2010_05_3106_05__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

DB関数による集計データ:外為オンライン

2010_05_312010_06_05__03

DB関数による集計データ:LION FX

2010_05_3106_05__03 

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

絶不調で絶対絶命、そして・・・-FX為替:戦略と計画12

・絶不調で絶対絶命、そして・・・

 

このカテゴリは、実際にわたしが行ってきたFXの戦略と計画を綴るものです。

 

戦略計画フェーズ

戦略計画1:最初の1ヶ月間はリスク体験を行う

        2009年-1ヶ月間のリスク体験:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/fx1-fx-0e9f.html

戦略計画2:取引手法の改善を行う

        2009年-取引手法の改善:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-4ee4.html

戦略計画3:取引通貨ペアの選択を行う

        2009年-取引通貨ペアの選択を行う:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-8d7c.html

戦略計画4:スワップポジションを構築する

        2009年-スワップポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a7b2.html

戦略計画5:口座資産を黒字にする(初年度最終目標)

        2009年-口座資産を黒字にする:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-10d3.html

戦略計画6:ドバイ・ショック直撃

        2009年-ドバイ・ショック直撃:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/-fx-a319.html 

戦略計画7:2010年のFX戦略(対レバレッジ50倍規制)

        2010年-対レバレッジ50倍規制:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2010fx50-fx-e8a.html

戦略計画8:リスクヘッジポジションを構築する

        2010年-リスクヘッジポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/-fx-f691.html

戦略計画9:実効レバレッジを低下させる(税金対策)

        2010年-実効レバレッジを低下させる:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-77ee.html

戦略計画10:ユーロ(欧州)不信で非常事態

        2010年-ユーロ(欧州)不信で非常事態:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx10-9b07.html

戦略計画11:強制ロスカット、そして再スタート

        2010年-強制ロスカット、そして再スタート:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx11-b0d3.html

戦略計画12:絶不調で絶対絶命、そして・・・

 

2010年のFX中盤戦に突入し、FXのレバレッジ規制施行まで残り2ヶ月。

これまで順調に運用していた口座が致命的なミスにより強制ロスカットされました。

そして、その後すぐに取り直したポジションも手放してしまい、

起死回生の手段をも失ってしまいました(><;

 

 
絶不調で絶体絶命

この様な状況下、取引を繰り替えすも損切りを積み重ね続け、

絶体絶命な状況に陥っています。

 

2010年 06月03日の口座状況(外為オンライン)

2010_06_03__

この様な事態になったのは、短期取引で少しづつ増やすと言いつつ、

やっていた事は「失ったコアパーツ探しに終始」していたからと気付きました。

ポジる → 経過を見る → 損切り → ポジる ・・・

こんな事を続けていれば資産が減るのは当然です;

しかも、数ある選択肢の中でも依然として悪手ばかりを選択している有様。

6/3の上昇相場でも切ったポジばかり軒並み上昇、保持ポジは低迷;

もはや身動きが取れないので見守るしかありませんけど、

完全にスランプ状態です。^^;

 

 

外為オンライン口座は上記状態にありますが、

コアパーツを手放した後に出金している10万円で、種は蒔いてあります。

ヒロセ通商のLION FX口座を開設!

1000通貨単位での短期取引口座として運用開始しました。

今回の強制ロスカット大損失原因の改善策です。

実の所、5/28日に開設が完了し、入金は31に予約してあったのです。

キャッシュバックキャンペーン期間が5/31まで・・・;

当日でも入金されれば何とか間に合う(片道10万通貨取引)と思っていましたが、

入金者名にIDNo.付けないと入金反映されない事を知らずに時間切れ。

 ※ATMでの口座入金ではその様な項目はなし。

 ※HPで入金ID確認が可能。

 ※大手銀行ではなく、わたしのは信用金庫口座なのでクイック入金対応外。

 ※外為オンラインでは、通常入金でも2時間ほどで反映。

なんだかもー散々です;

 

2010年 06月03日の口座状況(LION FX)

2010_06_03__lion

どうしてヒロセ通商を選んだのかというと、1000通貨単位での取引と、

通貨ペアの豊富さです。

外為オンラインである、AUD/CHFやEUD/CADなどはもちろん、

TRY/JPY(トルコリラ)なども備えており、

取引注文に関しても、イフダン、OCO、トレール注文などがある様でしたので、

ほぼ外為オンラインと同様の取引が出来そうだという事で決めました。

基本的に短期用口座なので、スワップは考慮していません。

ちょっと、食べ物キャンペーンには釣られましたがw

 

ただ、使ってみた感じはイマイチ使いづらいですね。

手動イフダン設定などは外為オンラインの携帯WEBでやっていましたが、

LION FXでは携帯WEBで管理、アプリでレート確認という位置づけみたいです。

しかし、統合されていて見やすかった外為オンラインのに比べると、

必要以上に項目が分離されていて、わずらわしさがあります。

正直、携帯情報に秒単位のリアルタイム性はいらないのです~。

電池なくなるのが早くなるしね;

 

また、取引口座が増えた関係で週末更新のレイアウトや、

excel集計の書式やグラフについても調整や変更を考えないといけないかも。

口座は非常に厳しい状況ではありますが、頑張っていきます~。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »