カテゴリー「FX為替:2009週足分析」の11件の記事

2010年1月 2日 (土)

2009年 12月までの週足推移分析-FX為替:週足分析11

・2009年 12月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ12ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

7・8月にはスワップポジションを構築しました。

また、8月以降はスキャル、デイ、スイングトレード全てを駆使して

取引を行っています。

11月末には約80万円の損切りを決行し、口座資産が激減しました。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 12月 01日~

月初めに豪州政策金利が+0.25%利上げされ、3.75%に上昇。

豪州が3ヶ月連続利上げというのは初みたいです。

この利上げにより、豪ドル(AUD)無双状態が続くかと思いきや、

次回利上げには触れられなかった事もあり、下落低迷が続きます。

また、ZAR/円も下落低迷を続けていましたが、

1ロット買い保持し、スワップポジションに追加する事にしました。

さらに、米国の経済指標が改善されているのを確認するにつれ、

夏から加速していたドルキャリーが巻き戻り、AUD/USDを筆頭に下落。

このままの状態で来年に行くのかと思いましたが、

最後の最後でクロス円が反転急騰し、時間切れです。

   2009年11月30日~12月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200911301205--f.html

   2009年12月07~12日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200912071212--f.html

   2009年12月14~19日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200912141219-90.html

   2009年12月21~26日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200912211226--f.html

   2009年12月28日~01月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/200912282010010.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2009_12_282010_1_1

2010年 01月 01日の取引終了後の状況です。

ZAR/JPYを1ロットスワップポジションに追加しています。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:80円 × 25ロット = 2,000円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:24円 × 4ロット(40万通貨) 960円/日

       合計 35ロット(71万通貨) =3,206円/日 、 96,180円/月 

AUD/CHFのスワップが、75 → 80円に増加

NZD/USDのスワップが、36 → 41円に増加

ZAE/JPYのスワップが、23 → 24円に増加しました。

 

口座グラフ

2009_12_282010_01_01

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切り以降口座資産が激減していますが、

約80万円損切りしたとは思えないほど、総評価額が回復しています。

 

収支グラフ/週

2009_12__01

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切りで口座資産が約15万円になっていましたが、

なんとか30万円まで回復させる事が出来ました。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2009_12__02

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切り以降、利益率は100%を継続中です。

過去最大の損切りでなにかが自分の中で変わったのかもしれません。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2009_12__03

 ※クリックすると拡大されます。

11月末の損切り以降、負けなしの40連勝を継続中です。

このまま勝負どころを厳選していけば、勝率を高めるのはそう難しくないかも?

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2009_12__04

 ※クリックすると拡大されます。

一番の問題が損益です。

どんなに勝率が高くても100%でない限りは、損>益がありえます。

ただし、11月末の損失は大きかったとはいえ、

必要性があり納得した結果の損切りであるので、

コントロールされた損切りとも言えます。

この状態にまで持っていってしまった事そのものに問題があり、

損切り自体には問題はないのですよね。

過程に問題があったが、損切りは悪ではないって事を実感しました。

 

月別収支&勝率

2009_12__05

 ※クリックすると拡大されます。

10月に続き、2度目の勝率100%月を達成です。

11月末から見れば、戦える程度に口座資産も回復しました。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

2009年 11月までの週足推移分析-FX為替:週足分析10

・2009年 11月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ11ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

7・8月にはスワップポジションを構築しました。

また、8月以降はスキャル、デイ、スイングトレード全てを駆使して

取引を行っています。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 11月 01日~

月初めに豪州政策金利が+0.25%利上げされ、3.50%に上昇。

しかし、市場は+0.50%上昇を期待していたらしく、下落。

その後はジリジリ利上げ効果で上昇していきます。

 

そんな中、100連勝を達成出来ました。

振り返ってみると、7月からは少しづつ上昇していた相場ですので、

取りやすかったのかもしれません。

 

月末になり、ドバイが返済期限延長を求めた事から、

ドバイ・ショックが勃発!

ドル/円が一時84.8円の14年ぶりの安値を記録する大事になりました。

この直前から長期保持していた損切り保留通貨をバッサリ損切りし、

約80万円の大損失です。

   2009年11月02日~11月07日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/200911021107325.html

   2009年11月09~14日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/2009110911148-f.html

   2009年11月16~21日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/200911161121--f.html

   2009年11月23~28日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/200911231128-84.html

   2009年11月30日~12月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/200911301205--f.html

 

 

口座状況を見てみましょう。

2009_11__00

12月 05日の取引終了後の状況です。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:75円 × 25ロット = 1,825円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:36円 × 6ロット = 216円/日

・ZAR/JPY [11.8800] 1万通貨:23円 × 3ロット(30万通貨) 690円/日

       合計 34ロット(61万通貨) =2,731円/日 、 81,930円/月

激しく損切りして口座資産は激減しましたが、

スワップポジションは健在です。

 

口座グラフ /週

2009_11_3012_05

 ※クリックすると拡大されます。

損切りして口座資産が激減していますが、

損切りしたポジションは元々評価損ポジションであり、

口座資産→評価額への変換を行った状態がよくわかります。

 

収支グラフ /週

2009_11__01

 ※クリックすると拡大されます。

過去最高額、約80万円の損切りを記録しました。

損切り前は口座資産95万円で黒字化寸前だったのを考えると、

少しブルーになりますね。

 

損益/日 利益率/日 週足分析 

2009_11__02

 ※クリックすると拡大されます。

損切り前までは、100連勝を達成したりしていましたが、

月末の大損切りで一気に吹き飛ばしてしまいました。

実の所、年初までに投入金額<口座資産の状態にしておき、

税金対策に評価損ポジションを持ち越したかったのですけれど、

あの非常事態では仕方ないですね。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2009_11__03

 ※クリックすると拡大されます。

勝率で見ると大したことがないように見えてしまうのが不思議ですw

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2009_11__04

 ※クリックすると拡大されます。

見たままなのですが、今までの利益が物凄く薄っぺらいです。

 

月別収支&勝率

2009_11__05

 ※クリックすると拡大されます。

過去最高額の損失を出してしまいました。

潔く負けを認め、相場に対応できる状態にした結果なので後悔はありません。

それよりもこの体験を生かしていけたらと思います。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

2009年 10月までの週足推移分析-FX為替:週足分析09

・2009年 10月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ10ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

7・8月にはスワップポジションを構築しました。

また、8月以降はスキャル、デイ、スイングトレード全てを駆使して

取引を行っています。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 10月 01日~

ドル/円の88~89円台安値攻防で始まった10月。

しかし、88円の壁は厚く、ジリジリ上昇して時間切れの様相を示します。

10月06日に豪州(AUD)が政策金利を+0.25%の利上げ。

景気回復はさておき、不動産バブルによるインフレ懸念に後押しされ、

利上げに踏み切ったと見ています。

 

リーマンショック以来、先進国中初の利上げという事もあり、

高金利通貨がこぞって買われ、低金利の円・ドルによるキャリー取引が進行。

景気回復マインドが持続しますが、徐々に懐疑的な雰囲気に・・・。

取引の方は、スキャル・デイ・スイングトレードと、

手動トラップリピートイフダン(IFD)を行っていました。

 

最後の最後でリスク回避の動きになり、キャリー取引は巻き戻し、

その影響でクロス円は軒並み急落。

高値でGBP・EUR・AUD・NZD/円を保持した評価損ポジションが、

膨らみました;

 ※AUD・NZD/ポジションはIFD予約で保持

   2009年09月28日~10月03日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/200909281003-fx.html

   2009年10月05~10日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/200910051010aud.html

   2009年10月12~17日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/200910131017-fx.html

   2009年10月19~24日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/200910191024-fx.html

   2009年10月26日~10月31日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/200910261031-fx.html

 

 

口座状況を見てみましょう。

2009_10__00

10月 31日の取引終了後の状況です。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:74円 × 23ロット = 1,850円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:44円 × 6ロット = 264円/日

・ZAR/JPY [11.8800] 1万通貨:23円 × 3ロット(30万通貨) 690円/日

       合計 32ロット(61万通貨) =2,804円/日 、 84,120円/月

ZAR/円のポジション切り下げをしたくて追加買い保持しましたが、

ちょっと早かったようです・・。

保持しているEUR・GBP・AUD・NZD/円の全てと、

ZAR/円の高値1ロットは売却予定です。

 

口座グラフ

2009_10_31

 ※クリックすると拡大されます。

利上げマインドにより総評価額が倍増しましたが、

月末には急激に縮小しています。

評価損状態で抱えている保持通貨が増加していてちょっと危険ですね。

 

収支グラフ/週

2009_10__01

 ※クリックすると拡大されます。

今月は負けなしの損失0円で口座資産が90万円を突破しました。

黒字化まで残り10万円といった所ですが・・・。

抱えている評価損ポジションが懸念事項になります。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2009_10__02

 ※クリックすると拡大されます。

こちらも損失なしで非常に良い状態です。

評価損ポジションさえなければ・・・ね。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2009_10__03

 ※クリックすると拡大されます。

全ての週で全勝無敗と非常に良い状態です。

評価損ポジションさえなければ・・・・ね。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2009_10__04

 ※クリックすると拡大されます。

前2つのグラフとは違い、取引あたりの利益額には変化が見られます。

後半は慎重に控えめに取引していたせいですが、

それでも最後の急落にはかなりの評価損ポジションを抱えてしまいました。

今後の課題になりますね。

 

月別収支&勝率

2009_10__05

 ※クリックすると拡大されます。

成績だけを見れば、全勝無敗の85連勝中で+17万円の過去最高益です。

この17万円の内にはスワップ金利は含まれていませんので、

スワップ金額の増額分、約6万円が加算される事になりますが・・。

しかし、それは評価損ポジションによる為替差損で相殺されている

状態になっちゃっています。

来月の目標は、この評価損ポジションを解消しつつ、

口座資産での黒字化ですね(^ ^;

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 1日 (木)

2009年 09月までの週足推移分析-FX為替:週足分析08

・2009年 09月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ9ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

7・8月にはスワップポジションを構築しました。

また、8月以降はスキャル、デイ、スイングトレード全てを駆使して

取引を行っています。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 09月 01日~

月が替わってもGBP/円はジリジリと下げていきます。

AUD/NZDとGBP/円の2ロットづつの敗北を認め、約85,000円損切り

GBP/円はまだ2ロット高値で買い保持しているので、評価損が増大です。

ドル/円も上値が重く、お互いがお互いを引っ張り合っている感じでしたが、

ドル/円が90円台へ行くと、追うようにGBPが底抜けて150円を割り込み、

下落が止まらない底無し沼状態です。

選挙で圧勝した民主党に政権交代すると、民主の円高政策方針の為、

円高が加速します。

ドル/円は88.2、GBP/円は139.7円まで急激に下落

下落ついでにZAR/円のスワップポジションを新たに建てました

そこから幾分か戻しましたが、ドル円89.4、GBP/143.0という所です。

最後の最後でAUD/CHFが急騰、いきなり評価益が増えました。

   2009年08月31日~09月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/200908310905-fx.html

   2009年09月07~12日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/200909070912-fx.html

   2009年09月14~19日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/200909140919-fx.html

   2009年09月21~26日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/200909210926-fx.html

   2009年09月28日~10月03日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/200909281003-fx.html

 

 

口座状況を見てみましょう。

2009_09__00_2

10月 01日に日が変わった後の状況です。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:63円 × 23ロット = 1,575円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:37円 × 6ロット = 222円/日

・ZAR/JPY [12.1650]1万通貨:24円 × 1ロット(10万通貨) 240円/日

              合計 32ロット =2,037円/日、61,110円/月

結局、相場水準が上昇しなかった為に、

9月もスワップポジションの様子見と構築で終わりました。

しかし、スワップポジションを見る限り、AUD/CHFとNZD/USDについては、

仕込み完了でほぼ安泰の様です。あとはZAR/JPYだけですね。

相場水準的にもこれでスワップポジションの構築は終了。

スワップポジションについては凍結させて見守る事にします。

 

口座グラフ

2009_09_2810_03_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ/週

2009_09__01

 ※クリックすると拡大されます。

9月頭のAUD/NZDとGBP/円の損切りが大きいです。

しかし、現在の相場を見る限り、切って正解でしたね^^

切れていない物もありますが・・・w

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2009_09__02

 ※クリックすると拡大されます。

9月最初の損切り以外は悪くないですね。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2009_09__03

 ※クリックすると拡大されます。

頭と中の2週以外は勝率100%です。

だんだん勝ちと負けの濃淡がはっきりしてくる様になってきました。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2009_09__04

 ※クリックすると拡大されます。

収支もほぼトントンなので、イマイチぱっとしませんね;

 

月別収支&勝率

2009_09__05

 ※クリックすると拡大されます。

9月最後まで最初の損切り分を挽回出来ませんでした。

しかしほぼドローまで持ち込めたのは良かったと思います。

次月からはスワップポジションを気にせず取引出来そうなので、

口座資産での黒字化目指して突撃あるのみです。

ただし、3月の様に失敗からスワップポジション手放しだけは

起こしたくないので、慎重にいかないと・・・ですね。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 4日 (金)

2009年 08月までの週足推移分析-FX為替:週足分析07

・2009年 08月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ8ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

7月にはスワップポジションを構築しました。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 08月 01日~

先月の7月に引き続き、スワップポジションの構築という戦略を選択。

高値をつけていた位置から幾らか下がった位置で

GBP/円とAUN/NZDを2ロットづつ買い保持。

また、当初予定通りスワップポジションの構築を試みましたが、

日が経つにつれ徐々に下げていきます。

17日に20万円資産を追加し、保持通貨の切り下げを狙っていきますが、

21日にGBPをメインとした急激な下落。

この時にAUD/CHFを高値からの4ロット-8万円損切し、

低値でAUD/CHFを4ロット持ち直しました。

その後は月末まで低調な動向で、9月頭の米雇用統計待ちの相場ですが、

GBP/円とAUD/NZDの4ロットの評価損が大きく足を引っ張ります

   2009年07月27日~08月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/200907270801aud.html

   2009年08月03~08日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/200908030808-fx.html

   2009年08月10~15日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/200908100815-fx.html

   2009年08月17~22日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/200908170822-fx.html

   2009年08月24~29日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/200908240829gbp.html

   2009年08月31日~09月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/200908310905-fx.html

  

 

口座状況の変化を見てみましょう。

2009年 08月 01日取引終了時点の口座

2009_07_2708_01

                ↓

2009年 08月 29日時点の口座状況

2009_08_2408_29

08月 01日時点で、スワップAUD/CHF 55円・NZD/USD 30円とすると…

・AUD/CHF 1ロット:55円 × 5ロット = 275円/日

・NZD/USD 1ロット:30円 × 3ロット = 90円/日

              合計 8ロット =365円/日、10,950円/月

                 ↓

08月 29日時点で、スワップAUD/CHF 55円・NZD/USD 30円とすると…

・AUD/CHF 23ロット:55円 × 23ロット = 1,265円/日

・NZD/USD 6ロット:30円 × 6ロット = 180円/日

              合計 29ロット =1,445円/日、43,350円/月

この様に激増しています。

ここが勝負所と判断して勝負に出た訳ですね。

しかし、これから先どうなるかはわかりません。

吉と出るか蛇と出るか?

わたしの判断が正しいのか間違っているのか?

これからも包み隠さず結果を公開していきますので、見守ってくださいね♪

 

口座グラフ

2009_08_2408_29_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ/週

2009_08__01

 ※クリックすると拡大されます。

ほぼ様子見の7月と、スキャルピングで参戦していた8月の差が出ています。

 

損益/日 利益率/日 週足推移

2009_08__02

 ※クリックすると拡大されます。

持ち替えたAUD/CHFの損切りは大きかったですが、

他の週で勝っているので月で見ると小額の負けですね。

 

勝敗/日 勝率/日 週足推移

2009_08__03

 ※クリックすると拡大されます。

7月とは違ってスキャルピングを平行で行った為、

取引回数が増えています。

勝率が高いのは、GBP/円を持ち続けてるせいですね。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足推移

2009_08__04

 ※クリックすると拡大されます。

ポジション切り下げる為に身を削った損切りが痛いです(><;

 

月別収支&勝率

2009_08__05

 ※クリックすると拡大されます。

スワップポジションの構築に必死だったので、

2ヶ月連続でマイナス収支になってます;

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

2009年 07月までの週足推移分析-FX為替:週足分析06

・2009年 07月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ7ヶ月といった所です。

本格運用開始当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 07月 01日~

AUD/CHFをメインに8ロット保持し、NZD/円を買い保持した所、

7月頭に発表された米雇用統計(6月分)後、ドル/円をメインに下落。

米経済状態の懸念が広がりそうとの考えに行き着き、

NZD/円を損切り。(約-5万円)

そして、10万円の追加資金を入金。

その後、米経済懸念が広がった為、ドル/円が一時91.7まで暴落しました。

 

ドル/円が90円を割る危険もありましたが、徐々に戻していきます。

暴落前から保持していた8ロットをスワップ利益の種に出来ないかと

考えて動向を見守っていた所、米国の指標機関が米国景気底入れ発表。

さらに動向を見守り、長期保持する事に決めました。

8ロットのポジションスワップポジションとします。

   2009年06月29日~07月04日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/200906290704-fx.html

   2009年07月06~11日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/200907060711-fx.html

   2009年07月13~18日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/200907130718-fx.html

   2009年07月20~25日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/200907200725-fx.html

   2009年07月27日~08月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/200907270801aud.html

 

 

2009年 08月 01日取引終了時点の口座状況と保持ロット

2009_07_2708_01

7月は損切りしたNZD/円の影響が大きく、結果的には損失で終わりましたが、

長期保持に決めた8ロットはそれ以上の評価益状態になっています。

自分の感覚では、評価損益事態はマイナス評価にならなければ良いと考えていて、

本当の価値はスワップによる継続収入にあると見ています。

少し少なめに計算してみると・・・

 ・1日あたり、約350円のスワップ収入

   (53円 × 5ロット + 30円 × 3ロット = 355円/日)

 ・1ヶ月あたり、約1万円のスワップ収入

   (350円 × 30日 = 10,500円/月)

 ・1年あたり、約12万円のスワップ収入

   (1万円 × 12ヶ月 = 12万円)

このまま保持しっぱなしで維持さえ出来れば、大樹に育ってくれそうですね^^

また、スワップ金利目的で長期間決済を行わない様な取引を、

スワップトレードというみたいです。

 ※レバレッジ1倍でポジションを持ち、スワップ金利収入を得る=外貨預金

 ※外貨預金は預け入れた時の評価額と、引き出し時の評価額との差額で

  資産が減少する場合があります。

   (外貨預金資産総額=評価額の増減+スワップ金利)

 

口座グラフ

2009_07_2708_01_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ/週

2009_07__01

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産が増えている様に見えますが、10万円入金している為です。

NZD/円の損切りが大きいですね;

 

損益/日 利益率/日 週足推移

2009_07__02_2

 ※クリックすると拡大されます。

額はともかく、勝ちか負けの100%で推移してますねw

14日は入金のみで取引はしていません。

 

勝敗/日 勝率/日 週足推移

2009_07__03_2

 ※クリックすると拡大されます。

ほぼ1ヶ月動向を見守っていたので、取引回数がすごく少ないです。

14日は入金しているだけで、取引は行っていません。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足推移

2009_07__04

 ※クリックすると拡大されます。

NZD/円の損切りだけが突き抜けていますね(><;

 

月別収支&勝率

2009_07__05

 ※クリックすると拡大されます。

NZD/円の損切りが最後まで回収出来ませんでした。

8ロットの通貨動向を見守っていた為に、無理できなかったせいですけど。

 

今回、8ロットを長期保持する事に決めました。

しかし、この8ロットの評価損益・スワップ益の扱いをどうしようか考えています。

約定したなら結果が固定化されるのですけれど・・・

保持している為に、評価損益・スワップ益が口座内で変動していくのです。

取引が終了する週末には固定化した数値を記載する事は出来るのですが、

日や月毎には難しい物があります。

当面は、週毎の取引データには記載する様にしますね。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

2009年 06月までの週足推移分析-FX為替:週足分析05

・2009年 06月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ6ヶ月といった所です。

本格運営開始した当初はスキャルピングという取引手法でしたが、

4月半ばから取引手法をデイ&スイングトレードに変更しています。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 06月 01日~

米自動車ビッグスリーのGM破産申請から突入した6月。

しばらくモミモミ状態でしたが、米雇用統計で急騰。

しかし、その後は材料に乏しくドル/円(95~97円)のレンジ相場でした。

内情は、景気回復期待と実体経済とのせめぎあいです。

特にリスク通貨である、豪ドル(AUD)・ニュージーランドドル(NZD)が

あっちこっちと振られていました。

6月のメイン取引通貨はAUD/CHF(スイスフラン)で行っており、

月別収支では過去最高益(約14万円)を上げる事が出来ました。

これだけの期間と損を費やして、ようやく回り始めたのかもしれません。

   2009年06月01~06日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/200906010606-fx.html

   2009年06月08~13日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/200906080613-fx.html

   2009年06月15~20日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/200906150620-fx.html

   2009年06月22~26日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/200906220626-fx.html

   2009年06月29日~07月04日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/200906290704-fx.html

 

 

収支グラフ/週

2009_06__01

 ※クリックすると拡大されます。

5月に資産を追加したのですが、どうやら必要なかったみたいです。

6月の第1週に損失がありますが、これはかなり前から保持していた

両建て評価損のEUR/円処分による物です。

すべての週で利益が出ていてとても良い感じですね。

 

損益/日 利益率/日 週足推移

2009_06__02

 ※クリックすると拡大されます。

こちらも両建て評価損の処分以外は満足な結果です。

 

勝敗/日 勝率/日 週足推移

2009_06__03

 ※クリックすると拡大されます。

こちらも両建て評価損の処分以外は満足な結果です。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足推移

2009_06__04_4

 ※クリックすると拡大されます。

やっぱり、両建て保存解消の損失が飛びぬけていますね;

 

月別収支&勝率

2009_06__05

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産が47万円代に回復しました。

しかし、総投資額は70万円なので、約23万円の赤字です;

これからも黒字を目指してがんばります。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 3日 (水)

2009年 05月までの週足推移分析-FX為替:週足分析04

・2009年 05月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ5ヶ月といった所です。

先月の4月収支はほぼドローでした。

5月では利益を上げて行きたい所ですね。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 05月 01日~

米自動車ビッグスリーのクライスラー破綻申請から突入したGW。

材料に乏しく、様子見の日々が続きました。

5月初旬が過ぎた頃になると、やや値動きが始まり中旬になるにつれ値動きは活発に。

5月末には米ビッグスリーのGM融資回答期限が控えていますが、破綻懸念があり最後には急落すると思っていた為、10万円を入金して資産増強~♪

月末決戦に備えます。

下落は何時来るのかと待っていましたが・・・・。

5月下旬に入ってからは、懸念を忘れたように上昇を続け・・・いきなり急騰!

完全に予想外の出来事だったので、中旬に買い保持していたドル/円を微利益で手放しましたが勢いよく突き抜けました。

しかし、上昇した反動と忘れられていた懸念(米銀行&車)が噴出し、一気に下落傾向へ。

さらにGMの破綻申請が濃厚になるほど下落圧力が維持されていきましたが、クライスラーの後追いと思われていた為に織り込み済みな雰囲気でした。

 

この5月の値動きは以前とは全く異なっていました。

4月ではドル/円が動かなくても他の通貨が下落していったのに対し、逆に他通貨が上昇していくという正反対な反応を示しています。

世界的に景気回復の芽が出始めている事に対してそれほど期待されているという事なのでしょうね?

わたしはというと、全般的にAUD/CHFをメインに取引していましたが、5月中盤からドル/円やEUR/円、NZD/USDを取引しています。

EUR/円に関してはほぼ持ち直しって程度でしたが;

また、4月にはデイトレード気味だった手法を日を跨ぐ持越しを前提としたスイングトレードにしています。

FX経験も数ヶ月になり、多少の流れが読める様になったのが一番の理由です。

以前は、モニターの前に貼り付いてスキャルピングを行っていましたが、一歩離れた位置から見た方がよさそうだったのと、アレはかなり体力を消耗するのですよね。

今では、一歩離れた状態で取引していますw

   2009年04月27日~05月02日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200904270502-fx.html

   2009年05月04~09日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200905040509gw-.html

   2009年05月11~16日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200905110516-fx.html

   2009年05月18~23日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200905180523-fx.html

   2009年05月25~30日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200905250530gm-.html

 

口座グラフ

2009_05_2505_30_4

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ/週

2009_05__01

 ※クリックすると拡大されます。

グラフを見れば一目瞭然ですが、4月の下旬から損失額が激減しています。

利益額も減ってはいるのですが、損失額が低いので結果的に純利益が増加している良い傾向です。

 

損益/日 利益率/日 週足推移

2009_05__02

 ※クリックすると拡大されます。

5月中はすべての週で利益が出ています。

しかし、それだけではなく利益率という内訳についても過去最高の出来ですね^^

  

勝敗/日 勝率/日 週足推移

2009_05__03

 ※クリックすると拡大されます。

取引手法をデイトレードからスイングトレードに変えた為、取引回数がかなり減っています。

しかし、特筆すべきは勝率ですね。

5月4週中、3週も100%を達成しています。

ただ、決済できずに評価損のまま持ち越しているEUR/円もあるんですけどね;

 

損益/取引 平均損益/取引 週足推移

2009_05__04

 ※クリックすると拡大されます。

こちらも手法の変更の結果が色濃く出ています。

少ないロットから大きな値動きで利益を出すスイングトレードなので、必然的に1取引あたりの額が増加します。

ただ、5月中は高勝率でしたので利益側へ傾倒してる状態になります。

 

月別収支&勝率

2009_05__05

 ※クリックすると拡大されます。

 

5月収支は、8万 4,054円という過去2番目の利益でした。

しかし、効率という面から言えば一番の出来となるでしょうね。

なぜならば、圧倒的に損失額が少ないからです。

わたしにはスイングトレードの方が合ってるのかもしれません。

この調子でがんばっていきますよ~!

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

2009年 04月までの週足推移分析-FX為替:週足分析03

・2009年 04月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ4ヶ月といった所です。

ぶっちゃけ激しく赤字です;

がんばって、利益を上げていきたいと思います。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 04月 01日~

一時期、約5万円まで低下した資産を約20万円まで回復させる事が出来ました。

しかし、思惑とは異なり相場傾向が反転、一気に約10万円の資産を失ってしまいました。

わたしは、3月の後半からリスク低減の一貫として、取引通貨の選択を行っています。

4月に入ってからそれを一歩進めて、通貨ペアによるリスク低減を実践していたのです。

大きく変動するドル・円ペアを含まない通貨ペアでの取引。

しかし、これにも盲点がありました。

考えたら当たり前の事ですけどね;

ドル・円の売り買いが拮抗している状態で、その相手ペアの相場が急落したのです。

相場でいえば・・・

ドル/円:売り買いが拮抗しているので、緩やかに推移。

ドル円ペア通貨:ドル円が動かないので、相手ペア通貨そのものの変動が強く出る。

AUD/CHF:CHFに対するAUDの相場が大きく下落。

       ※ドル円がメインの変動では、あまり大きく動かない。

上げ下げ相場の指標にしているドル/円通貨が動かないまま、他の通貨が変動するのには参りました。

あまりにも今までの値動きとは本質が異なっていた為、後半はほとんど様子見。

取引スタイルもデイ&スイングトレードで行いました。

 

前半大きく損失を出しましたが、終わってみると+2,719円の利益。

しかし、この中には約38、000円の評価損が含まれているので、約10万円といった所で実質は赤字です。

なんとか最悪期を脱したという状態ではありますが、巻き返していきたいですね。

   2009年03月30日~04月04日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/200903300404-fx.html

   2009年04月06~11日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/200904060411011.html

   2009年04月13~15日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/200904130415-fx.html

   2009年04月20日~25日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/200904200425-fx.html

   2009年04月27日~05月02日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/200904270502-fx.html

 

口座グラフ

2009_04_2705_02_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ/週

2009_04__01

 ※クリックすると拡大されます。

一定期間利益を上げてガクッと損失を出す。

この様な流れで口座資産が増やせていません。

この悪循環をなんとかしないと・・・。

 

損益/日 利益率/日 週足推移

2009_04__02

 ※クリックすると拡大されます。

教訓マニュアル従い、大きく損失を出した後は取引を控えたお陰で負の流れを断ち切れたと思います。

 

勝敗/日 勝率/日 週足推移

2009_04__03

 ※クリックすると拡大されます。

3月の大損失に比べると4月の損失発生時には、そこまで取引回数が増えていません。

むきにならずにスパッっと負けを認めた結果ですね^^

 

損益/取引 平均損益/取引 週足推移

2009_04__04

 ※クリックすると拡大されます。

4月の最終2週は過去最高の1取引に対する利益です。

取引手法を一歩離れて眺めるスイングトレードメインで行っていたせいですね。

前々から判断が早すぎると思っていた事もありますが、市場動向さえきちんと読めればこちらの方がいいのかもしれません。

 

月別収支&勝率

2009_04__05_2

 ※クリックすると拡大されます。

 

 

 ※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

  やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

  また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

2009年 03月までの週足推移分析-FX為替:週足分析02

・2009年 03月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX為替を開始して、もうすぐ3ヶ月といった所です。

大きな失敗で資産を全て失う所でしたが、なんとか一息付ける所まで回復する事が出来ました。

それでは、月も替わった所ですしこの1ヶ月を振り返ってみる事にします。

 

主な出来事

2009年 03月 02日~

正直、もうすぐで収支0円まで行けると浮かれていたと思います。

この気持ちの緩みのせいで取引中に居眠りをしてしまい、約37万3,000円もの資産を失ってしまいました。

この中には、長期買い保持していたNZD/USDの4ロットが含まれています。

NZD/USDを購入し保持していた事自体は、現在のレートを見る限り問題はなく、保持さえ出来ていればかなりの利益になっていたと思われます。

 ※買い保持0.522~0.527 → 現在0.56

問題は読みは悪くなかったのですが、上記居眠りをしたせいで手放さなければいけない状態になってしまったという事ですね。

その結果、口座資産が約5万7,000円まで激減。

3月終了時には何とか口座資産を14万円という所まで回復させるのが精一杯でした。

 

しかし、居眠りをしてしまった事で学んだ事も大きかったと思います。

・取引には危機感という緊張を持って望むという事。

・あらゆる状況変化に備える為のリスク回避手法。

・表層だけでないメンタル面への影響。

など、いろいろ教訓マニュアルや取引手法を改善する事が出来ました。

失敗する事自体は悪いことではありません。

悪いのは、失敗を繰り返す事です。

1度してしまった失敗を糧にして、次からの予防策へと繋げれれば、起こしてしまった失敗も価値のある意味を持ちます。

もうこんな事がないように、同じ失敗を繰り返さないようにしていきます。

   2009年03月02~07日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/2009030207-fx00.html

   2009年03月09~14日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/2009030914nzdus.html

   2009年03月16~21日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/2009031621gbpjp.html

   2009年03月23~28日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/200903232812-fx.html

   2009年03月30~04月04日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/200903300404-fx.html

 

口座グラフ

2009_03_3004_04_3

 ※クリックすると拡大されます。

 

収支グラフ/週

2009_03__01

 ※クリックすると拡大されます。

3月頭の居眠りによる損害がものすごいです。

そのかわり、もう後が無い状況にまで追い詰められた第3週以降は、堅実に安定して資産を回復させる事が出来ています。

 

損益/日 利益率/日 週足推移

2009_03__02

 ※クリックすると拡大されます。

3月の最後の週は、過去最高効率の利益を上げる事が出来ています。

相場が高騰したお陰でもありますが、2月では上げ続ける相場に参戦出来なかった事を考えると、少し進歩しているのかもしれません。

 

勝敗/日 勝率/日 週足推移

2009_03__03

 ※クリックすると拡大されます。

グラフの傾向を見ると、負け数が多い時ほど取り戻そうと躍起になり、勝負数が増加しているのが分かります。

対して、先グラフの利益率が高い時はそれほど勝負数は多くなっていません。

全体的に勝負数は減少傾向にはありますが、負けた時は負けたと敗北を認め、取り戻すつもりで勝負を仕掛けない事が大事かも?

 

損益/取引 平均損益/取引 週足推移

2009_03__04

 ※クリックすると拡大されます。

このグラフを見ても、3月最終の状態が良いのが分かります。

取引ロット数に制限を掛けていたので、スキャルピングというよりはデイ~スイングトレードになっていた為、1取引あたりの利益が増えています。

改めて考えてみると、ロット数を増やしてスキャルピングを行っていた時は余裕を無くしていたのでは?と考えられます。

そうだとしたら居眠りをしなくても、いつかどこかで大失敗を起こしていた事になり、居眠りをした事自体も必然なのかもしれませんね。

3月では、取引メインがNZDAUD/円やAUD/CHFというスプレッドが5~6銭ある通貨でした。

利益を出すには、6銭以上上昇しないといけない事になります。

スプレッド1銭のドル/円メインで行っていた時には、もっと利益が出ていないとおかしいのですよね。

きっと今までは、変化を見るスパンが狭すぎだったのです。

もっと大極を見据えた取引が出来るようにしていきたいと思います。

 

 

 ※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

  やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

  また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)