カテゴリー「FX為替:2010週足分析」の5件の記事

2010年6月11日 (金)

2010年 05月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析05

・2010年 05月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と4ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

          (口座資産 30万円、ポジ評価額 163万円、スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタート。

2010年 01月 年明けから相場が上昇しますが、月末に掛けて下落。

2010年 02月 豪州利上げ据え置きにギリシャ懸念で下落相場でした。

2010年 03月 煮え切らないギリシャ懸念に終始振り回された相場でした。

2010年 04月 ギリシャ問題が根強く、ユーロを筆頭に乱高下な状況。

5月の経過をみてみましょう。

 

主な出来事

2010年 05月 03日~

月初めに豪州金利据え置きからAUDが弱い展開でジリ下げ。

根強いギリシャ財政懸念が危機へ変化。

ギリシャの国債事情はスペイン、ポルトガルなどと根が深い状況にあり、

ギリシャが危うくなれば、PIIGS諸国が引っ張られ、ユーロを脅かす構図。

この為、ユーロの信認が揺らぎユーロの信認問題へと発展。

ユーロは叩き売られ、リスク回避でオセアニア通貨も大暴落しました。

 

わたしの口座も追加の60万円を入金して耐えていましたが、

想定以上の暴落の為に強制ロスカット。

 ・短期取引のAUD/円トラップポジション

 ・底抜けたEUR/CADの穴の開いたヘッジポジション

 ・反転すると思い込んでいたユーロ

この3つの為に全てを失ってしまいました。

また、すぐに取り直したコアパーツポジションも、

再び訪れた下落相場で手放してしまい、反撃のチャンスも消失。

その後も自分を見失った状態で外為オンライン口座は完全敗北しました。

スワップポジションの保持ラインやリスクヘッジポジションなど、

今回の暴落に対して十分に対応可能な体勢にしていたのですが、

致命的なミスを連発してしまい、対応可能な体勢を無駄にしてしまいました。

詰めが甘かったですね。

 

しかし、残った10万円は出金してヒロセ通商のLION FXへ口座開設

取引通貨単位を1/10の1,000通貨単位に落として再起を図る事に。

   2010年04月26~05月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201004260501--f.html

   2010年05月03~5月08日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005030508--f.html

   ユーロ不信で非常事態:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx10-9b07.html

   2010年04月10~15日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005100515--f.html

   ユーロ危機で地獄を見ました:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx-d2fe.html

   2010年05月17~22日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005170522--f.html

   強制ロスカットそして再スタート:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/-fx11-b0d3.html

   2010年05月24~29日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201005240529--f.html

   2010年05月31~06月05日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/201005310605--f.html

 

口座状況を見てみましょう

2010年 06月 05日外為オンライン口座

2010_05_312010_06_05

2010年 06月 05日ヒロセ通商 LION FX口座

2010_05_3106_05__lion

リスクヘッジを構築した後にヘッジの持ち直しをせず、

資金を分けてトラップ口座を作っておくべきでした。

今更言ったところで手遅れですけれど。

 

口座グラフ

2010_05_312010_06_05_2

 ※クリックすると拡大されます。

やってはいけない致命的なミスを連発してしまいました。

事実上の完全敗北です。

4月までに構築していた対策の延長上で資産管理を守れば、

なんて事無い暴落だったのが悔しいです。

 

収支グラフ/週

2010_05__01

 ※クリックすると拡大されます。

典型的なコツコツドカンですね。

想定が甘すぎて資産がショートしてしまいました。

暴落が来るのは中国絡みで7月以降と思っていたです。

豪ドル/円74円あたりまではカバー出来ていたのですが、

72円台まで下げるとは。

たった1ヶ月で高値88円から-16円です(><;

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_05__02

 ※クリックすると拡大されます。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_05__03 

 ※クリックすると拡大されます。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_05__04_3

 

月別収支データ

2010_05__05

 ※クリックすると拡大されます。

いちからどころか、マイナスから出直しです。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2010年5月 2日 (日)

2010年 04月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析04

・2010年 04月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と4ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

          (口座資産 30万円、ポジ評価額 163万円、スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタート。

2010年 01月 年明けから相場が上昇しますが、月末に掛けて下落。

2010年 02月 豪州利上げ据え置きにギリシャ懸念で下落相場でした。

2010年 03月 煮え切らないギリシャ懸念に終始振り回された相場でした。

4月の経過をみてみましょう。

 

主な出来事

2010年 04月 01日~

豪州政策金利が利上げされ、政策金利は4.25%に上昇。

さらに追加利上げ期待感から年初来高値相場が到来。

一方でギリシャ救済支援に対して市場は疑惑の目でユーロは乱高下。

 

その影響でAUD↑は上がり、EUR↓下がり、AUD/CHFが1:1パリティー到達。

3月にCAD/円(売り)ヘッジを建てたのに引き続き、

AUD/CHF分のEUR/CAD(買い)ヘッジを22ロット構築しました。

 

さらに実効レバレッジの低下と税金対策の戦略計画から、

CAD/円とEUR/CADのポジション建て直しを行っています。

   2010年03月29~4月03日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/201003292010040.html

   スワップヘッジシミュレート:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-d535.html

   2010年04月05~10日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/201004050410-au.html

   2010年04月12~17日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/201004120417-au.html

   スワップヘッジシミュレート2:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-7227.html

   2010年04月19~24日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/201004190424--f.html

   2010年04月26~05月01日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/201004260501--f.html

   実効レバレッジを低下させる:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-77ee.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2010_04_262010_05_01_4

2010年 05月 01日の取引終了後の状況です。

全スワップヘッジポジション 67ロット(112万通貨) 総合計 3,513円/日

現スワップポジション 36ロット(81万通貨) 合計 3,590円/日

 ・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:93円 × 25ロット = 2,325円/日

 ・NZD/USD [0.6599] 1ロット:41円 × 6ロット = 246円/日

 ・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨) 1,100円/日

現リスクヘッジポジション 31ロット 合計 -77円/日

 ・CAD/JPY [89.4566] 1ロット:-11円 × 9ロット = -99円/日

 ・EUR/CAD [1.3532] 1ロット:1円 × 22ロット = 22円/日

AUD/CHF(買い)のスワップが、85 → 93円に増加。

NZD/USD(買い)のスワップが、38 → 41円に増加。

CAD/JPY(売り)のスワップが、-12 → -11円に減少。

EUR/CAD(買い)のリスクヘッジポジションを22ロット追加しました。

 

口座グラフ

2010_04_262010_05_01

 ※クリックすると拡大されます。

3月に入って以降、口座の評価額が300万円以上の水準を維持しています。

この状態で8月のレバレッジ規制を迎える為、

リスクヘッジを掛けて評価額を保存、パッケージ化しました。

4月にEUR/CAD(買い)のリスクヘッジを構築。

さらに磐石な体勢を築きます。

 

収支グラフ/週

2010_04__01_3

 ※クリックすると拡大されます。

4月の損失はリスクヘッジポジションの建て替えにより発生しており、

実際には口座資産→評価額へ変換しているだけです。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_04__02_2

 ※クリックすると拡大されます。

リスクヘッジポジションの建て替えによる損失です。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_04__03_2

 ※クリックすると拡大されます。

最近では週による勝敗が、ハッキリして来ただけでなく、

勝率がほぼ100%に張り付いています。

現在は短期取引にトラップトレードを導入しており、

新規ポジションはほぼトラップに任せ、スイング感覚でスワップを貰いつつ、

トラップゾーンの判断と利確(損切り)のみ裁量で行っています。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_04__04_2

 ※クリックすると拡大されます。

損失は建て替えで発生していますが、

利益に関しては安定してきているみたいです。

 

月別収支データ

2010_04__05_2

 ※クリックすると拡大されます。

リスクヘッジポジションの建て替えがなければ、

この月も事実上、勝率100%となっていた事になります。

現在の短期取引のスタイル(トラップスイングトレード)が、

非常にいい感じで、総評価額が400万円台に到達です。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

2010年 03月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析03

・2010年 03月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と3ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

           (口座資産 30万円ポジ評価額 163万円スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタート。

2010年 01月 年明けから相場が上昇しますが、月末に掛けて下落。

2010年 02月 豪州利上げ据え置きにギリシャ懸念で下落相場でした。

3月の経過をみてみましょう。

 

主な出来事

2010年 03月 03日~

ギリシャ財政懸念からユーロ&ポンドを筆頭に下落低迷。

豪州政策金利が利上げされるも追加利上げには慎重な発言の為、

全く強さを感じず低迷レンジ相場でした。

 

中盤になり、ギリシャ支援が明確になるにつれ値を戻します。

終盤には、ユーロ圏とIMFが66%と33%の割合で支援を合意。

相場が回復してきて、CAD/円が90円に乗せた為、

CAD/円の売りでリスクヘッジポジションを構築し、

スワップヘッジポジションをパッケージ化しました。

さらに、スティーブンス豪中銀総裁からの利上げ示唆を受けて、

クロス円が急回復。

米雇用統計も無難にこなして新年度へ突入です。

   2010年03月01日~06日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/201003012010030.html

   2010年03月08~13日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/201003082010031.html

   2010年03月15~20日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/201003152010032.html

   リスクヘッジポジションを構築する:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/-fx-f691.html

   2010年03月22~27日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/201003222010032.html

   スワップヘッジシミュレート:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-d535.html

   2010年03月29~04月03日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/-fx-d535.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2010_03_292010_04_03

2010年 04月 03日の取引終了後の状況です。

現スワップポジション

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:85円 × 25ロット = 2,125円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:38円 × 6ロット = 228円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨)= 1,100円/日

       合計 36ロット(81万通貨) =3,453円/日 、 103,590円/月 

現リスクヘッジポジション

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-12円 × 9ロット = -108円/日

AUD/CHFのスワップが、83 → 85円に増加。

CAD/JPYのリスクヘッジポジションを6ロット(売り)追加しました。

CAD/JPYの売りスワップが、-9 → -12に増加。

 

口座グラフ

2010_03_292010_04_03_2   

 ※クリックすると拡大されます。

3月に入って以降、口座の評価額が300万円の水準を維持しています。

この状態で8月のレバレッジ規制を迎える為、

リスクヘッジを掛けて評価額を保存、パッケージ化しました。

 

収支グラフ/週

2010_03__01   

 ※クリックすると拡大されます。

2月のギリシャ危機での損失を完全に取り戻しました。

絶好調ですが、この状態を維持していかないといけません。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_03__02   

 ※クリックすると拡大されます。

負けが無い為に利益率も100%を継続維持しています。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_03__03   

 ※クリックすると拡大されます。

最近では週による勝敗が、ハッキリしてきました。

勝ちなら100%、負けなら100%未満という具合ですが、

損切りは敗北判断した時に行う為、コントロールされた損切りとなっています。

過去5度目の勝率100%、全勝月となりました。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_03__04    

 ※クリックすると拡大されます。

1取引あたりの利益額に関しても、徐々に増加傾向です。

しかし、1ロットづつでの取引を続けている限りはこの辺りが限界かも?

とはいっても、当面は1ロット取引を行っていきます。

 

月別収支データ

2010_03__05   

 ※クリックすると拡大されます。

過去から5度目の勝率100%の全勝月ですが、

利益総額は過去2番目の高利益月となりました。

中盤以降上昇相場だった影響が大きいですね。

  

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2010年2月28日 (日)

2010年 02月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析02

・2010年 02月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と2ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

           (口座資産 30万円ポジ評価額 163万円スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタート。

2010年 01月 年明けから相場が上昇しますが、月末に掛けて下落。

2月の経過をみてみましょう。

 

主な出来事

2010年 02月 01日~

1月末の下落が引き続き下落基調で迎えた2月。

月初早々に豪州政策金利が据え置きのネガティブサプライズ!

さらに、ギリシャ財政懸念からソブリンリスクに発展し、大幅下落。

この時に約9万円分のポジションを損切り

膨らんだスワップポジションを守る為、

リスクヘッジの概念を導入、少しリスクヘッジポジションを構築しました。

体勢を整え更なる下落に備えますが、相場は一旦回復基調に。

本格的なリスクヘッジポジションは今年の高騰相場に建てる予定です。

 

ほっとしたのも束の間で、月末に掛けてギリシャ問題が再噴出し、

再び1月末と同じような下落状態で3月を迎える事になりました。

   2010年02月01日~06日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/201002012010020.html

   2010年02月08~13日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/201002082010021.html

   2010年02月15~20日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/201002152010022.html

   2010年02月22~27日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/201002222010022.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2010_02_222010_02_27_2

2010年 01月 30日の取引終了後の状況です。

現スワップポジション

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:83円 × 25ロット = 2,075円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:38円 × 6ロット = 228円/日

・ZAR/JPY [11.7530] 1万通貨:22円 × 5ロット(50万通貨)= 1,100円/日

       合計 36ロット(81万通貨) =3,403円/日 、 102,090円/月 

現リスクヘッジポジション

・CAD/JPY [83.33] 1ロット:-9円 × 3ロット = -27円/日

AUD/CHFのスワップが、77 → 83円に増加。

NZD/USDのスワップが、39 → 38円に減少。

ZAR/JPYのスワップポジションを1ロット追加、計5ロットに。

ZAR/JPYのスワップが、23 → 22円に減少。

CAD/JPYのリスクヘッジポジションを3ロット(売り)追加しました。

 

口座グラフ

2010_02_222010_02_27 

 ※クリックすると拡大されます。

口座の総評価額は1月の開始状態と同じ程度になっていますが、

1月の開始状態より相場水準はかなり下落しています。

内訳はCHFがユーロに引きづられ、AUD/CHFの評価額が上昇しているのと、

口座資産が約+10万円、スワップ累計額が約+18万円増加しているからです。

 

収支グラフ/週

2010_02__01 

 ※クリックすると拡大されます。

2月開始時には口座資産が42万円台まで回復しましたが、

約9万円の損切りにより、最終的には約-2万円の収支でした。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_02__02 

 ※クリックすると拡大されます。

1月から週を重ねる毎に収益が減っていましたが、ついにマイナスに。

その後ある程度は取り戻しました。

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_02__03 

 ※クリックすると拡大されます。

最近では週による勝敗が、ハッキリしてきました。

勝ちなら100%、負けなら100%未満という具合ですが、

損切りは敗北判断した時に行う為、コントロールされた損切りとなっています。

損切りの必要自体をなくすという、次の段階へ移行する時期かもしれません。

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_02__04   

 ※クリックすると拡大されます。

あいかわらず損切りした時の取引額が大きすぎます。

ドバイ・ショックよりは約1/9の額にはなっていますが、

この辺りに何らかの対策を打たないといけないですね。

 

月別収支データ

2010_02__05 

 ※クリックすると拡大されます。

1月の最初よりも相場水準が下落している事を考えると、

トータルでのプラスが維持できています。

年初目標の一部の「口座資産を年初より減らさない」を意識したお陰です。

去年と比べると明らかに取引回数に差が出来ていますねw

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

2010年 01月までの週足推移分析-FX為替:2010週足分析01

・2010年 01月までの週足推移分析

 

2009年 01月09日にFX取引を開始して、もうすぐ1年と1ヶ月といった所です。

2009年中には、一通りの取引スタイルを体験し、スワップポジションも構築。

    取引結果は、入金総額 100万円に対して、総評価額 229万円

           (口座資産 30万円ポジ評価額 163万円スワップ累計 35万円

    といった状況でした。(口座資産年利 -70%総評価額年利 +129%

FX取引を始めて2年目がスタートです。

 

主な出来事

2010年 01月 04日~

2009年末の下落から、一転して上昇相場。

順調に短期保持通貨を決済していき、中旬には一時全放出状態でした。

しかし、後半に入ってから・・・

ユーロ圏のギリシャの財政懸念が噴出。

立て続けに、中国金融引き締め、オバマ大統領の米金融規制と、

出口戦略が示唆されて経済収縮懸念が追加されました。

さらに大手格付けS&Pの声明で、

ギリシャ関係の非難先として買われていたポンドが急落。

1月を通した安値を更新する水準で取引終了です。

 

また、相場の下落で保持した手動トラリピ通貨を多量に抱えた状態です;

   2010年01月04日~01月09日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001042010010.html

   2010年01月11~16日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001112010011.html

   2010年01月18~23日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001182010012.html

   2010年01月25~30日:http://nako-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/201001252010013.html

 

 

口座状況を見てみましょう

2010_01_252010_01_30

2010年 01月 30日の取引終了後の状況です。

・AUD/CHF [0.8815] 1ロット:77円 × 25ロット = 1,925円/日

・NZD/USD [0.6599] 1ロット:39円 × 6ロット = 234円/日

・ZAR/JPY [11.8175] 1万通貨:23円 × 4ロット(40万通貨) 920円/日

       合計 35ロット(71万通貨) =3,079円/日 、 92,370円/月 

AUD/CHFのスワップが、80 → 77円に減少

NZD/USDのスワップが、41 → 39円に減少

ZAR/JPYのスワップが、24 → 23円に減少しました。

 

口座グラフ

2010_01_252010_01_30_2

 ※クリックすると拡大されます。

1月の初めよりも相場水準が低くなっています。

 

収支グラフ/週

2010_01__01

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産が42万円台まで回復しました。

コツコツすこしづつでも取り戻していきます。

 

損益/日 利益率/日 週足分析

2010_01__02

 ※クリックすると拡大されます。

週を重ねる毎に収益が減っていますね。

それだけ慎重になっているって事かな?

 

勝敗/日 勝率/日 週足分析

2010_01__03

 ※クリックすると拡大されます。

勝敗では1月中負け無しで、過去3度目の全勝月となりますが、

多量の評価損ポジを抱えています;

 

損益/取引 平均損益/取引 週足分析

2010_01__04_3   

 ※クリックすると拡大されます。

上の勝率関係では変化はありませんでしたが、

1取引あたりの損益には変化が現れています。

 

月別収支データ

2010_01__05_2

 ※クリックすると拡大されます。

口座資産では順調に回復している様にみえますが、

実際の総評価額では、評価損ポジションが増えている為、

1月開始時よりも減少しています。

もう少し慎重に取引していかないといけませんね。

 

 

※FXは資産運用ですが、リスクは自分自身で負わないといけません。

 やり方次第で、全額消失という事も考えられるので注意してください。

 また、ブログを参考に始めたとしても一切の責任は負えません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)