カテゴリー「三国志大戦:Myデッキ」の6件の記事

2008年1月 1日 (火)

使用デッキ経緯 その6-大戦3:Myデッキ6

2008/01/01 11:18 過去記事

・使用デッキ経緯 その6

「小覇王の祈り」デッキ(R典葦 R曹仁 Rジュンイク R孫策 SR小虎)
でプレイしていましたが、
三国志大戦2→三国志大戦3になり、システム・カード共に大幅変更になりました。

このVer Upの影響はというと・・・。
・各兵種特技の攻撃力Up
・弓兵が新アクションの「走射」を習得
・全体的に攻城力が低下
・伏兵ダメージの上昇
・高コスト武将のカードスペック上昇
・乱戦判定範囲の縮小により、無双槍が消しにくくなった
・兵法が奥義に変更
 ※デッキによる兵法選択の幅が激減
 ※奥義ゲージの奥義効果変動により、開幕奥義の弱体化
 ※後半奥義は強力になるので、より防衛有利に

があります。

また、カードについても色々変更があり、かなり厳しい状況になりました。
・R典イ、身代わり(3)         →新R典イ、刹那の怪力(3)に
・Rジュンイク、玄妙なる反計(士気3)→玄妙なる反計(士気4)に
・R曹仁、刹那の号令(士気3)    →新R羊枯、刹那の号令(士気3)に
・R孫策、小覇王の蛮勇(5)      →カウント8→6.5に?
・SR小虎、孫呉の祈り(4)       →回復8割→約7.5割に?

Rジュンイクの反計士気が3→4になった影響で、士気3の計略(挑発、刹那神速など)を反計すると士気差-1になってしまいます。
また、刹那の号令&玄妙なる反計で合計3回(士気9)使えていたのが、玄妙なる反計を1度でも使うと合計2回まで(士気7~8)しか使えなくなりました。
小覇王の蛮勇の効果時間と孫呉の祈りの効果が減少し、士気効率が悪化しています。

さらに、環境の変化で、
全体的な高武力&攻撃力の上昇。
全体的な攻城力の減少。
伏兵ダメージの上昇。
兵法が奥義になり、開幕不利で後半防衛的になった事・・・。
上記の変更で、開幕で「増援の法」+外伝[速軍][正兵]を使用していた自分には大打撃です。
ここまで変わると、デッキ自体が成り立たなくなりました。
ですが、とりあえず大戦3で戦えるように手を入れる事にして、出来たデッキがコレです。

「小覇王の祈り改」デッキ

___12

新R典イ 2.5  新R羊枯 1.5 新Rジュンイク 1 旧R孫策 2  新C朱治 1
 9/2 勇柵    5/6 魅     1/9       7/5 勇     3/4

2色 総武力25/総知力26 勇猛2 防柵1 魅力1

高武力槍兵で防柵持ちの槍兵、R典イ(知力1↑ +勇 刹那の怪力)
旧R曹仁と中身を引き継いだ騎馬、R羊枯(旧R曹仁から+魅力 刹那の号令)
スペックには変更のないRジュンイク(玄妙なる反計が士気4)
新ではSRに成った、R孫策(知力+1 -魅力 蛮勇効果時間減少)
小虎の孫呉の祈りを引き継いだ、C朱治(武力+1 知力-2)

立ち回りは以前と同様ですが、伏兵ダメージ上昇と開幕奥義が微妙なので、開幕攻勢が非常に難しくここで攻城を取れないと、弱体化した玄妙反計では守りきれない事になりやすく、非常に厳しい状況になっています。

大戦3で戦えるデッキも考案中ですが、玄妙なる反計が士気4なった事がきついですね。
士気3の挑発と蜀への誘導はなぜ士気4にならないのでしょうか?
大戦1~2まででも常に壊れている計略と思っているのですけどね;
それよりも軍師カードですが、カードで固定&選択させるんじゃなくて、オリジナル軍師を作成(メイキング)&育成(複数選択可能)出来るシステムなら自由度も損なわず、もっとやりがいが出ていたと思うのが残念です。
とりあえず、当面はこのデッキでやっていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

使用デッキ経緯 その5-大戦2:Myデッキ5

2007/11/01 23:29 過去記事

・使用デッキ経緯 その5

「刹那の祈り」デッキ(R典葦 R夏候惇 R曹仁 Rジュンイク SR小虎)
でプレイしていましたが、
Verが変わって、R夏候惇の隻眼の睨みが下方修正(武力-5→-4)。
 ※主に魏武将の弱体化
さらにVerが変わり、武力差ダメージが上昇されました。

この武力差ダメージ上昇の影響で・・・。
・高武力重視
・高~超絶武力号令の増加(桃園・大驀進・栄光・孫呉号令など)
・対高武力脳筋用計略の標準搭載(諸葛セン・曹皇后・孫カンなど)

また、上記以外で使用率が増加した武将も居ます。
・R趙雲  (質実剛健  :長時間武力+2、計略対象にならない)
・SR張飛 (決着の刻  :武力+7、対象は挑発効果、対象に強制移動)
・Rカク昭 (魏武の大強:長時間武力+5)
・Rカク  (刹那の離間:短時間武力-4、知力-4、移動速度大幅低下)
・R丁奉  (徒弓の号令:長時間武力+2、移動中に矢を撃てる)
・UC孫権 (守勢の名君:攻城力低下)
・Rホウ徳 (人馬一体  :武力+3、移動速度上昇、迎撃されない)

ここまで高武力重視になってくると、R夏候惇の隻眼の睨みでは威力が不足し、R曹仁の刹那の号令を重ねても敵軍を止める事が出来ません。
また、Rジュンイクの反計で計略発動を阻止出来れば良いのですが、増えた長時間計略は反計外から先撃ちして来ます。
さらに、低士気高威力計略には反計の利点が薄くなってしまいますし、そもそも大型計略の方を優先的にマークしないといけないので、反計しづらいです。
小虎の孫呉の祈りは高~超絶武力号令には対応出来ませんし、武力差ダメージが変わった影響で回復タイミングが、よりシビアになりました。

こういうの状態なので、どうしてもデッキ的に不利になってしまっていました。
そこで、デッキ変更を考えてみる事に・・・。

いくつか試行錯誤して出来上がったデッキがコレです!

「小覇王の祈り」デッキ

___9

2色 総武力23/総知力28 勇猛1 魅力2 防柵1

防柵持ちの高武力槍兵、R典葦。
勢力を問わない短時間号令「刹那の号令」、R曹仁。
反計プレッシャーこと「玄妙なる反計」、Rジュンイク。
一度暴れ始めると手が付けられない「小覇王の蛮勇」、孫策。
勢力問わず回復する「孫呉の祈り」、小虎。
 と、R夏候惇をR孫策に変更した形になります。

基本的な立ち回りは「刹那の祈り」デッキと同じで、
「玄妙なる反計」で計略を封じつつ「刹那の号令」で攻め、
「孫呉の祈り」で戦線維持を行います。
異なる点は、上記3つの計略で対応出来ない状況では、
「小覇王の蛮勇」で孫策が暴れるという事です。

高~超絶武力号令に対応できずに全滅させられるくらいなら、撤退覚悟の超絶強化で対抗しようという訳ですね。
また、反計の利点が薄い低士気計略でくるなら、その低士気計略ごと超絶強化で粉砕してしまえばいい、という狙いです。
撤退計略ですが、「小覇王の蛮勇」の破壊力は相当なもので、使い時を間違えなければかなり強力です。
デッキにメリハリもつき、なかなかいい感じに仕上がりました。
次は三国志大戦3になる様ですが、大戦3まではこのデッキでがんばってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

使用デッキ経緯その4-大戦2:Myデッキ4

2007/05/05 23:29 過去記事

・使用デッキ経緯 その4

その3の続き・・・

「刹那の暴虐」デッキでプレイしていると、このデッキの弱点もわかって来ました。
何が弱点かと言うと・・・。
城ダメージの差があまり無い状態で残りカウントが少なくなると、暴虐なる覇道が使えなく(使うと取り戻せない)なってしまい、敵部隊の高士気コンボを反計出来なかった場合は非常に不利になり(雲散霧消の計では効果範囲の関係でカバー出来ない)、防衛しきれなくなってしまいます。
攻めている時や城ダメージが大幅にリードしている場合は良いですが、膠着した戦況になると弱くなるのです。

この弱点をどうにか出来ないかと考えていた時に新カードが追加されたので、デッキ再考の機会が訪れました。
新らしい追加カードと睨めっこして、一生懸命考え試行錯誤した結果、出来上がったデッキがこれです!

「刹那の祈り」デッキ(5月現在使用中のデッキ)

___5

2色 総武力23/総知力30 勇猛1 魅力2 防柵1

高武力槍兵は防柵持ちのR典葦。
計略防御は「玄妙なる反計」のRジュンイク。
英傑号令対策に「隻眼の睨み」のR夏候惇。
短時間ですが勢力を問わない号令「刹那の号令」のR曹仁。
タメに3カウント必要ですが約8割回復する「孫呉の祈り」のSR小虎。

基本的に「刹那の号令」をメインに使い、「玄妙なる反計」で全ての計略をマーク。
英傑号令などを反計出来なかった場合は、「隻眼の睨み」を使い、「孫呉の祈り」で戦線を維持する様に立ち回ります。

今まで以上に「玄妙なる反計」に頼る事になり、反計精度が命になります。
刹那の暴虐デッキよりも瞬間攻撃力が低下するのと、雲散霧消の計も無い為に、超絶強化を反計出来ないと命取りに・・・。
非常に立ち回りが難しく、尖ったデッキになりました。
ただ、上手く立ち回れるとかなりのポテンシャルを発揮するので、上手く立ち回れるように頑張って行こうと思います~。

もし、対戦でマッチングした場合はお手柔らかにお願いします^ ^


  ゴロベエ  2007/05/06 02:10 
今はあれこれやってますね^^ 最近はトウガイ、惇の魏4やってますw 


  nakoruru  2007/05/06 21:09 
理はまだ良いですが、槍1枚なので刹那神速だけはムリですね・・士気4か効果時間2cか武力+1にして~;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

使用デッキ経緯その3-大戦2:Myデッキ3

2007/05/03 23:31 過去記事

・使用デッキ経緯その3

その2の続き・・・

「破滅的な暴虐」デッキでプレイしていましたが、増えすぎたデッキは修正される運命にあります。
SR董卓もその例に漏れず下方修正されました。
自城ダメージが増加し、効果時間の大幅短縮、普通に撃てば英傑号令に打ち負けるので自城ダメージも取り戻す事が難しく、暴虐デッキ自体全く見なくなりました。
(連環の法で完全に撃ち損になる上、自城ダメージががががが・・・;)
普通の暴虐デッキでその状態という事は、よりハイリスクな「破滅的な暴虐」デッキでは自城ダメージを取り返すのは至難の業で、デッキ変更を余儀なくされました。

SR董卓(2コスト馬7/7魅力)のスペックと勢力を問わない士気5の自城ダメージ号令「暴虐なる覇道」は2色デッキに非常にマッチしていて外すには惜しい、なんとか使えないものかと思いました。
そして、考えた結果完成したのがこのデッキです。

「刹那の暴虐」デッキ

___4

2色 総武力24/総知力30 伏兵1 魅力2 防柵1

高武力槍兵にはご存知、R典葦
計略防御は「玄妙なる反計」のRジュンイク
勢力を問わない自城ダメージ号令「暴虐なる覇道」のSR董卓
低士気で短時間だけど勢力を問わない号令「刹那の号令」のR曹仁
強化コンボ&超絶強化キラー「雲散霧消の計」のSR張春華

基本的に刹那の号令メインで戦い、玄妙なる反計でダメ計・妨害計・号令・超絶強化をマークしますが、超絶強化や号令重ね掛けを反計出来なかった場合には雲散霧消の計を使います。
暴虐なる覇道はどうしても必要な場合に使いますが、使う場合は1人・2人掛け(騎馬2部隊)や3人掛け(典葦+騎馬2人)メインで使い、5人掛けは極力避けるように立ち回ります。

ただ、瞬間的な攻撃力はかなりのもので
暴虐+刹那コンボ  武力+10 速度150% 4カウント
は、天啓の幻すら退けます。(城ダメージ貰いますが)

要所を見極めて、玄妙なる反計で反撃計略を防御しながら切り込み、瞬間的な攻撃力で場を制圧する。
玄妙なる反計の反計精度と瞬間的な攻撃力が要のデッキで、立ち回りは難しいもののかなりの切れ味があり、非常にやりがいがありました。
(当時の玄妙なる反計は下方修正により、赤壁の大火の3/5ほどの長さ)

また、使用士気の軽い計略が多いので最大士気9と言っても出来る事が多いのが特徴です。
玄妙なる反計(3)→玄妙なる反計(3)→玄妙なる反計(3)
玄妙なる反計(3)→玄妙なる反計(3)→刹那の号令(3)
玄妙なる反計(3)→刹那の号令(3)  →刹那の号令(3)
玄妙なる反計(3)→暴虐なる覇道(5)
暴虐なる覇道(5)→刹那の号令(3)
雲散霧消の計(6)→刹那の号令(3)

身代わり(3)の誤爆だけは・・・かんべんです;

その4に続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使用デッキ経緯その2-大戦2:Myデッキ2

2007/05/03 23:31 過去記事

・使用デッキ経緯 その2

その1の続き・・・

「勅令許チョイク」デッキでプレイしていましたが、許チョの挑発・ジュンイクの玄妙なる反計等の下方修正により、許チョイク(ダブルワイパー)デッキの使用率が落ちて、新たなデッキが台頭してきました。
(三国志大戦2になるとR許チョが弓兵になる話も後押ししました)

蜀涼の2色で組んだ暴虐デッキが増殖。(1の末期)
さらに2になると雛暴虐デッキが大増殖。(2の初期)
 ※雛暴虐デッキ
 SR董卓 UC雛 +西涼騎馬 +蜀槍兵
 UC雛:堕落の舞は最大士気を下げる舞で、舞えば単色→6、2色→5、
          多色→4にする為、高士気計略(ダメ計など)を使用不可能に出来る。
 SR董卓:暴虐なる覇道は城ゲージダメージを受けますが、士気5で英傑号令
            より強く、全滅させてしまえば落城が狙える為に開幕デッキとして増殖。
 西涼騎馬:Rカクの虚誘掩殺の計
         (敵軍の残り士気が少ないほど高威力になる範囲強化)
       卑屈な急襲
         (敵軍の残り士気が少ないほど高威力になる自己強化)
       火事場の馬鹿力・陥陣営(防柵破壊と特攻戦法効果付き)
         (自城ダメージが多いほど強力になる自己強化)
       SR呂姫の天下無双改
         (当時は呂布の天下無双に引けを取らない超絶強化)
       ※UC雛・SR董卓と組む事で上記のコンボが成立
 蜀槍兵:西涼軍には槍兵が存在しないので、攻城力が高く強い槍兵を入れる
            には、強い槍兵の多い蜀軍と組むのが定番でした。

勅令では暴虐の破壊力に対抗出来なかったので、再度デッキ変更を考えました。

目には目を!歯には歯を!暴虐には暴虐を!
そう、暴虐なる覇道ことSR董卓を取り入れたのです。
そして、出来上がったのはこのデッキ!
「破滅的な暴虐」デッキ(上側は臧覇Ver・下側は楊阜Ver)

___3
上側 2色 総武力24/総知力28 勇猛1 魅力1 防柵2

下側 2色 総武力23/総知力31 魅力1 防柵2

R許チョは三国志大戦2に変わった時に弓兵へ変更となったので、計略以外は旧R許チョと同じスペックのR典葦を採用。
計略防御には玄妙なる反計ことRジュンイク。
破壊力抜群な全体号令の暴虐なる覇道ことSR董卓。(自城ダメージ有り)
勅令よりも長く強力で士気3な破滅的な献策のUC陳宮。(自城ダメージ有り)
と、我ながら破壊力抜群なデッキが出来上がりました(^o^/自城にも破壊力抜群;

暴虐なる覇道を使ってマウントを取り、城門に張り付いた典葦で献策攻城を行う、ものすごくハイリスクなデッキで、城ゲージは常にシーソーゲーム。
このデッキでプレイすれば、大激戦・大逆転に晒される確率が高かったです。

見ていた知り合いは「激しいね」と遠い目で見ていたような・・・^ ^;

この時から騎馬2騎の同時操作を始め、兵法も再起の法から増援の法に切り替えました。
また、自分的にしっくりくる黄金比率も判明。
高武力槍x1 : 騎馬x2 : 弓x2

そして、このハイリスク時代もそう長くは続かないのでした・・・。

その3に続く・・・。

  ゴロベエ  2007/05/06 02:02 
暴虐ww 私は馬騰ゲーしてました^^; 


  nakoruru  2007/05/06 21:11 
馬騰も凶悪でしたね。玄妙反計あれば対処は出来ましたが(^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

使用デッキ経緯その1-大戦2:Myデッキ1

2007/05/02 19:49 過去記事

・使用デッキ経緯 その1

自分が三国志大戦を始めたのは、三国志大戦1が稼動してから3ヶ月くらい経ってからでした。
前々から気になっていましたが、難しそうで手をこまねいて居たんですね。
始めた当初は何もわからず・・落城負けばかり繰り返していましたが、初めて引いたSR孫尚香などを織り交ぜてデッキを作り、そこそこ勝てるようになりました。

これがそのデッキです。
「名も無きごちゃ混ぜ」デッキ

__

4色 総武力25/総知力31 勇猛1 魅力1 伏兵2 防柵1

なんていうか、突っ込みどころ満載ですね(汗)
もはやデッキとは言えな(ry
よくこれでやってたと思います。

当時は張梁の「黄布の群れ」が100%回復と攻城兵器化していたのと、手動車輪が凶悪だったので、弓&槍マウントでの攻城が強力でした。
また、テイイクの反計は現在の劉備の大徳ほどの広範囲で、少し近づけば麻痺矢号令すら反計出来ていた事が大きいですね。

上記のデッキでプレイしていましたが、程イクの「反計」、張梁の「黄布の群れ」が下方修正され、※許チョイクと呼ばれるデッキが登場してくると勝てなくなって来て、デッキ変更を余儀なくされました。
 ※許チョイクデッキ
 武力9/知力1で計略が挑発な槍兵「R許チョ」
 武力1/知力9で計略が玄妙なる反計な「Rジュンイク」
 敵部隊からジュンイクを許チョが守り、
 敵計略からはジュンイクが許チョを守る。この2人が入ったデッキの総称

許チョイクデッキを参考に自分も許チョイクデッキを作ってみる事に・・・。
そして出来上がったのが、このデッキです!
「勅令許チョイク」デッキ

___2
2色 総武力24/総知力28 勇猛1 伏兵1 魅力2 防柵1

なぜに2色!?
と思うと思います・・・。
許チョイクデッキとはいえ、大体の定番メンバーは決まっています。
しかしですね、量産されたデッキは使いたくないのです。
そして、今まで4色とかやってた事もあり、2色を追求してみる事にしました。

このデッキにして「玄妙なる反計」の重要性に気づかされました。
玄妙なる反計に慣れるのはとても難しくて、最初はハリボテでしたけどね。
また、反計が決まれば単色の許チョイクデッキや許チョイクデッキの最終形態、ダブルワイパーデッキですら倒せる事も。
 ※ダブルワイパーデッキ(許チョイク最終形態)
 R許チョ Rジュンイク UC典葦 R郭嘉 Cチングン
 対計略は玄妙なる反計
 対超絶強化は雲散の計(当時は広範囲で士気3)
 自強化は後方指揮(範囲武力+3ですが重ね掛け可能)
 R許チョとUC典葦でダブルワイパー&手動車輪(通称シュレッダー)

さらに、手動車輪の兵力の減りも現在の比でなく、武将が溶けると言われたほどの高威力でした。
それが勅令の掛かった手動車輪だと・・・ねぇ。

このデッキを使い始めた時から2色デッキ使いの道を突き進む事にしました。
また、現在も使っているRジュンイクとの出会いでもあったのです。

その2に続く・・・。

  ゴロベエ  2007/05/03 19:16 
許チョイク懐かしい・・w ダブルワイパーには困りました^^; ちょぉぉりゃぁぁぁってかなり聞こえてきましたよw 


  nakoruru  2007/05/03 21:59 
コメントありがとうです。許チョは馬鹿の脳筋でちょりゃちょりゃばかり言ってましたが・・楽しくて好きでした・・・・弓兵になるまではね(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)